操作方法

画面構成

  • 画面は、 ① センターエリア(文字入力操作) ② 左サイドエリア ③ テキスト入力エリア ④ 右サイドエリアの4つのエリアに分割。
  • 左右サイドエリア幅:1cm(大体指1本分)
画面イメージ:アプリ画面。(1)センターエリア(文字入力操作)。(2)左サイドエリア。「ヨミアゲ」、「こがき」、「切替」(かな、数字、英字)。(3)テキスト入力エリア。(4)右サイドエリア「変換」、「削除」、「実行」。の4つのエリアに分割。(5)画面最下部にはキーボード切替ボタン。※通常のキーボードと切り替え。画面イメージ:アプリ画面。(1)センターエリア(文字入力操作)。(2)左サイドエリア。「ヨミアゲ」、「こがき」、「切替」(かな、数字、英字)。(3)テキスト入力エリア。(4)右サイドエリア「変換」、「削除」、「実行」。の4つのエリアに分割。(5)画面最下部にはキーボード切替ボタン。※通常のキーボードと切り替え。

基本動作

画面イメージ:「フルアクセスを許可にすると、読み上げ機能が利用できます。」のポップアップ

左のようなポップアップが表示される場合は、iPhoneのキーボード設定でMove&Flickの「フルアクセスを許可」がオンにされていません。
設定方法については、「アプリダウンロード方法・利用開始設定など」をご確認ください。

Move&Flickでは、指を画面に触れたまま離さず、上下左右の4方向に斜めの4方向を加えた8方向のいずれかに動かして(Move)、そこからまた指を同様の8方向のいずれかに動かして離します(Flick)。つまり、指を2回動かして離すことで文字が入力できます。

<操作用語>
呼称 定義 利用シーン例
(かな入力の場合)
タップ 画面を触り、すぐに指を離す動作です。画面を「トン」と叩くように操作します。 触れたエリア(センターエリア・右サイドエリア・左サイドエリア)の確認
タッチ 画面に触れる動作です。画面に「トン」に触るように操作します。 子音「あかさたな」を選択できるサークルを表示
フリック 画面を触り、すぐに指をはじく動作です。画面を指で払うように操作します。 文字入力(ひらがな)
スライド 画面を触り、指を画面に触れたまま、指を移動する操作をします。 文字入力(子音の選択)
タップ&タッチ 画面を触った後、一度指を離し、再度画面に触れたままにする操作です。画面に「トントン」とリズミカルに触れることがポイントです。 子音「はまやらわ」を選択できるサークルを表示
ダブルタップ 画面を触り、すぐに指を離し、再度画面を触れすぐに指を離す操作です。画面を「トントン」と叩くように操作します。 キーボード切替ボタンで通常のキーボードと切替

1.かな入力

ローマ字方式で、子音の後に母音を選んで入力します。子音は、タッチで「あかさたながざだ」を選択、タップ&タッチで「はまやらわばぱ」を選択します。

画面イメージ:画面をタッチ。指を右斜めウエにスライド。そのまま指を右にスライドし、「く」と読み上げられたら、指を離す。

例えば、「ろ」を入力する場合

画面イメージ:画面をタップ&タッチ。指を右斜めシタにスライド。そのまま指を下にスライドし、「ろ」と読み上げられたら、指を離す。

2.英字入力

例えば、英字の「d」を入力する時
左サイドエリアから下にフリックして「英字入力モード」を選択する。

画面イメージ:画面をタッチ。指を右斜めウエにスライド。そのまま指を上にスライドし、「d」と読み上げられたら、指を離す。
  • 初回起動時は「かな入力モード」になっています。「英字入力モード」への切り替え方法は6.左サイドエリアの(3)入力モード切り替えをご覧ください。

3.数字入力

例えば、数字の「1」を入力する時
左サイドエリアから下に2回フリックして「数字入力モード」を選択する。

画面イメージ:画面をタッチ。指を上にスライドし、「1」と読み上げられたら、指を離す。
  • 初回起動時は「かな入力モード」になっています。「数字入力モード」への切り替え方法は6.左サイドエリアの(3)入力モード切り替えをご覧ください。

4.キャンセル

入力の途中で操作を間違えたときなどに、キャンセルすることができます。

画面イメージ:入力操作を間違えたときは、指を画面にタッチしたまま。他の指で画面をタッチし、指を二本とも画面から離すと、キャンセルされる。

5.記号入力

入力できる記号は、「かな入力モード」、「英字入力モード」、「数字入力モード」でそれぞれ異なります。

(1)かな入力モード
全角記号を入力できます。入力できる全角記号:「。」「、」「!」「?」「―」

例えば、「。」を入力する場合

画面イメージ:画面をタップ&タッチ。指を左斜めシタにスライド。そのまま指を上にスライドし、「くてん」と読み上げられたら、指を離す。

(2)英字入力モード
半角記号を入力できます。
基本はタップ&タッチで入力しますが、よく使う半角記号はタッチでも入力できます。

入力できる記号
操作 入力できる記号
タッチ
「.」、「,」、「!」、「?」、「-」、半角スペース
タップ&タッチ
「.」、「!」、「,」、「?」、「<」、「)」、「>」「(」、「〜」、「-」, 「_」、「=」、「%」、「\」、「&」、「$」、「@」、「;」、半角スペース、「:」、「'」、「#」、「"」、「*」、「-」、「/」、「+」

①例えば、「:」を入力する場合
左サイドエリアから下にフリックし、「英字入力モード」を選択

画面イメージ:画面をタップ&タッチ。指を下にスライド。そのまま指を左にスライドし、「:」と読み上げられたら、指を離す。

②例えば、タッチで「.」を入力する場合
左サイドエリアから下にフリックし、「英字入力モード」を選択

画面イメージ:画面をタッチ。指を上にスライド。そのまま指を左にスライドし、「.」と読み上げられたら、指を離す。

(3)数字入力モード
入力できる記号:タッチで「=」「+」「-」、タップ&タッチで「.」「*」「/」
左サイドエリアから下にフリックし、数字モードを選択

(4)右サイドエリア
右サイドエリアの「変換」から全角記号を入力することができます。(どの入力モードでも入力可能です。)
操作方法は7.右サイドエリアの(1)変換をご確認ください。

6.左サイドエリア(読み上げ、小書き、入力モード切り替えなど)

左サイドエリアでは、「読み上げ」「小書き」「入力モード切り替え」などの機能を使用できます。

画面イメージ:赤い部分をタッチ。左サイドエリアの機能が表示される。

(1)読み上げ
入力した文字や文章の読み上げや、現在の入力モード(かな入力モード・英字入力モード・数字入力モード)の読み上げをします。

画面イメージ:「入力した文字や文章の読み上げ」の左サイドエリアをタッチしたまま指を上にスライドし、そのままウエにフリックする。もしくは、センターエリアを指二本で上にフリックする。「入力モードの読み上げ」の(1)読み上げる内容 現在の入力モードを読み上げます。(2)操作方法 左サイドエリアをタッチしたまま指を上にスライドし、右にフリックする。
  • 入力方法によっては、記号を読み上げない場合があります。あらかじめご了承ください。

(2)かなの小書きと英字の大文字の入力方法

①かな入力モード

小さい「や」「つ」「ゆ」「わ」「よ」「あ」「い」「う」「え」「お」の入力

入力方法は、小書き入力1・小書き入力2の2つの方法から選べます。(初期設定は小書き入力1です。)

  • 入力方法の変更については、「アプリダウンロード方法・利用開始設定など」をご確認ください。

<1>小書き入力1
左サイドエリアで、入力したい小書き文字を選択する入力方法です

例えば、「小さいつ」を入力する場合
画面イメージ:左サイドエリアをタッチ。指を右にスライド。そのまま指を右斜めウエにスライドし、「つ」と読み上げられたら、指を離す。
例えば、「小さいえ」を入力する場合
画面イメージ:左サイドエリアをタップ&タッチ。指を右にスライド。そのまま指を右斜めシタにスライドし、「え」と読み上げられたら、指を離す。

<2>小書き入力2
文字入力後に左サイドエリアで右フリックすると小書き文字に変換する入力方法です。
ひらがなの大文字で入力した後に、入力した文字を小書きに変更します。

例えば、「小さいつ」を入力する場合
画面イメージ:センターエリア(文字入力操作)で「つ」を入力。左サイドエリアをタッチし、指を右にスライドし「小書き変換」と読み上げられたら指を離す。指を離した後に「小さいつ」と読み上げられる。

②英字入力モード
アルファベットの大文字・小文字の切り替え

左サイドエリアから下にフリックし、「英字入力モード」を選択

画面イメージ:左サイドエリアをタッチ。指を右にスライドし、「英字切り替え」と読み上げられたら、指を離す

(3)入力モード切り替え
入力モード(かな入力モード・英字入力モード・数字入力モード)の切り替えを行います。
切り替え方法は二つあります。

「モード切り替え」の画面イメージ:<操作方法>左サイドエリアをタッチしたまま、下にフリックする。※かな入力モード→英字入力モード→数字入力モード→かな入力モード・・・という順番で切り替わります。「入力したいモードに一度で切り替え」のかな入力モードへの切り替えは左サイドエリアをタッチしたまま指を下にスライドし、そのまま右斜めウエに指をスライドし、「かな」と読み上げられたら、指を離す。英字入力モードへの切り替えは左サイドエリアをタッチしたまま指を下にスライドし、そのまま右に指をスライドし、「英字小文字」と読み上げられたら、指を離す。数字入力モードへの切り替えは左サイドエリアをタッチしたまま指を下にスライドし、そのまま右斜めシタに指をスライドし、「数字」と読み上げられたら、指を離す。

7.右サイドエリア(変換、削除、実行など)

右サイドエリアでは、「変換」「削除」「実行」などの機能を使用できます。

画面イメージ:赤い部分をタッチ。右サイドエリアの機能が表示される。

(1)変換
漢字等への変換を行います。テキスト入力エリアに文字がない場合は、スペースが入力されます。

画面イメージ:右サイドエリアをタッチし、上にフリック。左右にフリックすることで変換候補を探す。変換したい候補が読み上げられたら、実行の操作をする。

他にも、以下のような機能が使用できます。

画面イメージ:「カタカナ変換」の右サイドエリアをタッチしたまま指を上にスライドし、左斜めウエにフリックする。「カーソル」の右サイドエリアをタッチしたまま指を上にスライドし、左にフリックする。上下、左右にフリックしてカーソルを移動させる。「記号」の右サイドエリアをタッチしたまま指を上にスライドし、左斜めシタにフリックする。記号の変換候補を左右にフリックする。変換したい候補が読み上げられたら、実行の操作をする。

(2)削除
文字の削除を行います。

画面イメージ:右サイドエリアをタッチしたまま指を左にスライドする。そのまま左にフリックすると一文字削除される。
画面イメージ:「全削除」の右サイドエリアをタッチしたまま指を左にスライドし、上にフリックする。「元に戻す」の①元に戻す内容 削除・全削除したものを元に戻します。①操作方法 右サイドエリアをタッチしたまま指を左にスライドし、下にフリックする。

(3)実行
入力した文字や変換候補を確定することができます。文字がないときは、改行されます。

画面イメージ:右サイドエリアをタッチしたまま指を下にスライド。そのまま左にフリックすると実行される。
  • 変換候補の確定、記号入力の確定、カーソルの確定は、Move&Flickのアプリ内どこでも一本指でダブルタップする事でも実行する事ができます。

他にも以下のような機能を使用できます。

他にも以下のような機能を使用できます。
変換 文字が入力されているときに右サイドエリアをタッチしたまま指を下にスライドし、そのまま下にフリック。変換候補を左右にフリックし、変換したい候補が読み上げられたら、「実行」の操作を行う。
  • 文字が入力されていない時はスペースが入力されます。

8.練習モード

練習モードの「レッスン」、「総合問題」は、以下操作性になります。

(1)画面遷移

(例)レッスン1
基本的なフローは、他のレッスンに関しても同じになります。

画面イメージ:「練習モード」の「レッスン選択」画面
1.「レッスン選択」画面で練習したい項目を選択します。
(こちらでは、例として「レッスン1 エリア確認」でフローのご説明をします)
画面イメージ:「レッスン1 エリア確認」の「レッスンメニュー選択」画面
2.「レッスンメニュー選択」画面で「練習」を選択します。(練習をせずにゲームを開始する場合は、「ゲーム」を選択してください)
画面イメージ:「レッスン1 エリア確認」の「センターエリアのタッチ練習」画面
3.練習を開始します。アプリの指示に従って操作をしてください。
画面イメージ:「練習終了!次の操作を選択してください」のポップアップ
4.練習終了です。ゲームを開始する場合は「ゲームへ」を選択してください。
(再度、練習したい場合は、「もう一度練習する」を選択してださい)
画面イメージ:「レッスン1 エリア確認」の「いろいろなエリアにタッチしてみましょう。」画面
5.ゲームを開始します。アプリの指示に従って操作をしてください。
画面イメージ:「レッスン1 エリア確認」の「ゲーム結果」画面
6.ゲーム終了です。ゲームの結果、また直近の結果の中からベストスコアが表示されます。
画面イメージ:「レッスン1 エリア確認」の「直近の結果」画面
7.直近の結果の一覧を確認することができます。

(2)レッスンの種類

画面イメージ:「レッスン1 エリア確認」の「練習の説明」の「画面の配置を覚えよう」画面
レッスン1 エリア確認
画面イメージ:「レッスン2 指の動かし方」の「練習の説明」の「指の動かす方向を覚えよう」画面
レッスン2 指の動かし方
画面イメージ:「レッスン3 ひらがなの入力1」の「練習の説明」の「ひらがなを入力してみよう1」画面
レッスン3 ひらがなの入力1
画面イメージ:「レッスン4 ひらがなの入力2」の「練習の説明」の「ひらがなを入力してみよう2」画面
レッスン4 ひらがなの入力2
画面イメージ:「レッスン5 左サイドエリアの練習」の「練習の説明」の「左サイドの機能を覚えよう」画面
レッスン5 左サイドエリアの練習
画面イメージ:「レッスン6 右サイドエリアの練習」の「練習の説明」の「右サイドの機能を覚えよう」画面
レッスン6 右サイドエリアの練習

(3)総合問題

画面イメージ:「総合問題1 単語入力問題」画面
総合問題1 単語入力問題
画面イメージ:「総合問題2 短文入力問題」画面
総合問題2 短文入力問題

9.その他

  1. キーボード切り替え
    Move&Flick以外の別のキーボードに切り替えます。
    操作方法・・・キーボード切り替えボタンをダブルタップする
  2. キーボードの閉じ方
    Move&Flickのキーボードを閉じることができます。
    操作方法・・・文字入力画面を指三本で下にフリックする
    再度Move&Flickを表示させるには、文字入力箇所をタップもしくはダブルタップ(VoiceOver ON時)する
  3. 入力サークル一覧
    各画面で表示されるサークルは以下の通りです。

①センターエリア(文字入力操作)と小書き

画面イメージ:センターエリアと小書きのかな入力モードでセンターエリアをタッチした時のサークル。英字入力モードでセンターエリアをタッチした時のサークル。数字入力モードでセンターエリアをタッチした時のサークル。かな入力モードで左サイドエリアをタッチした後、右へフリックした時のサークル(小書き)。かな入力モードでセンターエリアをタップ&タッチした時のサークル。英字入力モードでセンターエリアをタップ&タッチした時のサークル。数字入力モードでセンターエリアをタップ&タッチした時のサークル。かな入力モードで左サイドエリアをタップ&タッチした後、右へフリックした時のサークル(小書き)。

②左サイドエリア、右サイドエリア

かな入力モード

画面イメージ:左サイドエリア、右サイドエリアのかな入力モードで左サイドエリアをタッチした時のサークル。かな入力モードで左サイドエリアから上へフリックすると、読み上げます。かな入力モードで左サイドエリアをタッチまたはタップ&タッチした後、右へフリックした時のサークル(小書き)。かな入力モードで左サイドエリアをタッチした後、下へフリックした時のサークル。かな入力モードで右サイドエリアをタッチした時のサークル。かな入力モードで右サイドエリアをタッチした後、上へフリックした時のサークル。かな入力モードで右サイドエリアをタッチした後、左へフリックした時のサークル。かな入力モードで右サイドエリアをタッチした後、下へフリックした時のサークル。

英字入力モード

画面イメージ:左サイドエリア、右サイドエリアの英字入力モードで左サイドエリアをタッチした時のサークル。英字入力モードで左サイドエリアから上へフリックすると、読み上げます。英字入力モードで左サイドエリアをタッチした後、右へフリックした時のサークル。英字入力モードで左サイドエリアをタッチした後、下へフリックした時のサークル。英字入力モードで右サイドエリアをタッチした時のサークル。英字入力モードで右サイドエリアをタッチした後、上へフリックした時のサークル。英字入力モードで右サイドエリアをタッチした後、左へフリックした時のサークル。英字入力モードで右サイドエリアをタッチした後、下へフリックした時のサークル。

数字入力モード

画面イメージ:左サイドエリア、右サイドエリアの数字入力モードで左サイドエリアをタッチした時のサークル。数字入力モードで左サイドエリアから上へフリックすると、読み上げます。数字入力モードで左サイドエリアをタッチした後、下へフリックした時のサークル。数字入力モードで右サイドエリアをタッチした時のサークル。数字入力モードで右サイドエリアをタッチした後、上へフリックした時のサークル。数字入力モードで右サイドエリアをタッチした後、左へフリックした時のサークル。数字入力モードで右サイドエリアをタッチした後、下へフリックした時のサークル。

  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2017 Apple Inc. All rights reserved.
このページのトップへ