操作・設定方法

ミュージックプレーヤーの一般的な操作・設定方法をご紹介します。ご利用の際には、パソコンに携帯電話を認識させるための「FOMA通信設定ファイル(ドライバ)」のインストールがあらかじめ必要な場合があります。また、本「操作・設定方法」は対応するOSやお使いのパソコンについて取扱説明書を準拠しております。詳しくは取扱説明書にてご確認ください。

  • スマートフォンについては機種毎に設定方法が異なるため、詳しくは取扱説明書にてご確認ください。

WMA/MP3をご利用の場合

1.音楽ファイルの保存と再生に必要なものを準備します。

  • 音楽管理ソフト「Windows Media® Player 10」以上がインストールされたパソコン1
    (機種ごとの対応OS、Windows Media®Playerのバージョンについては取扱説明書をご確認ください)
  • 音楽CDまたは音楽ファイル
  • ご利用の携帯電話対応外部メモリー2
  • FOMA USB接続ケーブル
  1. 「Windows Media® Player」について詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください。
    別ウインドウが開きますWindows Media(マイクロソフトウェブサイト)
  2. ご利用の携帯電話の対応外部メモリーについて詳しくは取扱説明書をご確認ください。

2.「Windows Media® Player」で音楽CDをインポートし、音楽ファイルを作成します。

操作方法2 手順1、2、3のイメージ
  1. 「Windows Media® Player」を起動させて、音楽CDをパソコンに挿入。「取り込み」タブを選択します。
  2. 曲名が表示されたら、録音したい音楽ファイルにチェックを付けます。
  3. 「音楽の取り込み」をクリックするとパソコンへの録音が始まり、「ライブラリ」に音楽ファイルが作成されます。

3.「Windows Media® Player」で音楽ファイルと外部メモリーを同期します。

操作方法3 手順1のイメージ
  1. 携帯電話対応の外部メモリーとFOMA USB接続ケーブルを取り付けます。
  • 音楽ファイルを直接外部メモリーにコピーしても音楽再生はできません。
    必ず「Windows Media® Player」を使用して、ファイルを同期してください。
操作方法3 手順2のイメージ
  1. パソコンにインストールした「Windows Media® Player」を起動し、FOMA USB接続ケーブルでパソコンと接続します。

携帯電話を「MTPモード」に設定します。

  • 「MTPモード」への設定手順については取扱説明書をご確認ください。
    パソコンに携帯電話が、デバイスとして正しく認識された場合、パソコン上でメッセージ画面が表示されます。

「MTP(優先)モード」を必ず選択してください。選択しないと音楽ファイルはメモリーカードへ転送できません。メモリーカードの状態によっては、フォーマット(初期化)が必要な場合があります。

操作方法3 手順3のイメージ
  1. ①「ライブラリ」タブを選択し、②「同期」タブになっているか確認します。
操作方法3 手順4のイメージ
  1. 保存したい音楽ファイルを「同期リスト」の中にドラッグ&ドロップし、「同期の開始」をクリックすると、音楽ファイルの書き込みが始まります。
  2. 書き込みが完了したら、端末の「MTP(優先)モード」を終了し、パソコンからFOMA USB接続ケーブルを取りはずします。

音楽配信サイトで購入した音楽ファイルを書き込むには

Windows Media® Player 10以上に対応したオンラインストアで購入し、ダウンロードした音楽ファイルは、CDの音楽ファイルと同様に「Windows Media® Player 」の「すべての音楽」もしくは「購入した音楽」で確認できます。外部メモリーへの書き込みは、CDの書き込みと同じ設定で行えます。

4.音楽ファイルを再生します。

携帯電話の「メニュー」から「ミュージックプレーヤー」を選択し、聴きたい楽曲を選択して再生します。


  • 「USBモード」が、「MTPモード」に対応している携帯電話での対応です。
  • 画面および操作・設定方法はWindows Media® Player11の場合で記載してあります。
  • Windows Media® Playerについてのトラブルおよび詳細情報については、お使いのパソコンの各メーカーにお問い合わせください。

SD-Jukeboxをご利用の場合

1.音楽ファイルの保存と再生に必要なものを準備します。

  • 音楽管理ソフト「SD-Jukebox」がインストールされたパソコン3
  • 音楽CDまたは音楽ファイル
  • microSDメモリーカードなど4
  • FOMA USB接続ケーブル5
  1. 「SD-jukebox」について詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください。
    別ウインドウが開きますSD-Jukebox(パナソニックウェブサイト)
    (機種ごとの対応OSについては取扱説明書をご確認ください)
  2. ご利用の携帯電話の対応外部メモリーについて詳しくは取扱説明書をご確認ください。
  3. 「SD-Jukebox」では著作権保護された音楽を取り扱うため、FOMA USB接続ケーブルを使用せずにリーダーライターを使用する場合は、著作権保護機能のあるSDメモリーカード、SDメモリーカード用リーダーライターが必要です。microSDメモリーカードをパソコンに認識させた上で、次の手順2を省いて、手順3へお進みください。但し、microSDメモリーカードアダプタ(別売)は必要です。

パソコン内蔵SDカードスロットをご使用の場合も、著作権保護対応が必要です。著作権保護に対応していない市販のSDメモリーカード用リーダーライターではご利用いただけません。

2.携帯電話をリーダーライターとして使用するための準備をします。

  1. 携帯電話に対応の外部メモリーを取り付け、FOMA USB接続ケーブルでパソコンと接続します。
  2. 携帯電話を「microSDモード」に設定します。
  • 「microSDモード」への設定手順については取扱説明書をご確認ください。機種により「miniSDモード」という名称の場合がございます。パソコンに携帯電話が、デバイスとして正しく認識された場合、パソコン上でメッセージ画面が表示されます。
  1. パソコンにインストールしたSD-Jukeboxを起動します。

3.SD-Jukeboxを使って音楽ファイルをmicroSDメモリーカードなどに転送します。

microSDメモリーカードなどの状態によっては、フォーマット(初期化)が必要な場合があります。

操作方法3 手順1、2、3のイメージ
操作方法3 手順4、5のイメージ
  1. パソコンに音楽CDを挿入し、SD-Jukeboxのデバイス選択リストから「CD」をクリックします。
  2. 曲名が表示されたら、録音したい曲にチェックを付けます。
  • 音楽CDやパソコンのインターネット接続環境によっては曲名が表示されない場合もあります。
  1. 「SD書込み」をクリックします。
  2. 「選択曲一覧」画面が表示され、曲リストでチェックを付けた楽曲が表示されます。(ここでチェックマークを外すと書き込まれません)。
  3. 「OK」をクリックすると、書き込みが開始されます。
  1. microSDメモリーカードなどに書き込まれた音楽ファイルは、デバイス選択リストの「SD」をクリックすると曲名を確認できます。書き込みが完了したら、端末のFOMA USBケーブルを取り外します。

4.音楽ファイルを再生します。

携帯電話の「メニュー」から「ミュージックプレーヤー」を選択し、聴きたい楽曲を選択して再生します。


  • 画面および操作・設定方法はSD-Jukebox Ver.6の場合で記載してあります。

iTunes®をご利用の場合

1.音楽ファイルの保存と再生に必要なものを準備します。

  • 音楽管理ソフト「iTunes®」がインストールされたパソコン6
    (機種ごとの対応OSについては取扱説明書をご確認ください)
  • ご利用の携帯電話対応外部メモリー7
  • 外部メモリー対応リーダーライターあるいはFOMA USB接続ケーブル8
  • 音楽CDまたは音楽ファイル
  1. 「iTunes®」について詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください。
    別ウインドウが開きますiTunes(アップルウェブサイト)
    なお、「iTunes Music Store®」で購入した楽曲は携帯電話で再生できません。
  2. ご利用の携帯電話の対応外部メモリーについて詳しくは取扱説明書をご確認ください。
  3. 外部メモリースロットが搭載されているPCをご利用の場合は、リーダーライターは必要ありません。接続方法について詳しくは取扱説明書をご確認ください。

インターネットサイトを通じて購入された楽曲は再生できない場合がございますのでご注意ください。

2.「iTunes®」で音楽CDをインポートし、音楽ファイルを作成します。

操作方法2 手順1のイメージ
  1. 「iTunes®」を起動させ、音楽CDをパソコンにセット。曲名などが表示されたら「編集」を押し「設定」を選択。
操作方法2 手順2のイメージ
  1. 「詳細」タブに続き「インポート」タブを選択し、インポート方法は「AACエンコーダ」を、設定は「高音質(128kbps)」を選択します。
操作方法2 手順3のイメージ
  1. 右上隅の「インポート」をクリック。「ライブラリ」に音楽ファイルが作成されます。

3.外部メモリーに音楽ファイルを保存します。

一部の機種においては、ファイル保存にメーカー製データリンクソフトが必要になる場合がございます。

メーカー製データリンクソフトを使用しない場合

  1. 外部メモリーに書込みができる状態にします。

【リーダーライターを利用する場合】
外部メモリーを対応のリーダーライターに挿入し、パソコンに外部メモリーを認識させます。

【FOMA USB接続ケーブルをご利用する場合】
携帯電話を「microSDモード」に設定します。

  • 「microSDモード」への設定手順については取扱説明書をご確認ください。機種により「miniSDモード」という名称の場合がございます。パソコンに携帯電話が、デバイスとして正しく認識された場合、パソコン上でメッセージ画面が表示されます。
  1. パソコンの「マイ コンピュータ」から外部メモリーに相当する「リムーバブルディスク」を選択します。
  2. 「リムーバブルディスク」へデータを保存します。9
  1. 保存方法について詳細は取扱説明書および各種対応のリーダーライターの取扱説明書をご確認ください。

メーカー製データリンクソフトを使用する場合

一部の機種おいては、ファイル保存にメーカー製データリンクソフトが必要になる場合がございます。
対応機種、操作設定方法については取扱説明書をご確認ください。

4.外部メモリーをFOMAに挿入し、音楽ファイルを再生します。

  • データの再生方法については各機種の取扱説明書をご確認ください。

  • 画面および操作・設定方法はiTunes® Ver 6.0の場合で記載してあります。
  • 本ページに掲載の操作方法は一例です。弊社および各メーカーとも動作保障はいたしません。また、本ページに掲載の操作を行った場合に生じるいかなる損害に関しましても、一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • 掲載されている画面およびサービス内容は、予告なしに変更となる場合があります。
  • 掲載されている画面は、すべてイメージです。
  • 外部メモリーに保存した楽曲は、個人使用の範囲内でのみ使用することができます。ご利用にあたっては、著作権などの第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないよう十分ご配慮ください。外部メモリーに保存した楽曲は、パソコンなど他の媒体に複製又は移し替えをしないでください。
  • 「Microsoft」、「Windows」、「Windows Media」は、米国 Microsoft Corporation の米国、およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 「iTunes」は米国 Apple Computer,Inc. の登録商標です。
  • 「iTunes Music Store」は米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。
このページのトップへ