故障時データ一括転送とは

故障時データ一括転送機能とは、「故障時コンテンツファイル移行機能」の拡張機能で、お客様が端末故障時に端末内に保存していたコンテンツファイルを含む全てのユーザデータ(端末内のコンテンツファイル/各種データ/設定情報)を端末の故障時に限り修理済み、または交換された同一機種の端末に転送する機能です。

故障時コンテンツファイル移行機能と差分

故障時コンテンツファイル移行機能では、コンテンツプロバイダ側のサーバーにて故障時コンテンツファイル移行ヘッダを付与されたGIF/JPG/SMF/PDFのみが移行可能でしたが、本機能においては、故障時コンテンツファイル移行ヘッダの指定に関わらず、端末内のコンテンツファイルを含む全てのユーザデータが一律移行対象となります。
故障コンテンツファイル移行機能につきましては「故障時コンテンツファイル移行機能」をご参照ください。

故障時データ一括転送のイメージ

  • 注意製造番号は、故障端末と修理済み交換端末で同じものとは限りません。
  • 注意故障端末から修理済み交換端末へ移行したコンテンツファイルは、移行完了後に故障端末内と移行システム内から完全に消去されます。

故障時データ一括転送機能の詳細

対応機種

各機種の対応状況についてはiモード対応機種 対応コンテンツ・機能一覧を参照ください。

対象ユーザデータ

故障時データ一括転送機能で転送される対象ユーザデータは端末内に保持された下記の全てのユーザデータになります。

  • コンテンツファイル
  • 各種データ
  • 設定情報

コンテンツファイル

「コンテンツファイル」とは下記を含んだ全てのコンテンツファイルになります。

  • プリインストールコンテンツ
  • 取得元に関わらず端末外部の全ての経路より取得したコンテンツ
  • 移動機内で作成されたコンテンツ

対象コンテンツ

対象コンテンツ注意
  • GIF(GIF89a,GIF87a)
  • JPEG(JFIF)
  • SMF
  • MP4
  • iアプリ(スクラッチパッドも含む)
  • キャラ電データ
  • デコメールテンプレート
  • Flash
  • トルカ
  • PDF
  • きせかえツール
  • マチキャラ
  • 画面メモ
  • デコメアニメテンプレート
  • iスケジュール
  • 通常スケジュール/シンプルメモ/ToDoメモ
  • PNG
  • BMP
  • コンテンツパッケージ
  • MyFACEコンテンツ
など

注意ここで記載されていないダウンロードコンテンツに関しても、本機能の対象となります。

各種データ

「各種データ」とは移動機に保持される下記の情報になります。

  • ユーザが入力、編集した情報(電話帳など)
  • 移動機外部から取得した情報(受信メールなど)
  • 移動機機能により、作成される情報(リダイヤルなど)

設定情報

設定情報とはユーザが設定した端末の機能設定情報になります(待受画面設定など)。

故障時データ一括転送機能対象外のユーザデータ

下記の端末内ユーザデータについては、故障時データ一括転送機能の対象外になります。

  • UIM内に保存されたコンテンツファイル/各種データ/設定情報
  • ネットワーク上に保存されたコンテンツファイル/各種データ/設定情報
  • 外部メモリに保存されたコンテンツファイル/各種データ/設定情報
  • FeliCaチップ内に保存されたコンテンツファイル/各種データ/設定情報
  • 初期端末にプリインストールされたユーザ操作により削除不可のコンテンツファイル/各種データ

また、端末の製造番号などの固体情報を利用する場合、転送後の動作を保障できない場合があります。

故障時データ一括転送機能の運用について

  • コンテンツファイルの修理済み交換端末への転送完了後は、故障端末および転送システムよりコンテンツファイルは消去されます。
  • 故障時データ一括転送作業を行うのは、ドコモ窓口の特定担当者に限定されます。
  • コンテンツファイルは、高いセキュリティのもと、本人確認やシステム上での認証処理などが行われた上で、転送が行われます。
  • 携帯電話の状態によっては、データの転送が出来ない場合があります。

このページのトップへ