ケータイ撮影テクニック 応用編

ペットを撮る

その1:ローアングルで構えてみよう

その1:ローアングルで構えてみよう

ペットを撮る時、目線を合わせるような位置から構えてみると、ペットの表情の変化をとらえやすくなります。人間の目線の高さから撮ると、いつも見ている光景と同じで、ワンパターンになりがちです。ペットの自然な表情を撮りたいなら、必ずペット目線で!重たいカメラを抱えてしゃがみこむのは大変ですが、ケータイやスマホのカメラなら軽くてかんたん。新鮮味のある写真に仕上がります。また片手でおやつやおもちゃを持って、視線を操作しながら撮るのもオススメです。

その2:撮る人は、窓を背にして構えよう

その2:撮る人は、窓を背にして構えよう

暗くなってしまう室内では、撮る人が窓を背にして被写体と向かい合う、「順光」と言われる状態で撮るのが最適です。逆光になると表情が見えにくくなり、ピンボケになりがちですが、窓からの光がペットの瞳に映るとキラキラして、表情が生き生きします。かわいさも倍増! これはペットだけでなく、人物の撮影時にも使えます。

人物を撮る

その1:あえて逆光で撮ってみよう

その1:あえて逆光で撮ってみよう

外の光は強いので、順光で撮ると被写体の顔に影ができたり、まぶしくて険しい表情になってしまいがちです。晴れた日、外で撮る場合には、あえて逆光のほうがキレイに撮れることも。少し白っぽい写真になりますが、全体的にやわらかい雰囲気の写真に仕上がります。被写体の表情も、ふんわりやさしく写ります。

その2:自然な表情かつ小顔に見せるコツとは?

その2:自然な表情かつ小顔に見せるコツとは?

スマホやケータイのカメラの多くは広角レンズで、端にいくほどゆがんで見えるため、ズームにして撮るのがオススメ。ゆがみが目立たなくなります。その時に少し頭がはみ出るように撮ることで、小顔効果も!また、被写体に何か小物を持ってもらうと、リラックスした自然な表情になります。

食べ物を撮る

その1:配置とアングルを変えて"カフェ本"っぽく

その1:配置とアングルを変えて"カフェ本"っぽく

今ドキの"カフェ本"のようなおしゃれな雰囲気に撮るには、配置とアングルがポイント!撮りたいもの全体をアングルに入れるのではなく、あえて外してかわいく見える位置を見つけましょう。たとえばお皿とフォークを平行に並べ、小物はなるべくすっきり少なめにして真上から撮る。これだけで今っぽい写真になります。

その2:おいしそうなポイントにグッと寄ってみよう

その2:おいしそうなポイントにグッと寄ってみよう

お皿も盛りつけも…と料理全部を撮るのではなく、素材の色や照りに注意してお皿を回し、一番おいしそうに見えるポイントにグッと寄るのが、上手く撮る秘訣。できたての瞬間を逃さず撮りましょう。店内の照明が暗い時には、ブレに気を付けてシャッターを。なお店内での撮影は、お店の方にひと声かけるなど、お店の雰囲気を壊さないよう配慮するのが大前提です。

小物を使ったテクニック

その1:セピアカラー設定&セロテープでノスタルジックな写真を撮ろう

その1:セピアカラー設定&セロテープでノスタルジックな写真を撮ろう

スマホやケータイカメラでは背景をぼかす等できないので、ひと手間加えて味わい深い写真にしてみませんか?たとえば、カメラの設定をセピアカラーにして、レンズに指紋をつけたセロテープを貼ると、これだけでノスタルジックな雰囲気の写真に。そのほか、レンズに虫メガネを近づけて撮ってみるのもオススメ。

その2:ありふれたものを被写体に選んでみよう

その2:ありふれたものを被写体に選んでみよう

道端で見つけた植物や、壁にかかったホースといったありふれたものを被写体に選んでみましょう。撮ってみると意外と新鮮。被写体を中央から外して余白をいかしたり、グッと寄ってみたり。構図を工夫してみると、思いがけずステキな一枚が撮れるはず。"何を撮ろうか?"と迷う時は、まず散歩に出てみるのがオススメです。

このページのトップへ