iPhone・iPadでドコモメールを使う

iPhone・iPadに搭載されている標準のメールソフトでドコモメールサービスをご利用いただけます。
初めてご利用になる場合は、下記設定が必要です。

設定手順

  • 1. メールアドレスを自分好みに変更する

    開く

    メールアドレスを変更しない場合、手順2へお進みください。
    dアカウントをお持ちでない場合、本設定はWi-Fiをオフにしてからご利用ください。
    メールアドレスを変更したことがない場合、メールアドレスは「ランダムな英数字の組み合わせ@docomo.ne.jp」が登録されています。ご自身の希望するメールアドレスへ変更するためには、「メールアドレス変更」より変更してください。

    別ウインドウが開きますメールアドレスの変更

    別ウインドウが開きます現在のメールアドレスの確認はこちら

  • 2. dアカウントを発行する

    開く

    既にdアカウントのID、パスワードをお持ちの場合、手順3へお進みください。本設定は、必ずWi-Fiをオフにしてからご利用ください。
    dアカウント(旧docomo ID)とはスマートフォン、タブレット、パソコンなどでドコモのサービスを利用する際に必要なお客様IDです。
    dアカウントをお持ちでない方は、「dアカウントポータルサイト」をご確認いただき、新規にdアカウントを発行してください。

    • docomo IDをお持ちの方は、そのままdアカウントとしてご利用頂けます。

    別ウインドウが開きますdアカウントポータルサイト

  • 3. iPhone初期設定

    開く

    iPhoneでドコモメールを利用するための初期設定を行います。以下の「iPhone初期設定」からiPhone初期設定を実施してください。本設定は、必ずWi-Fiをオフにしてからご利用ください。

    別ウインドウが開きますiPhone初期設定

    • iPhone初期設定を行うにはdアカウントのID、パスワードが必要です。
    • iPhoneのテザリング機能を利用して接続した機器から本設定を行わないでください。正常にプロファイルがダウンロードされず、利用設定が正しく設定されません。
    • “ドコモメール利用設定”プロファイルを設定されているお客様が、“iPhone利用設定”のプロファイルを設定すると、「ドコモメール」のアカウントが2つ表示されます。その際には“ドコモメール利用設定”のプロファイルを削除してください。

    利用設定手順

    上記「iPhone初期設定」からアクセスした場合は、【3】からご確認ください。

    利用設定手順1の画像
    【1】ホーム画面から「Safari」をタップし、ブックマークアイコンをタップして「My docomo(お客様サポート)」をタップします。
    利用設定手順2の画像
    【2】「プロファイル設定」をタップし、「iPhone初期設定」をタップします。
    利用設定手順3の画像
    【3】dアカウントのIDとパスワードを入力し、「次へ進む」をタップします。
    利用設定手順4の画像
    【4】「メッセージS利用許諾内容に同意する」の選択し「次へ」をタップします。1
    利用設定手順5の画像
    【5】「設定する」を選択し「次へ」をタップします。
    利用設定手順6の画像
    【6】「許可」をタップします。
    • 「無視」をタップした場合、設定が正しく完了しません。ブックマークアイコンをタップして【1】からやり直し、「許可」を選択するようにしてください。
    利用設定手順7の画像
    【7】プロファイルのインストール画面が開きます。「インストール」をタップします。
    利用設定手順8の画像
    【8】パスコードの設定をしている方はパスコードを入力します。1
    利用設定手順9の画像
    【9】警告画面が表示されますが問題ありません。「インストール」をタップします。2
    利用設定手順10の画像
    【10】ポップアップが表示されます。「インストール」をタップ
    利用設定手順11の画像
    【11】「『差出人』として受信者側に表示される名称」を入力し「次へ」をタップします。
    • 受信者の設定により、表示されない場合があります。3
    利用設定手順12の画像
    【12】「完了」をタップします。
    利用設定手順13の画像
    【13】この画面が表示されれば、設定は完了です。
    1. ご利用状況によって画面の内容が異なる、もしくは表示されない場合があります。表示されない場合は次の手順へそのまま進んでください。
    2. パスコードを設定している場合、パスコードの入力画面が表示されます。
    3. 半角スペースだけを入力するとメールが送信できないため、必ず文字を入力してください。
    「iPad初期設定へ」のアクセス
    「iPad初期設定へ」のアクセス 手順1の画像
    【1】「プロファイル設定」をタップします。
    「iPad初期設定へ」のアクセス 手順2の画像
    【2】「iPad初期設定へ」をタップします。
  • 4. 自動受信設定

    開く

    データ取得方法を選択

    新着メールを受信した時に、バナーもしくはダイアログで確認できるように、端末の設定を実施します。

    • メッセージR/Sは、自動受信に対応しておりません。

    設定>アカウントとパスワード>データの取得方法

    自動受信設定 手順1の画像
    【1】データ取得方法画面で、プッシュが「オン(緑色の表示)」になっていることを確認し、ドコモメールをタップします。
    • プッシュが「オン」になっていない場合は、タップしてオンに切り替えてください。
    自動受信設定 手順2の画像
    【2】「プッシュ」にチェックが入っていることを確認します。
    • プッシュ以外にチェックが入っている場合、プッシュをタップしてチェックを入れてください。
    • 「プッシュ対象メールボックス」にチェックが入っているフォルダが自動受信対象となります。

    通知方法の選択

    設定>通知>メール

    通知方法の選択 手順1の画像
    【1】通知を許可が「オン(緑色の表示)」になっていることを確認し、「ドコモメール」をタップします。
    • 通知を許可が「オン」になっていない場合は、タップしてオンに切り替えてください。
    通知方法の選択 手順2の画像
    【2】お好みの通知のスタイルを選択してください。
  • 5. メールボックス設定

    開く

    送信済メールと削除済メールをドコモメールサーバに保存できるように端末の設定を実施します。
    本設定を行わない場合、メールをゴミ箱から削除する際、正常に削除されないなど正しくご利用になれない場合があります。

    送信済メールと削除済メールの設定方法

    設定>アカウントとパスワード

    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順1の画像
    【1】「ドコモメール」をタップします。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順2の画像
    【2】「アカウント」をタップします。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順3の画像
    【3】「詳細」をタップします。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順4の画像
    【4】「送信済メールボックス」をタップします。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順5の画像
    【5】「Sent」を選択し、「詳細」をタップして戻ります。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順6の画像
    【6】「削除済メールボックス」をタップします。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順7の画像
    【7】「Trash」を選択し、「詳細」をタップして戻ります。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順8の画像
    【8】「アカウント」をタップします。
    送信済メールと削除済メールの設定方法 手順9の画像
    【9】「完了」をタップします。
    • ここで「完了」をタップしないと設定が反映されません。

困ったときは

iPhone・iPadでのドコモメールご利用において、お困りのことがありましたら「困ったときは」をご確認ください。

設定一覧

ドコモメールをご利用する際に関係する主な設定については「設定一覧」をご確認ください。

ご注意事項

iPhoneでドコモメールをご利用いただく前に必ずご確認ください。


  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ