探される側の事前設定方法

イマドコサーチは探される側も設定が必要です。

【事前にチェック!】探される側設定のポイント

「位置提供設定」をONにする:探される方のケータイで設定しましょう。「探される時の設定」を行う:設定お願いメールを使って設定しましょう。

位置提供設定

携帯電話の「位置提供設定」をONに設定しましょう。

「位置提供設定」をONにするイメージ

探される時の設定

探す方のお申込み後に、「設定お願いメール」が届きます。メールから設定ページに入って設定をしましょう。

「探される時の設定」を行うイメージ

探される側の設定

1.携帯電話の設定(「位置提供設定」をONにする)

iPhoneをご利用の場合、位置提供サービスが有効になっている必要があります。
位置情報サービス設定を有効にし、一覧にSafariが表示されている場合はあわせて許可にしておいてください。
あんしんフィルター for docomoをご利用の場合は、あんしんフィルター for docomoを許可にしてください。

手順1の画像
「設定」から「プライバシー」をタップしてください。
手順2の画像
「位置情報サービス」をタップしてください。
手順3の画像
「Safariのサイト」を許可にしてください。
手順3の画像
「あんしんフィルター for docomo」を許可にしてください。

一覧にSafariもしくはあんしんフィルター for docomoが示されていない場合でも、位置情報サービスが有効になっていれば、探された時にSafariもしくはあんしんフィルター for docomoを許可にすることができます。Safariもしくはあんしんフィルター for docomoを許可にした後に、イマドコサーチのURLから位置情報の利用許可を求められる場合がありますので、あわせて許可にしてください。

Safariをご利用の場合

手順4の画像
探された時の検索確認メッセージを受信します。
手順5の画像
「許可」をタップし許可してください。
手順6の画像
「OK」をタップし許可してください。

あんしんフィルター for docomoをご利用の場合

手順4の画像
探された時の検索確認メッセージを受信します。
手順5の画像
「許可」をタップし許可してください。
手順6の画像
「OK」をタップし許可してください。

2.設定サイトでの設定(「探される時の設定」を行う)

イマドコサーチの探される側として登録されると、検索の許可をお願いする通知が届きます。探される側は、検索者ごとに、検索を許可したり、拒否したりすることができます。

2-1.メッセージが届きます。

赤枠で囲った箇所をタップしてください。

Safariをご利用の場合

設定お願いメールの画面イメージ

あんしんフィルター for docomoをご利用の場合

設定お願いメールの画面イメージ

赤枠で囲った箇所をタップしてください。

  • ドコモ ケータイ(iモード)の「設定お願いメール」に相当する通知です。
  • Wi-Fi接続中でURLを選択した場合、エラー画面が表示される場合がありますが、許可の設定となる場合があります。
  • ドコモ ケータイ(iモード)の「設定お願いメール」に相当する通知です。
  • Wi-Fi接続中でURLを選択した場合、エラー画面が表示される場合がありますが、許可の設定となる場合があります。

dメニューから設定サイトへのアクセス方法

「探される時の設定」は、dメニューからいつでも変更できます。
dメニュー→My docomo(お客様サポート)→設定(メール等)→位置情報利用設定→設定を確認・変更する→イマドコサーチ設定→探されるときの設定

  • 設定サイトへのアクセスにはspモードパスワードまたはネットワーク暗証番号が必要です。Xi/FOMA利用時(spモード)のみ接続できます(Wi-Fiでは接続できません)

2-2.検索者の電話番号ごとに設定を選択することができます。

探されるときの設定の画面イメージ

検索者の電話番号ごとに、「許可」、「毎回確認」、「拒否」のいずれかを選択することができます。

  • 設定サイトへのアクセスにはspモードパスワードまたはネットワーク暗証番号が必要です。Xi/FOMA利用時(spモード)のみ接続できます(Wi-Fiでは接続できません)。
  • 検索許可、拒否の設定ができるのは20人までです。
  • パケット通信料は無料です(海外からのアクセスの場合は有料となります)。

探された時の応答方法

探された時の応答方法の画像
探された時の応答方法の画像
「許可」に設定した場合

Safariをご利用の場合

検索をお知らせする画面のイメージ

あんしんフィルター for docomoをご利用の場合

検索をお知らせする画面のイメージ

探される側が一定時間内に許可の応答をすることで、詳細な位置情報が通知されます。拒否の応答をすると位置情報が通知されません。
応答しなかった場合は、基地局をつかったおおまかな測位(測位レベル1、2)になります。

「毎回確認」に設定した場合

Safariをご利用の場合

検索許可をお願いする画面のイメージ

あんしんフィルター for docomoをご利用の場合

検索許可をお願いする画面のイメージ

探される側が一定時間内1に応答をすることで、詳細な位置情報が通知されます。
応答しなかった場合は、位置情報が通知されません。

  1. 探される側の居場所は、約40秒以内で応答しないと送信されません。
「拒否」に設定した場合

検索されることはありません。
また、検索者が検索しても探される側には通知されません。

  • 探される時の設定が「拒否」に設定されていることにより検索できなかった場合でも、検索者には、圏外などによる検索失敗理由と同様の内容が通知されます。探される側のプライバシー保護を考慮し、検索失敗となった理由を検索者にはお伝えしません。
位置情報の確認が表示されなくなった場合

位置情報の確認画面が表示されなくなった場合などは、リセット画面から「位置情報とプライバシーをリセット」を行ってください。(ほかの設定も初期化されるため、ご注意ください)

位置情報の確認が表示されなくなった場合の画像
サウンド設定の変更

検索確認メッセージを受信した時のサウンド設定を変更できます。バイブレーションのパターンや着信音などをお好みの設定に変更することで、メッセージに気付きやすくなります。

サウンド設定の変更の画像

  • 画面はイメージです。

探される側の設定に関するご注意やお困りの方

探される側の設定に関するご注意やお困りの方。


  • 「Android」「Google Play」は、Google LLC の商標または登録商標です。
  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2019 Apple Inc. All rights reserved.
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
このページのトップへ