ご利用規約

dリビング ご利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「当社」といいます。)は、この「dリビング利用規約」(以下「本規約」といいます。)を定め、これにより「dリビング」(以下「本サービス」といいます。)を提供します。

第1条(規約の適用)

本規約は、本サービスの利用に関する当社との間の一切の関係に適用されます。本規約の内容に同意しない場合、本サービスを利用することはできません。

第2条(用語の定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定めるとおりとします。

  1. JBR社:本サービスの提供における当社の提携事業者であるジャパンベストレスキューシステム株式会社をいいます。
  2. 本サービスサイト:本サービスを提供する目的で当社が運営するインターネットウェブサイトをいいます。なお、本規約において本サービスサイト上に定めることとしている条件については、本サービスサイト上の定め(本サービスサイト上の定めが変更された場合は変更後のものとします。)も、本規約の一部を構成し、本規約の内容に含まれるものとします。
  3. 家のあんしんリンク:本サービスのうち、留守中の部屋のみまもりサービス(詳細は第3条にて定めます)を利用する目的で当社が運営するインターネットウェブサイトをいいます。
  4. 生活サポートサービス:JBR社が生活サポートサービス利用規約に基づき提供する、生活トラブルサポート、家事サポート、在宅確認サポート及びお見舞金制度をいいます。詳細はJBR社が定めるところによります。
  5. 生活サポートサービス利用規約:JBR社が別に定める、生活サポートサービスの提供に関する利用規約その他の条件をいいます。
  6. 家のあんしんアプリ:本サービスのうち留守中の部屋のみまもりサービスに対応するスマートフォン、タブレット端末用のアプリケーションソフトウェアをいいます。
  7. dリビングアプリ:本サービスに対応するスマートフォン、タブレット端末用のアプリケーションソフトウェアをいいます。
  8. フォトコレクション:当社が提供する「フォトコレクション」サービスをいいます。フォトコレクションは、写真や動画をインターネットに接続された当社サーバ内の専用ストレージエリアで保管し、スマートフォン、パソコン等の再生機器で閲覧、再生することができるサービスです。
  9. 対応端末:当社がdリビングアプリ及び家のあんしんアプリを利用することができる端末として別途本サービスサイト上で指定する端末をいいます。
  10. 対応機器等:当社が本サービスのうち、留守中の部屋のみまもりサービスと連携して動作する機器として本サービスサイト上で指定する機器をいいます。なお、対応機器等は各メーカーから提供されるものであり、その機能、動作等について当社は一切保証しないものとします。
  11. みまもりエリア:家のあんしんアプリがインストールされた対応端末及び対応機器等を設置する自宅等の場所をいいます。
  12. ゲストユーザ:サービス契約者(第3条第(2)項で定義するものとします)が家のあんしんリンクを利用することを承諾した者をいいます。
  13. サイトユーザ:サービス契約者及びゲストユーザの総称をいいます。
  14. Xiサービス:当社が別に定めるXiサービス契約約款に基づき提供される電気通信サービスをいいます。
  15. Xi契約:Xiサービスの提供を受けるためのXiサービス契約約款に基づく契約をいいます。
  16. FOMAサービス:当社が別に定めるFOMAサービス契約約款に基づき提供される電気通信サービスをいいます。
  17. FOMA契約:FOMAサービスの提供を受けるためのFOMAサービス契約約款に基づく契約をいいます。
  18. Xi/FOMA契約:Xi契約及びFOMA契約の総称をいいます。
  19. 契約約款:Xiサービス契約約款及びFOMAサービス契約約款の総称をいいます。
  20. 非回線契約者:当社との間でXi/FOMA契約を締結していない者をいいます。

第3条(本サービスの内容等)

  1. 本サービスの利用に係る契約には、本サービスの利用に係る料金(以下「利用料金」といいます。)をお支払いいただく必要のない契約(以下「利用契約」といいます。)と利用料金をお支払いただく必要がある契約(以下「有料契約」といいます。)があります。
  2. 利用契約のみを締結されているお客様(以下「ビジター契約者」といいます。)と有料契約を併せて締結されているお客様(以下「サービス契約者」といい、ビジター契約者と併せて「お客様」といいます。)では利用いただけるサービスが異なります。
  3. 本サービスは、以下に掲げるサービスを提供することを内容とし、その詳細は本サービスサイトに定めるとおりとします。
    1. ビジター契約者が利用可能なサービス
      (i)生活サポートサービスに関する電子チケットの購入
      JBR社が販売・発券する生活サポートサービスに係る電子チケット(以下「電子チケット」といいます。)をJBR社から購入することができるサービス
      (ii)エネルギー情報モニターサービス
      当社が別に定めるエネルギー会社(以下「エネルギー会社」といいます。)との間でお客様がエネルギー供給に係る契約を締結している場合、エネルギー会社が提供するエネルギーの利用に係る情報(以下「エネルギー情報」といいます。)を本サービスサイト及びdリビングアプリ上で確認することができるサービス
    2. サービス契約者が利用可能なサービス
      サービス契約者は前①号のサービスに加えて、次のサービスが利用できるものとします。
      (i)生活サポートサービスを優待価格で利用できるサービス
      JBR社が提供する生活サポートサービスを優待価格で利用できる権利(以下「優待利用権」といいます。)の提供を受けることのできるサービス
      (ii)健康相談ダイヤルサービス
      保健師、助産師、看護師、管理栄養士等の専門の資格を保有するスタッフ(以下「相談員」といいます)が、サービス契約者からの電話による健康に関する相談に当社が別途定める時間帯及び相談回数上限内で応じるサービス。対応する相談内容等、健康相談ダイヤルサービスの提供条件の詳細は本サービスサイトに定めるものとします。
      (iii)留守中の部屋のみまもりサービス
      (ア)みまもりエリアやペット等の様子を確認できる機能(るすばんモード)
      家のあんしんアプリ及び対応機器等の動体検知機能の動作状況をサイトユーザへ通知することにより提供されるみまもりエリア又はペット等の様子を確認できる機能
      (イ)離れて暮らす家族のみまもりができる機能(家ログモード)
      家のあんしんアプリ及び対応機器等の動体検知機能の動作状況又は非動作状況をサイトユーザへ通知することにより提供される簡易な見守り機能
      (iv)当社が別途指定する商品・サービス(以下「対象サービス」といいます。)にかかる特典の提供を受けることができるサービス
  4. お客様が購入する生活サポートサービスの電子チケットの販売主体及び提供主体は、当社ではなくJBR社となります。当社は本規約の定めに従い、お客様によるJBR社に対する電子チケットの購入申込の受付を行うのみとなります。当社は、いかなる場合もお客様とJBR社との間の電子チケット売買に関する契約(以下「チケット売買契約」といいます。)の当事者となることはありません。
  5. 生活サポートサービスは、JBR社がお客様に提供するサービスとなり、生活サポートサービスに関して当社は優待利用権の提供又は電子チケットの購入申込受付を行うのみとなります。お客様は生活サポートサービスの利用にあたっては、JBR社が別途定める方法に従い、事前に生活サポートサービス利用規約の内容に同意のうえ、JBR社との間で生活サポートサービスの利用に関する契約(以下「生活サポートサービス契約」といいます。)を締結する必要があります。当社は、いかなる場合も生活サポートサービス契約の当事者となることはありません。
  6. エネルギー情報モニターサービスに関して当社はエネルギー会社から提供されるエネルギー情報をdリビングアプリ及び本サービスサイト上に表示する機能を提供するのみとなります。お客様はエネルギー情報モニターサービスの利用にあたっては、当社及びエネルギー会社が別途定める方法に従い、事前にエネルギー会社が別に定める利用規約等の内容を確認のうえ、エネルギー会社との間でエネルギー情報モニターサービスに関する契約を締結する必要があります。なお、お客様がお客様名義の契約をエネルギー会社と締結している場合のみエネルギー情報モニターサービスをご利用いただけます。
  7. 留守中の部屋のみまもりサービスは、次の各号に掲げる機能により提供されます。
    1. 家のあんしんアプリ又は対応機器等が動体検知した事実及びその時刻を本サービスサーバで受信する機能
    2. 本サービスサーバが受信した動体検知結果をグラフ化し家のあんしんリンク上で表示し、閲覧できる機能
    3. 動体検知状況に応じたサイトユーザへの通知機能及びその通知のタイミング、頻度等の設定
      なお、当該通知は、家のあんしんリンク上でサイトユーザが指定するメールアドレスに行うものとします。
    4. 家のあんしんアプリにより家のあんしんリンクへアップロードされた画像を、自動で加工・編集し、サービス契約者が指定するフォトコレクションの専用サーバへ送信する機能
    5. フォトコレクションの対応アプリや対応機器等の専用アプリを起動する機能
  8. 留守中の部屋のみまもりサービスについて、サービス契約者は、ゲストユーザに対し以下の各号に定める権限を有します。
    1. 家のあんしんリンク上で、ゲストユーザのメールアドレスを事前に登録することにより、自己以外の者を最大10名まで本サービスのゲストユーザとして招待し、家のあんしんリンクを利用させること
    2. ゲストユーザが登録したユーザ名、メールアドレスを閲覧すること
    3. ゲストユーザの登録を削除すること
  9. ゲストユーザは、家のあんしんリンクの利用について以下の権限を有します。
    1. 本条第(7)項②号及び③号の機能を利用すること
    2. 自己のニックネーム、メールアドレスを変更すること
  10. サービス契約者は、本条第(8)項①号に基づき、ゲストユーザに家のあんしんリンクを利用させる場合、自己の責任においてゲストユーザに本規約等を遵守させるものとし、当社がゲストユーザによる本規約等の違反につきサービス契約者による違反とみなすことに合意します。
  11. サービス契約者は、自己の責任において、みまもりエリアの居住者又は利用者等から、サイトユーザが本サービスを利用して動体検知状況等を閲覧できることについての同意を予め取得したうえで、本サービスを利用し、またゲストユーザに利用させるものとします。当社は、本サービスの利用に関する居住者、利用者等、その他の第三者とのトラブルについて一切の責任を負わないものとします。
  12. 本サービスの利用には、次の各号に掲げる場合に応じ、それぞれ当該各号に定めるID及びパスワード(以下総称して「dアカウント等」といいます。)が必要です。
    1. 当社との間で当社が別途定めるXiサービス契約約款又はFOMAサービス契約約款(以下総称して「契約約款」といいます。)に基づくXi契約若しくはXiユビキタス契約又はFOMA契約若しくはFOMAユビキタス契約(以下総称して「Xi/FOMA契約」といいます。)を締結している場合:当社が別途定めるdアカウント規約に基づくドコモ回線dアカウントのID及びパスワード
    2. 当社との間でXi/FOMA契約を締結していない場合:当社が別途定めるdアカウント規約に基づくキャリアフリーdアカウントのID及びパスワード
  13. 本サービスの利用には、対応端末が必要です。なお、留守中の部屋のみまもりサービスを利用するためには、家のあんしんアプリがインストールされた対応端末又は対応機器等が必要となります。なお、みまもりエリアにはWi-Fi等、無線LANによる通信環境(以下「Wi-Fi環境等」といいます。)が必要となります。また、本条第(7)項④号、⑤号の機能の利用には、フォトコレクションの契約が必要となります。
  14. 本サービスの利用可能地域(以下「利用可能地域」といいます。)は日本国内とします。なお、生活サポートサービスについては生活サポートサービス契約にて定める範囲で提供されるものであり、本サービスの利用可能地域内であっても利用できない場合があることについて、お客様はあらかじめ同意するものとします。

第4条(利用契約の成立)

  1. 本サービスの利用を希望する者は、本規約に同意のうえ、利用契約を締結していただく必要があります。
  2. dリビングアプリ又は本サービスサイトの画面上に表示される「利用する」ボタンが押下された時点をもって、お客様と当社との間に本規約に基づく利用契約が成立し、その効力を生ずるものとします。
  3. お客様が未成年者である場合は、利用契約及び有料契約の申込みについて法定代理人(親権者又は未成年後見人)の事前の同意を得るものとします。

第5条(有料契約の成立)

  1. 有料契約の締結を希望する者(以下「申込者」といいます。)は、本規約の内容に同意のうえ、当社が別途定める手続きに従い有料契約の申込みを行うものとします。
  2. 申込者が、Xi/FOMA契約を締結していない場合は、前項の申込みと同時に、第11条(利用料金)に定める利用料金の支払に利用するクレジットカード(以下「決済用クレジットカード」といいます。)の情報を当社に届け出る必要があります。なお、利用できる決済用クレジットカードは、当社が別途指定する種類のクレジットカードで、かつ、申込者本人の名義のものに限ります。この場合、申込者は次の各号に掲げる事項に同意するものとします。
    1. 決済用クレジットカードの変更を希望する場合は、当社が別に定める方法により変更の届出を行うものとし、かかる変更がなされない限り、利用料金の支払は、当社が届出を受けている決済用クレジットカードにより行われること
    2. 決済用クレジットカードの会員番号又は有効期限に変更又は更新があった場合、当社が別に定める方法により、その旨を当社に届け出ること
    3. 当社がクレジットカードによる決済に必要な範囲で、お客様の個人情報をクレジットカード会社及び決済代行会社に通知する場合があること
    4. 決済用クレジットカードの発行者(以下「カード会社」といいます。)から当社に対して、決済用クレジットカードの会員番号又は有効期限の変更又は更新に関する情報が通知される場合があること
    5. カード会社との間の会員契約に基づき決済用クレジットカードを利用すること
  3. 当社は、申込者に対し、第(1)項の申込みの内容に関する事実を確認するための書類の提示又は提出を求める場合があり、申込者はこれに応じるものとします。
  4. 当社は、次の各号に掲げる事項のいずれかに該当すると当社が判断したときは、当該申込者からの申込みを承諾しないことがあります。
    1. 申込みの内容に不備があり、若しくはその内容が事実に反しているとき、又はそのおそれがあるとき
    2. 申込者が未成年者である場合は、その法定代理人(親権者又は未成年後見人)の同意を得ている事実を当社が確認できないとき
    3. 申込者が第11条(利用料金)に定める利用料金その他の当社に対する債務(当社がその債権を第三者に譲渡した債務を含みます。以下同じとします。)の弁済を現に怠り、又は怠るおそれがあるとき
    4. 非回線契約者による有料契約の申込みであり、かつ、決済用クレジットカードにつき、利用料金の決済の利用についてカード会社の承認を得られないとき
    5. 申込者が第10条(禁止事項)の定めに違反するおそれがあるとき
    6. 申込者が過去に不正利用等により有料契約の解除又は本サービスの提供停止等の措置を受けたことがあるとき
    7. 申込者が本規約に定めるお客様としての義務を遵守しないおそれがあるとき
    8. 申込者が第25条(反社会的勢力の排除)の定めに違反するおそれがあるとき
    9. 当社の業務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  5. 有料契約は、当社が第(1)項に基づく申込みを承諾し、その申込手続が完了した時点当該申込者と当社との間において成立するものとします。
  6. 利用契約を締結していない申込者と当社との間で有料契約が成立した場合、有料契約が成立したと同時に当該申込者と当社との間において利用契約が成立するものとします。

第6条(優待利用権)

  1. サービス契約者は、優待利用権を利用するにあたっては、JBR社が別途定める方法によりJBR社に対して利用者登録をする必要があります。
  2. 前項の利用者登録にあたり、サービス契約者は、当社がサービス契約者に対して発行する識別番号を用いて利用者登録をするものとします。
  3. 本サービスの利用料金は、サービス契約者が生活サポートサービス契約を締結した日にかかわらず、有料契約の成立日をもって第11条の規定に基づく支払義務が生じます。

第7条(電子チケットの購入)

  1. お客様は、チケット売買契約を締結するにあたっては、JBR社が別途定める方法に従い、事前に生活サポートサービス利用規約及びJBR社が別に定めるチケット購入に関する注意事項等の内容に同意のうえ、JBR社及び当社所定の方法に従ってJBR社に対し電子チケットの購入を申し込むものとします。
  2. 前項のお申込みに際して、お客様は真実かつ正確な氏名・電話番号等のデータを入力するものとし、変更があった場合は、直ちにJBR社に連絡するものとします。
  3. 当社は第1項に基づくお客様の申込内容をJBR社に送付するものとします。お客様とJBR社との間のチケット売買契約の成立は、JBR社が本項に基づくお客様の申込内容について承諾する旨の通知がお客様に対し読み取り可能な状態で送信された時点で成立したものとします。

第8条(本サービスの非保証等)

  1. 健康相談ダイヤルにおける相談員は医療行為を行うものではなく、サービス契約者への回答内容は一般的な健康に関するアドバイスとなります。具体的な症状等がある場合は、専門の病院等、医療機関を受診してください。
  2. 当社は、本サービスについて(健康相談ダイヤルにおける相談員のアドバイスを含むがそれに限られないものとします。)、お客様の特定の利用目的への適合性、第三者の権利の非侵害性、完全性、有用性、的確性、信頼性、即時性等について何ら保証するものではなく、これらに関連してお客様に損害が生じたとしても一切責任を負いません。
  3. 生活サポートサービス及び電子チケットは、JBR社により提供されるものであり、当社は、生活サポートサービスの内容、利用の結果及び電子チケットの売買契約の成否等について何ら保証するものではなく、生活サポートサービス及び電子チケットの利用に関してお客様に生じたトラブル又は損害等について、一切の責任を負わないものとします。
  4. 対象サービスは、各対象サービスの提供元により提供されるものであり、当社は、対象サービスの内容、利用の結果及び特典の利用可否等について何ら保証するものではなく、対象サービスの利用に関してお客様に生じたトラブル又は損害等について一切の責任を負わないものとします。

第9条(知的財産権等)

  1. 本サービスに関連して、又は本サービスを通じてお客様に提供される本サービス(dリビングアプリ、本サービスサイト、家のあんしんアプリ及び家のあんしんリンクを含み、以下本条にて同じ)に係る特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等の知的財産権その他一切の権利は、当社又は第三者に帰属します。利用契約及び有料契約の締結は、お客様に対してこれらに関する何らの権利を移転するものではなく、お客様は、利用契約及び有料契約に基づく本サービスの利用に必要な範囲に限って、本サービスを利用することができるものとします。
  2. 当社は、当社が本サービスの提供上、必要と認める範囲内において、本サービスサーバにアップロードされた画像データについて、複製、改変、加工、その他利用等できるものとします。

第10条(禁止事項)

お客様は、本サービスの利用にあたって次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。

  1. 留守中の部屋のみまもりサービスの目的である、ご自宅内等又はご自宅等のペット等の様子の確認以外の目的での利用、若しくは第三者のプライバシーを侵害する行為(盗撮等の行為を含みます)、又はそれらおそれのある行為
  2. 自己以外の第三者のメールアドレスを利用する行為
  3. 当社若しくは第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権、プライバシーその他の権利若しくは利益を侵害する行為、又はそれらのおそれのある行為
  4. 公序良俗に反する行為若しくは公序良俗に反する情報を第三者に提供する行為、又はそれらのおそれのある行為
  5. 犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為若しくは法令に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為
  6. 事実に反する情報又はそのおそれのある情報を提供する行為
  7. dアカウント等を不正に使用する行為
  8. dリビングアプリ、本サービスサイト、家のあんしんアプリ、及び家のあんしんリンクについて、改変若しくは改ざんを行い、又は逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指します。)を行う行為
  9. ゲストユーザ以外の第三者に対し、本サービス、本サービスサイト及び家のあんしんリンクを利用させること
  10. dリビングアプリ及び家のあんしんアプリをその利用規約等に反する方法又は反するおそれのある方法で利用し、又は使用する行為
  11. 当社若しくは第三者の名誉若しくは信用を毀損する行為、又はそれらのおそれのある行為
  12. 本サービスに係る設備に対して過度な負担を与える行為、当社による本サービスの提供を不能にする行為その他当社による本サービスの提供に支障を与え、若しくはその運営を妨げる行為、又はそれらのおそれのある行為
  13. 本サービスを利用可能地域以外の地域で利用する行為
  14. 本サービス又は生活サポートサービスを利用した不正な行為
  15. 本サービス又は生活サポートサービスの利用にあたって、当社又はJBR社及びこれらの委託先の業務を妨害又は業務に支障を与えるおそれがある行為
  16. 本サービス又は生活サポートサービスの利用にあたって、当社又はJBR社及びこれらの委託先の社員並びに第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を侵害する行為
  17. 健康相談ダイヤルサービスを当社の業務を妨害又は業務に支障を与えるおそれがあると当社が判断する利用回数又は利用様態で利用する行為
  18. その他当社が不適切と判断する行為

第11条(利用料金)

  1. 利用料金は、月額450円(税別)とします。
  2. サービス契約者は、毎月の利用料金を、これに加算される消費税(地方消費税を含みます。)相当額とともに、次の各号に掲げる場合に応じ、それぞれ当該各号に定める方法により支払うものとします。
    1. サービス契約者がXi/FOMA契約を締結している場合:契約約款に基づくXiサービス又はFOMAサービスの料金(以下総称して「Xi/FOMA料金」といいます。)と併せて支払う方法。なお、利用料金の請求方法及び支払方法については、本規約に別段の定めがある場合を除き、Xi/FOMA料金に係る契約約款の定めを準用するものとします。
    2. サービス契約者がXi/FOMA契約を締結していない場合:決済用クレジットカードにより支払う方法。この場合カード会社の定める方法に従い、当該カード会社の定める時期に当該カード会社からサービス契約者に対して利用料金相当額が請求されます。ただし、何らかの事由により、決済用クレジットカードによる支払ができなかったときは、当社がサービス契約者に対して利用料金を直接請求する場合があります。
  3. 有料契約の成立日又は終了日が月の途中の場合であっても、利用料金の日割等による計算は行わず、サービス契約者は、それぞれ1か月分の利用料金を支払うものとします。
  4. 前項の規定にかかわらず、サービス契約者が初めて有料契約を締結した場合に限り、有料契約の成立日から起算して31日間(以下「無料期間」といいます。)、利用料金を無料とします(以下「初回無料特典」といいます。)。初回無料特典の適用にあたっては、Xi/FOMA契約に基づく電話番号又はキャリアフリーdアカウントの単位で、それぞれについて初めての契約である場合に適用されます。なお、初回無料特典の適用中に本サービスが解約されない場合には、当該期間満了日の翌日が属する月より1ヶ月分の利用料金がかかります。
  5. 第1項の規定にかかわらず、サービス契約者がXi/FOMA契約に基づき身体障がい者等割引(ハーティ割引)の適用を受けている場合の利用料金は、利用料金から270円減じた額を適用します(以下「割引」といいます。)。なお、当社は、あらかじめサービス契約者に周知することにより、適用期間を延長することがあります。
  6. サービス契約者は、利用料金その他の当社に対する債務(延滞利息を除きます。)についてその支払期日を経過してもなお支払わない場合には、支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として第(2)項に定める方法により支払うものとします。ただし、支払期日の翌日から起算して15日以内に支払があった場合は、延滞利息の支払を要しません。
  7. 当社は、利用料金その他の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
  8. サービス契約者は、当社が利用料金その他のサービス契約者に対する債権を当社が指定する第三者(カード会社を含み、以下「請求事業者」といいます。)に譲渡することをあらかじめ承諾するものとします。
  9. お客様は、生活サポートサービスの利用にあたっては、利用料金とは別に、生活サポートサービス利用規約に定める料金(以下「生活サポートサービス利用料」といいます。)のJBR社への支払いを要するものであることに同意します。
  10. 生活サポートサービス利用料は、第12条(電子チケットの対価の支払い)に定める場合を除き、生活サポートサービス利用規約の定めに基づき、お客様が直接JBR社に支払うものとし、当社は、生活サポートサービス利用料の請求、支払その他関連する事務処理について一切関与せず、何ら責任を負わないものとします。
  11. 生活サポートサービスが、生活サポートサービス利用規約の定めに基づきJBR社により提供されない場合、又はJBR社によりその提供が中止され、若しくは生活サポートサービス契約が解除された等の場合であっても、有料契約が継続する限り、サービス契約者は当社に対して、第(1)項に定める利用料金の支払義務を負うものとします。
  12. 健康相談ダイヤルについて、日本国内から当社が指定する専用の電話番号(フリーダイヤル)におかけいただいた場合は通話料は発生いたしません。
  13. 本サービスの利用にあたっては、別途通信料がかかります。また、本サービスを利用するために必要なWi-Fi環境等はサービス契約者自身でご用意いただく必要があります。

第12条(電子チケットの対価の支払い)

  1. お客様は、チケット売買契約が成立したときは、生活サポートサービス利用料を次項に定める方法によりお支払いいただく必要があります。
  2. お客様は、チケット売買契約の締結のときに、次のいずれかの方法で生活サポートサービス利用料を当社を通じてJBR社に一括で支払うものとします。
    1. ドコモ ケータイ払い
      ドコモ ケータイ払いにより生活サポートサービス利用料を支払う方法です。ドコモ ケータイ払いは、お客様がXi/FOMA契約を締結しており、かつiモード契約又はspモード契約を締結している場合にのみご利用いただけます。ドコモ ケータイ払いの提供条件等はXi/FOMA契約の定めに従います。
    2. クレジットカード払い(dカードも含む)
      当社が別途指定するクレジットカードの中からお客様が選択されたクレジットカードを利用して生活サポートサービス利用料を支払う方法です。分割払いはできません。お客様本人名義のクレジットカードに限ります。この場合、お客様が利用したカード会社の指定する方法に従い、当該カード会社の定める時期に当該カード会社からお客様に対して生活サポートサービス利用料相当額が請求されます。なお、お客様が利用するクレジットカードによっては、JBR社が生活サポートサービス利用料に係る債権を当社に譲渡し、当社がカード会社に再譲渡する場合があり、お客様は異議を留めることなくこれを承諾するものとします。
  3. 前項に定めるクレジットカード払いをお客様が選択された場合において、カード会社が定めるクレジットカード会員規約に基づき、お客様が当該クレジットカードに係る会員資格を喪失した場合、又はカード会社が、お客様がクレジットカード払いを利用して当社に支払うことを選択された生活サポートサービス利用料に相当する代金の債権譲渡に応じず、若しくは当該債権譲渡を取消した場合、お客様による当該生活サポートサービス利用料に相当する代金に係るクレジットカード払いの利用は取消され、当社又はJBR社から直接請求されるか、又は当該生活サポートサービス利用料に相当する代金に係るチケット売買契約が解除されたものとして取り扱われる場合があるものとし、お客様は異議を留めることなくこれを承諾するものとします。
  4. 第(2)項に定めるクレジットカード払いをお客様が選択された場合、当社は当該クレジットカードを発行するカード会社に対して、クレジットカード支払に必要となるお客様の個人情報(クレジットカード番号、生活サポートサービス利用料等の情報等)を通知することについて、お客様は承諾するものとします。
  5. お客様が当社が別に定める「dポイントクラブ会員規約」(以下「dポイントクラブ会員規約」といいます。)に定めるdポイントクラブ会員である場合、dポイントクラブ会員規約の定めにかかわらず、dポイント1ポイントを1円として1円単位で、お客様が保有するdポイントの全部又は一部を本条第2項に定める方法での生活サポートサービス利用料の支払いに利用(以下「dポイント利用」といいます。)することができるものとします。この場合、dポイント利用額に限り、お客様は生活サポートサービス利用料の支払いを免れます。
  6. 前項に定めるポイント利用に関する条件は、本規約に定める事項を除きdポイントクラブ会員規約に定めるものところによります。

第13条(dポイントの進呈等について)

  1. dポイントクラブ会員が本サービス上で電子チケットを購入された場合、当社を通じてJBR社に支払った生活サポートサービス利用料から前条に基づくdポイント利用額を控除した金額に対し、100円(税別)につき1ポイントのdポイントがお客様に進呈されます。進呈ポイント数を算定する際は最少単位を100円とし、100円未満は切り捨てるものとします。
  2. 前項に基づくdポイントの進呈の他、当社は、当社が企画する施策等により、dポイントクラブ会員に対しdポイントを進呈する場合があります。
  3. dポイントの進呈及び進呈されたdポイントの利用に関する条件等は、本規約に定める事項を除き、dポイントクラブ会員規約に定めるところによります。

第14条(個人情報)

  1. 当社は、本サービスの提供にあたり、申込者及びお客様から取得する個人情報を、次に掲げる目的その他当社が別に定める「プライバシーポリシー」(当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)に掲げる目的で当該目的達成に必要な範囲で利用します。
    1. 本サービスの提供のため
    2. 本サービスの有効性評価及び機能改善その他本サービスの品質向上のため
    3. 本サービスのご利用状況の計測・分析のため
    4. 本サービスのキャンペーン及び新サービスのご紹介並びに本サービスに関するアンケート調査のため
    5. 新サービスの開発、マーケティング活動のため
    6. その他本サービス以外のサービスへの提供、並びにこれらのサービスの開発・運営・機能改善及び品質向上のため
  2. 当社は、本サービスの提供を目的として、当社がお客様ごとに付与する識別番号、本サービスの利用開始日及び本サービスの利用終了日をJBR社に通知できるものとします。
  3. 当社は、お客様から取得する個人情報を、個人を特定できない状態としたうえで、統計解析ツール等(Google Analytics等を使用しますが、これに限られません。なお、Google Analyticsの詳細は、別ウインドウが開きますhttp://www.google.com/policies/privacy/partners/をご参照ください。)を用いて解析し、調査、統計、又は本サービスの品質向上、他のサービス等の開発等の目的その他当社が有用又は適切と考える目的で利用する場合があります。また、当社は、個人を特定できない状態となった当該情報を上記目的のもとで、第三者に提供することがあります。

第15条(提供中断等)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当すると当社が判断したときは、本サービスの全部又は一部の提供を中断することがあります。
    1. 天災地変等の不可抗力により本サービスが提供できなくなったとき
    2. 本サービスに関する機器、設備等の保守、工事等を実施する必要があるとき
    3. 本サービスにおいて使用する機器、設備等に故障、障害等が発生したとき
    4. 災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持に必要な通信その他公共のために必要があるとき
    5. 当社の運用上又は技術上、本サービスの全部又は一部の提供を中断する必要があるとき
  2. 当社は、前項に定めるほか、本サービスの運用上必要な範囲において、本サービスの利用の制限等を行うことができるものとします。
  3. 当社は、第(1)項に基づく本サービスの全部若しくは一部の提供の中断又は前項に定める利用の制限等を計画している場合は、その旨を本サービスサイト上に掲載する方法によりお客様に周知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は当該周知を行わないことがあります。
  4. 当社は、第(1)項又は第(2)項の定めに基づき本サービスの提供を中断し、又はその利用を制限等した場合であっても、利用料金の減免等は行わず、また当該提供中断又は利用制限等によりお客様、ゲストユーザ、その他第三者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。

第16条(提供停止等)

  1. 当社は、お客様が次の各号のいずれかに該当すると当社が判断したときは、お客様に対する事前の通知を行うことなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止することができるものとします。
    1. 第5条(有料契約の成立)第(4)項各号のいずれかに該当するとき
    2. 第10条(禁止事項)又は第23条(変更の届出)に違反したとき
    3. 第11条(利用料金)に定める支払期日を経過してもなお利用料金その他の当社に対する債務を弁済しないとき(当社がその弁済の事実を確認できない場合を含みます。)
    4. 当社に対して事実に反する内容の届出又は通知をしたとき
    5. 第三者による本サービスの利用に支障を与える又はそのおそれのある行為があったとき
    6. その他本規約に違反したとき
    7. 生活サポートサービス利用規約に違反し、生活サポートサービスの提供を中止されたとき
    8. その他当社の業務の遂行上支障があるとき
  2. 当社は、お客様に対し、前項の措置に替えて、又は前項の措置とともに、期限を定めて当該事由を解消することを求めることができるものとします。ただし、本項の定めは、当社が第19条(当社が行う契約の解除)に基づき有料契約を解除することを妨げるものではありません。
  3. 第(1)項に基づき当社が本サービスの提供を停止した場合であっても、お客様は利用料金及び生活サポートサービス利用料の支払義務を免れることはできません。

第17条(本サービスの廃止)

  1. 当社は、当社の都合によりいつでも本サービスの全部又は一部を廃止することができるものとします。この場合、本サービスサイト上に掲載する方法により、お客様に対してその旨を周知するものとします。なお、本サービスの全部が廃止された場合は、当該時点をもって利用契約及び有料契約は自動的に終了するものとします。
  2. 当社は、前項の定めに基づき本サービスの全部又は一部を廃止したことによりお客様に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。

第18条(お客様が行う契約の解約)

お客様は、利用契約及び有料契約の解約を希望する場合、当社所定の方法によりその旨を当社に申し出ることにより、利用契約及び有料契約を解約することができるものとします。

第19条(当社が行う契約の解除)

当社は、お客様が次の各号の一に該当すると当社が判断したときは、何らの催告を行うことなく、直ちに利用契約及び有料契約の全部又は一部を解除し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。

  1. 利用契約又は有料契約の申込内容が事実に反していることが判明したとき
  2. 第16条(提供停止等)第(1)項各号に定める事由のいずれかに該当するとして、本サービスの提供が停止された場合において、当該事由が当社の業務に支障を及ぼすおそれがあるとき、又は当社が指定する期限までに当該停止の原因となった事由を解消しないとき
  3. サービス契約者がXi/FOMA契約を締結していない場合にあっては、決済用クレジットカードで利用料金の支払ができない状態になったとき
  4. 第12条(電子チケットの対価の支払い)に基づく生活サポートサービス利用料の支払いが、支払期限を経過してもなおなされないとき
  5. 第10条(禁止事項)に違反したとき
  6. 本規約に基づく義務を履行する見込みがないと認められるとき
  7. 支払の停止があったとき、支払不能の状態に陥ったとき、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは特別清算開始の申立てがあったとき、手形交換所の取引停止処分を受けたとき、又は仮差押え、保全差押え若しくは差押えを受けたとき
  8. 当社に重大な危害若しくは損害を及ぼしたとき、又はそのおそれがあるとき
  9. その他本サービスの提供を継続できないと認められる相当の事由があるとき

第20条(契約の終了)

  1. 第17条(本サービスの廃止)第(1)項、第18条(お客様が行う契約の解約)及び前条のほか、サービス契約者と当社との間の本サービスに係るXi/FOMA契約が終了した場合又は、当該Xi/FOMA契約の名義変更、承継、改番、電話番号保管の手続が行われた場合若しくはdアカウント規約に基づくドコモ回線dアカウント又はキャリアフリーdアカウントが失効した場合は、当該終了の時点をもって有料契約も自動的に終了するものとします。
  2. 有料契約が終了した場合、本サービスのうちサービス契約者向けのサービスは利用できなくなります。ただし、当該終了日の属する月の末日までは、サービス契約者は第3条(本サービスの内容等)第(3)項②(i)に定める生活サポートサービス優待権提供サービスを利用できるものとし、有料契約終了の翌月1日をもって、サービス契約者とJBR社との間の生活サポートサービス契約が何らの手続きを要せず当然に終了するものとします。
  3. 有料契約が終了した場合であっても、第18条(お客様が行う契約の解除)に基づき利用契約が解約された場合又はドコモ回線dアカウント又はキャリアフリーdアカウントが失効した場合を除き、利用契約は引き続き有効に存続するものとします。

第21条(損害賠償の制限)

  1. 当社がお客様に対して損害賠償責任を負う場合であっても、当社がお客様に対して負う責任の範囲は、通常生ずべき直接の損害(逸失利益を除きます。)に限られるものとし、かつ、450円を上限とします。
  2. 当社の故意又は重大な過失によりお客様に損害を与えた場合は、前項の定めは適用しません。

第22条(通知)

  1. 当社は、本サービスに関するお客様への通知を、次の各号に掲げるいずれかの方法により行うことができるものとします。
    1. サービス契約者が有料契約に基づき当社に届け出ている氏名、名称、住所、請求書の送付先等への郵送による通知
    2. dアカウント規約に基づくドコモ回線dアカウント又はキャリアフリーdアカウントとしてお客様が利用するメールアドレス又はdアカウント規約に基づく予備メールアドレスへの電子メールによる通知
    3. お客様がXi/FOMA契約に基づき当社に届け出ている氏名、名称、住所、請求書の送付先等への郵送による通知
    4. お客様がXi/FOMA契約に基づき利用するspモード電子メール若しくはiモード電子メール(当社が別途定めるspモードご利用細則若しくはiモードご利用規則に基づくメッセージR(リクエスト)及びspモードメール若しくはiモードメールを指します。)のメールアドレスへの通知又はXi/FOMA契約の契約約款に定めるショートメッセージ通信モード(SMS)による通知
    5. その他当社が適当と判断する方法
    6. 前項各号に掲げる方法によるお客様への通知は、当社が前項に定める通知を発した時点になされたものとみなします。
    7. 当社は、第(1)項各号に掲げる方法のほか、本サービスサイト上にその内容を掲載することをもって、本サービスに関するお客様に対する通知に替えることができるものとします。この場合、当社が当該通知内容を本サービスサイト上に掲載した時点をもって当該通知がお客様に対してなされたものとみなします。

第23条(変更の届出)

  1. お客様は、氏名、名称、住所、電話番号その他の本サービスに関する当社への届出内容に変更があった場合は、速やかに当社に届け出るものとします。なお、届出内容に変更があったにもかかわらず、当社に届出がない場合(届出後、当社がその変更内容を確認できるまでの間を含みます。)、本規約に定める当社からの通知については、当社がお客様から届出を受けている連絡先への通知をもってその通知を行ったものとみなします。
  2. 前項の届出があった場合、当社は、その届出のあった事実を確認するための書類の提示又は提出をお客様に求める場合があり、お客様はこれに応じるものとします。

第24条(残存効)

利用契約又は有料契約が終了した後も、第8条(本サービスの非保証等)、第11条(利用料金)、第14条(個人情報)、第15条(提供中断等)第(4)項、第17条(本サービスの廃止)第(2)項、第21条(損害賠償の制限)、第27条(権利の譲渡等)、第28条(合意管轄)及び第29条(準拠法)の定めは、なお有効に存続するものとします。

第25条(反社会的勢力の排除)

  1. お客様は、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
    1. 自ら(法人その他の団体にあっては、自らの役員を含みます。)が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下総称して「暴力団員等」といいます。)であること。
    2. お客様が法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
    3. お客様が法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
    4. 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって取引を行うなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
    5. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
    6. お客様が法人その他の団体の場合にあっては、自らの役員又は自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
  2. お客様は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い、又は威力を用いて、当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

第26条(規約の変更)

当社は、本サービスサイトへの掲載その他あらかじめお客様に周知することにより、本規約を変更することができるものとします。なお、本規約が変更された場合は、当該変更後の本規約が適用されます。

第27条(権利の譲渡等)

お客様は、利用契約又は有料契約に基づき当社に対して有する権利又は当社に対して負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供することはできません。

第28条(合意管轄)

お客様と当社との間で利用契約又は有料契約に関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第29条(準拠法)

利用契約及び有料契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

附則(平成28年12月19日)
本規約は、平成28年12月19日から実施します。


  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
このページのトップへ