<MARQUEE>

関連属性

direction="left | right"
behavior="scroll | slide | alternate"
loop=回数

書式

<MARQUEE direction="left | right" behavior="scroll | slide | alternate" loop=回数>…</MARQUEE>

意味

  • MARQUEEタグで挟まれた文字列が画面上を流れます。
  • BODYタグ、HTMLタグ以外のタグの中にネストされた場合、動作は保証しません。
  • MARQUEEタグで挟まれた文字列の最大長は64バイトです。
  • 64バイト目を越えた文字列は切り捨てます。(但し、64バイト目が2バイト文字の場合は、63バイトを対象とします。)
  • 1画面の使用最大個数を4個とします。
  • 1ページを開いたときに表示領域外にMARQUEEタグが指定してあった場合、指定個所が画面に表示された段階でMARQUEEタグが起動されます。

注意点

  • マーキーエリアの高さ、幅、スクロール速度は固定値で変更できません。
  • マーキーの高さは1行です。
  • 幅指定の上限はiモード対応機種の画面幅のため機種毎に違います。
  • 速度は機種に依存します。
  • 本タグをネストして使用することは保証いたしません。

direction属性

書式

direction="left | right"

意味

  • 画面上で文字列の流れる方向を指定できます。
    left:右から左の方向
    right:左から右の方向
  • デフォルトはleftです。

loop属性

書式

loop=回数

意味

  • 画面上に流れる回数を指定できます。
  • 最大指定可能な回数は16回とします。
  • デフォルトは1もしくは16とします。(デフォルト値、最大値を超える指定については機種に依存します。)

behavior属性

書式

behavior="scroll | slide | alternate"

意味

  • 画面上で文字列の動作を指定します。
    scroll:画面を横切る動きを繰り返します。
    slide:一方から現れ、画面の端で停止します。
    alternate:マーキーエリアの中を行ったり来たりします。
  • デフォルトはscrollです。

注意点

slide, alternateで停止したときの表示は画面幅以上の文字列を切り捨て、複数行表示できません。

ソース・画面

<MARQUEE behavior="scroll">の場合

ソース

<HTML><HEAD><TITLE>MARQUEE</TITLE></HEAD><BODY>
Marquee example<BR><BR><BR>
<MARQUEE behavior="scroll" direction="left">あいうえおかきくけこさしすせそ
</MARQUEE>
<BODY></HTML>

画面

携帯電話上で表示した際のイメージ

<MARQUEE behavior="slide">の場合

ソース

<HTML><HEAD><TITLE>MARQUEE</TITLE></HEAD><BODY>
Marquee example<BR><BR><BR>
<MARQUEE behavior="slide" direction="left">あいうえおかきくけこさしすせそ
</MARQUEE>
<BODY></HTML>

画面

携帯電話上で表示した際のイメージ

<MARQUEE behavior="alternate">の場合

ソース

<HTML><HEAD><TITLE>MARQUEE</TITLE></HEAD><BODY>
Marquee example<BR><BR><BR>
<MARQUEE behavior="alternate" direction="left">あいうえおかきくけこさしすせそ
</MARQUEE>
<BODY></HTML>

画面

携帯電話上で表示した際のイメージ

  • 注意画面イメージは実際のものと異なる場合がございます。
  • 注意HTMLタグおよびアトリビュートは半角大文字、半角小文字が混在していても動作可能です。

このページのトップへ