全般

質問

Javaとは何ですか?

回答

1995年に米国SunMicrosystems社が発表したプログラミング言語の名称です。Javaの特徴として、

  • 一度作成したJavaプログラムはVM注意1を通して、どんなコンピュータ上でも動作する。
  • インターネットなどによるネットワーク接続を前提としたシステムの構築が可能。
  • アニメーションやサウンドをWEBページ上で実行できる。
  • 開発キットが無料で手に入れられる。

などの特徴を持っており、ここ数年のインターネットの普及に伴って急速に利用者が増加しています。Javaで書かれた小さなプログラム(Javaアプレット)はパソコンのブラウザを通してダウンロードし、WEBページと連動させることができるため、コンテンツをより動的で魅力的なものにすることができます。詳しくは、Sunのホームページや一般の書籍などをご覧ください。

注意1 「Virtual Machine」 の略で、異なるコンピュータ間でもJavaプログラムを動作可能とするための基盤ソフトウェア(Java実行環境)を表します。

質問

一般的なJava(PCやサーバ向けJava)とiアプリとの違いはありますか?

回答

携帯電話は、PCやサーバと比べてハードウェア性能面(メモリ、CPU、電池消費量)での厳しい制約があります。iアプリでは、このような携帯電話固有の制約の中で,最大限幅広いサービスを可能とするような設計変更が行われています。具体的には、小型組み込みデバイス向けに標準化されているJ2ME CLDC注意1で規定されているAPIをベースとし、その上にiアプリ固有の機能(GUI、通信、日本語処理 など)が追加されています。

  • 注意1 「Java2 MicroEdition Connected Limited Device Configuration」の略です。Javaの標準化プロセス(JCP)で策定されたJavaの規格で、MIDP(注意技術的な質問の項を参照)やiアプリのような上位の規格の基礎となる規格です。GUIなどは定義されておらず、VM仕様やコアAPIが定義されています。PDA、携帯電話、POS端末などをコンピュータとして見た時の性能(CPU、メモリ、電池消費量)の低い機器を対象としています。

質問

iアプリの機能面での特徴を教えてください。

回答

iアプリには以下の機能面での特徴があります。

  1. 永続記憶デバイスのサポート
    iアプリは、アプリケーション上で作成したデータやネットワーク経由で取得したデータを携帯電話内部に保存することができます。この機構はスクラッチパッドと呼ばれます。
  2. マルチメディアデータのサポート
    iアプリでは、i-メロディやi-アニメ(アニメーションGIF)といったマルチメディアデータの再生をサポートしています。マルチメディアデータはiアプリのJarファイルに含めることも、アプリケーション実行時にネットワーク経由で取得することもできます。
  3. アプリケーションの自動起動
    iアプリではアプリケーションの自動起動をサポートしています。これにより、一定時間毎に自動的に起動してサーバから情報を取得するような、エージェント型アプリケーションを作成することができます。
  4. セキュリティの向上
    コンテンツプロバイダー側で独自のセキュリティを組み込んだiアプリを端末内に組み込むことができます。

質問

iモードでJava言語プログラムが利用可能となることでセキュリティの高いコンテンツが実現できるとのことですが、具体的にはどのようなことですか?

回答

iアプリでは、Java言語プログラム上で演算を行ったり通信を制御することが可能となるため、以下例のようにコンテンツプロバイダ自身のニーズに合わせたセキュリティの高いサービスが実現可能です。

  1. 入力されたデータをアプリケーションレベルで盗聴や解読の困難な複雑な暗号化処理をしてからサーバに送信することができる。これによりカード番号やパスワードなどの機密性が要求される情報を盗聴・改ざんされることなく安全にコンテンツサーバに送ることができる。
  2. ユーザの本人認証を行う場合、従来の数字によるパスワード入力に加えて、絵文字の組み合わせを取り入れるなど柔軟なパスワードのシステムを組み込める。

また、iアプリ対応iモード端末ではEnd to Endの128bit SSL機能をサポートするため、これらの機能を組み合わせることによってさらにセキュリティを高めることができます。

質問

ユーザから見たiアプリのダウンロードから実行までの流れを簡単に教えてください。

回答

以下の通りです。但し、画面表示方法などの詳細は各端末メーカ毎に異なります。

  1. ユーザはiモード端末上(ブラウザ)からコンテンツプロバイダーが用意するiアプリのダウンロードページを開きます。
  2. ユーザがダウンロードのページから目的のiアプリを選択すると、端末上でダウンロード可能かどうかの可否判定とダウンロードを実行するかどうかの確認メッセージが表示されます。端末にこれ以上のアプリケーションを保存できない場合は、この時にメッセージが表示されます。
  3. 2で端末にiアプリの保存が可能な場合は、ダウンロードが開始されます。ダウンロードされたアプリケーションはそのまま端末にインストールされ、インストール終了のメッセージが表示されます。
  4. ユーザは端末内に保存されたiアプリの一覧を表示させ、目的のアプリケーションを選択・実行することでiアプリが起動されます。

質問

iアプリでは不正なアプリケーションに対してどのような対策をとっていますか?

回答

iアプリでは不正なアプリケーションに対して以下の対策を施すことで端末側のセキュリティを高めています。

  1. iアプリはダイヤラー機能や電話帳などの携帯電話内部の基本ソフトウェアやメモリなどに一切アクセスできない。
  2. iアプリが他のiアプリを起動したり書き換えたりできない。(他のiアプリが使用するスクラッチパッドにもアクセスできない)
  3. iアプリの通信先はそのアプリケーションがダウンロードされたサーバに限定される。
  4. 複雑な計算を行い画面が固まったように見せるなどのいやがらせiアプリに対して、ユーザは自分の判断で終了できる。(強制終了ボタンの採用)

コンテンツ

質問

iアプリにより提供可能となるコンテンツにはどのようなものがありますか?

回答

従来のHTMLベースのコンテンツとは異なり、以下の動的なアプリケーションが考えられます。

  1. スタンドアローン型アプリケーション
    ネットワーク通信を必要としない携帯端末内のみで動作するアプリケーションです。(シューティングゲームやパズルゲームなど)
  2. クライアントサーバ型アプリケーション
    普段は携帯端末内で操作を行い、その都度結果をサーバに残したりするタイプ(ロールプレイングゲームやキャラクラー育成ゲームなど)や、他のユーザとサーバ経由でリアルタイムで通信するタイプ(ネートワーク対戦ゲームなど)など、さまざまな形態のアプリケーションが考えられます。
  3. エージェント型アプリケーション
    iアプリ自身が一定時間間隔ごとに自動起動してサーバに情報を取りに行ったり、一定時間経過後に何らかのアクションを起こすアプリケーションです。(天気予報図の自動更新や株価チャートなど)

端末

質問

iアプリ対応の端末シリーズを教えてください。

回答

iアプリ対応端末の情報をご参照ください。

このページのトップへ