ご注意事項

ご利用上の注意事項

  • iモード携帯電話が圏外にある場合などには、iモードメールが利用できないことがあります。
  • 状況によっては受信に遅延が生じる場合があります。
  • パソコンなどのメールソフトによっては、正しく送受信できない場合があります。
  • 添付ファイルのデータ量により送受信できる文字数が少なくなります。
  • 題名、本文など送信できる文字数を超えた場合は、超えた部分を自動的に削除します。
  • 極端に大きなバイト数のメールを受信した場合は、iモードセンタでメールを受信せず、エラーメッセージとともに送信者に返送する場合があります。
  • 日本語、英数字記号、絵文字以外の文字入力が可能な機種から、前述の文字以外の文字入りのメールを送受信した場合、同一文字数であってもデータ量が異なる場合があります。また、受信側機種で対応していない文字の場合は、正しく表示されません。
  • 携帯電話の受信BOXや送信BOXが一杯の場合、メールの送受信により古いメールから自動的に削除されます。
    • 大容量メールを送受信される場合には一度に複数のメールが削除されることがありますのでご注意願います。
  • 機能・サービスにより対応機種が限られるものがあります。
  • iモードメール宛に「本文を改行せず記載されたメール」を送信いただいた場合、送信メールサービスご利用者様に「Line Too Long」というエラーが表示される場合がございます。エラーが表示された場合には、メール本文を改行することで送信が完了する場合がございます。

同報メールを大量に送信されるお客さまへ

同報メールを効率よく円滑に送信いただくために、送信方法、幾つかの注意点についてご説明いたします。

同報メールを大量に送信されるお客さまへ

送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)について

iモードセンタでは、お客さま設定により送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)を利用する場合があります。
その際、送信側DNSサーバのSPF(TXT)レコードを参照しますので、メール配信を行う際はご注意ください。

送信ドメイン認証(Sender ID/SPF)について

ドコモ以外にメールを送信し、エラーとなった場合について

ドコモのケータイ回線をご利用のお客さまがドコモ以外にメールを送信し、エラーとなった場合に、以下のようなエラーメッセージを受信します。

主なエラーメールの例

主なエラーメールの例の画像
主なエラーメールの例の画像
このページのトップへ