迷惑メール設定(PCセキュリティ)

迷惑なメールや危険なメールをフィルタリングすることで、メールによる危険からパソコンを保護対策するための機能です。

  • 本機能は、Windows版のみご利用になれます。
  • アプリケーションのバージョンにより迷惑メール対策機能の設定が異なります。ご利用のアプリケーションのバージョンを確認の上、必要に応じて設定してください。
    [PCセキュリティバージョン確認方法]
    PCセキュリティのアプリケーションを起動し、右上にある設定アイコンをクリックします。一覧に表示される「バージョン情報」をクリックすると、バージョンおよびリリース名が表示されます。

設定手順

バージョン16.0.R34以降

PCセキュリティのアプリケーションをインストールした後、迷惑メール対策は「有効」です(設定不要)。

確認方法

手順1の画像

[1]PCセキュリティのアプリケーションを起動し、右上にある設定アイコンをクリックします。

手順2の画像

[2]「迷惑メール対策」が「有効」になっていることを確認します。

「無効」と表示されている場合の手順1の画像

■「無効」と表示されている場合
[1]「迷惑メール対策」の項目名をクリックします。

「無効」と表示されている場合の手順2の画像

[2]「有効にする」をクリックします。

「無効」と表示されている場合の手順3の画像

[3]「迷惑メール対策:有効」と表示されていれば設定完了です。

バージョン16.0.31以前

迷惑メールの侵入を阻止し、受信BOXを保護するために、迷惑メール対策の機能を「有効」に設定する必要があります。
PCセキュリティのアプリケーションを起動して設定してください。

手順1の画像

[1]「プライバシー」→「迷惑メール対策」をクリックします。

手順2の画像

[2]「利用可能な機能」に表示されている「迷惑メール対策」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

手順3の画像

[3]追加する機能に「迷惑メール対策」があることを確認し「次へ」をクリックします。

手順4の画像

[4]パソコンで互換性のないソフトウェアがないか検出しますので、しばらくお待ちください。

手順5の画像

[5]迷惑メール対策の機能をダウンロードします。

手順6の画像

[6]ダウンロード完了後、インストールを開始します。

手順7の画像

[7]新しい機能のインストールが完了しました。「完了」をクリックします。


  • パソコンのOSやブラウザにより、一部ページが正しく機能しない場合がございます。
  • 「McAfee」「マカフィー」は米国およびその他の国におけるMcAfee LLCの商標です。
  • 「Windows」は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
このページのトップへ