探される側のご利用方法 : ドコモ スマートフォン/タブレット/ケータイ(spモード)の場合

事前設定

1.位置提供可否設定

検索のお知らせを受信できるようにするには、「位置提供可否設定」を「位置提供ON」に事前に設定しておく必要があります。

  • イマドコサーチと共通です。
  • 2017年5月以降発売の機種

    開く

    2017年5月以降発売の機種の画像
    「設定」を選択します。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    「ドコモのサービス/クラウド」を選択します。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    「ドコモ位置情報」を選択します。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    上記画面の内容を確認し、チェックを入れ、「利用開始」を選択します。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    「位置提供設定」を選択します。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    画面ロックを解除します。
    • 画面ロックを設定していない場合は、設定してください。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    「位置提供」を選択します。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    「位置提供ON」を選択し、「OK」をタップします。
    2017年5月以降発売の機種の画像
    位置提供設定がONになっているメッセージが表示されます。
  • 2017年4月以前発売の機種

    開く

    ドコモ スマートフォン/タブレットでアプリ一覧に「ドコモ位置情報アプリ」がある場合

    画面イメージ(1):「ドコモ位置情報アプリ」を起動します。画面イメージ(2):ソフトウェア利用許諾契約書をご確認の上、「同意する」にチェックを入れ、「利用開始」を選択します。画面イメージ(3):「位置提供設定」を選択します。画面イメージ(4):ドコモアプリパスワードを入力し、「OK」を選択します。
    画面イメージ(5):「位置提供」を選択します。画面イメージ(6):「位置提供 ON」を選択します。画面イメージ(7):「位置提供 ON」になっていることを確認し、「登録」を選択します。画面イメージ(8):設定が完了します。

    ドコモ スマートフォン/タブレットでドコモサービス(設定内)に「ドコモ位置情報アプリ」がある場合

    画面イメージ(1):「設定」アプリを起動します。画面イメージ(2):「ドコモサービス」を選択します。画面イメージ(3):「ドコモ位置情報」を選択します。「ドコモ位置情報アプリ」を起動後はアプリ一覧から起動した場合と同様です。

    ドコモ ケータイ(spモードケータイ)の場合

    画面イメージ(1):「設定」を選択します。画面イメージ(2):「ドコモサービス」を選択します。画面イメージ(3):「ドコモ位置情報」を選択します。「ドコモ位置情報アプリ」を起動後はアプリ一覧から起動した場合と同様です。
  • dtab Compact d-01Jについては、2017年4月以前発売の機種をご参照ください。
  • 「位置提供可否設定」を「電話帳登録外拒否」にした場合、電話帳登録していない相手に居場所は送信されません。
  • 詳しくは電話帳登録外拒否機能対応機種をご覧ください。

    電話帳登録外拒否機能対応機種

2.GPS設定

GPSによる測位を利用するには、本体設定の位置情報からGPSを利用する設定にしてください。

  • イマドコサーチと共通です。
画面イメージ(1):「設定」から「位置情報」を選択起動します。画面イメージ(2):ONにし、「モード」を選択します。画面イメージ(3):「位置情報モード」から「高精度」を選択します。

GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークを利用する設定にすると、測位レベルが向上する場合があります。

  • 画面内の設定名称は、機種により異なる場合があります。

探されたときの操作について

探す方が「いますぐ検索」ボタンを押すと、探される方に、探す方の携帯電話番号と検索のお知らせを通知します。探される方が位置情報の送信を許可すると、居場所を地図で確認できます。

検索を許可する方法

検索されると確認画面が表示され、「イマドコかんたんサーチ」と探した相手の名前または電話番号が表示されます。送信先の相手を確認し、居場所を送信する場合は「はい」1を押します。

検索を許可する方法のイメージ

検索されると確認画面が表示され、「イマドコかんたんサーチ」と探した相手の名前または電話番号が表示されます。送信先の相手を確認し、居場所を送信する場合は「はい」1を押します。

検索を許可する方法のイメージ
  1. 「はい」を押した時点で基地局測位結果が通知されますが、GPS測位中にクリアボタンなどで中断するとGPS測位結果は通知されません。

検索を拒否する方法

位置提供の確認画面で、「いいえ」2を押す、または、応答しなければ位置情報は送信されません。(電源OFFや圏外の場合と同じく検索失敗になります。)

検索を拒否する方法のイメージ

位置提供の確認画面で、「いいえ」2を押す、または、応答しなければ位置情報は送信されません。(電源OFFや圏外の場合と同じく検索失敗になります。)

検索を拒否する方法のイメージ
  1. 「いいえ」を押したり、応答しないことで位置情報を送信しなくても、探す方に検索失敗となる理由は通知されません。
  • 探される方の位置情報送信は約20秒以内で応答しないと位置情報が通知されません。
  • Wi-Fi利用時に探されると自動的にXi/FOMA接続に切り替わり、他のアプリの自動通信により通信料がかかる場合があります。

事前に検索の許可・拒否を設定する場合

特定の人からのみ検索の許可をしたいとき、もしくは誰からも探せなくする設定をしたいときは、イマドコかんたんサーチ設定ページへアクセスし、以下の設定を行ってください。

イマドコかんたんサーチ設定ページへのアクセス方法

dメニュー → My docomo(お客様サポート) →設定(メール等)→ 位置情報利用設定 → 設定を確認・変更する → イマドコかんたんサーチ設定

  • 設定サイトへのアクセスにはspモードパスワードまたはネットワーク暗証番号が必要です。
    また、Xi/FOMA利用時(spモード)のみ接続可能です(Wi-Fiでは接続できません)。

指定許可/拒否設定

「この人からの検索のみ許可する」「この人からの検索は拒否する」といった「指定許可/拒否設定」を設定できます。

指定許可/拒否設定画面のイメージ

「この人からの検索のみ許可する」「この人からの検索は拒否する」といった「指定許可/拒否設定」を設定できます。

  • 指定したい相手の電話番号を入力して指定します。(指定許可ではニックネームも登録できます。)
  • 指定許可/指定拒否ともに最大40件まで番号を指定できます。
  • 指定許可設定中は、設定した電話番号の相手からの検索のみ受信します。
    (検索の都度、位置情報の送信を許可する必要があります。)
  • 指定拒否設定中は、設定した電話番号の相手からの検索は拒否されます。
  • 指定許可/指定拒否を設定していても、設定した電話番号の相手に設定内容は通知されません。

機能停止/再開設定

イマドコかんたんサーチの機能を停止し、検索者からの検索を一括で停止/再開できます。

機能停止/再開設定画面のイメージ

イマドコかんたんサーチの機能を停止し、検索者からの検索を一括で停止/再開できます。

機能停止/再開設定画面のイメージ
  • 初期設定は機能利用中状態で提供しています。
  • 機能停止を設定していても、探す方に設定内容は通知されません。

  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2019 Apple Inc. All rights reserved.
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
このページのトップへ