5Gのスピードやエリアについて、カンタン解説!

SCROLL

今、話題の5G。だけど、ギモンもいっぱい。

5Gがスタートして、5Gの機種もいろいろと発売され、実際に購入して
5Gを使ってみたい、と思っている人も多いのでは?
だけど、何で5Gが速いって言われているの?
5Gのエリアって、広がっていくの? など、
ギモンが多いと思います。
そんなギモンをちょっとだけ解決するため、カンタンに解説します。

5Gって、どうして速いの?

5Gはたくさんの車が通ることができる広い道路のようなもの

5Gが高速・大容量の理由、それは、何車線もある道路だから。ここからは通信でつかっている周波数を道路に例えてお話しします。広く大きな道路だからこそ、よりたくさんの車が通ることができるようになり、スムーズに通行できることによって、スピードも速くなるということなんです。
車がのびのび広い道路を走ることで高速・大容量の通信を実現してるんです。

5Gにはいろいろあるって
ホント?

“ホント”なんです!表示されている5Gの真実。

スマホ画面の上にでている「5G」には、いくつかの種類があるんですが、大きくは2つの5Gに分けられます。
「元々5Gに活用すべき広い道路を利用している5G」「今でも使用している4Gの道路を利用した5G」の2つということです。
「広い道路の5G」は、新しく作っていく広い道路ですので車はのびのび走行でき、「高速・大容量」を発揮できるということなんです。ドコモはこの道路作りを加速させていて、これからどんどん広げていきます。
一方、「4Gの道路を利用した5G」は、今でも使用している道路を利用するので比較的広い場所で使えるのですが、5Gの大きな特長の一つである「高速・大容量」という点では、本来の5Gのスピードを体感できないということになります。車が混んでいる道路に入ってしまうとのびのび走れませんよね。
ドコモは、たくさんのお客さまにご期待いただいている5Gの大きな特長である「高速・大容量」を実現するため、 「広い道路の5G 」のエリア拡大を推進していきます。

4Gはどうなるの?

「4G周波数を活用した5G」のエリア拡大で、4Gユーザーに影響の可能性も

「4Gの道路を利用した5G」は、「4G」の道路の一部に「5G」も通行させてしまうということ。
ですから、その利用拡大によって4Gの利用道路の幅が小さくなってしまい、4Gのユーザーにとっては速度の低下につながる可能性があるんです。

4Gと5Gって、
これからどうなるの?

“あんしんの4G” と“5G”

ドコモは5Gの「高速・大容量」を発揮することができる、“広い道路の5G”のエリアを積極的に展開していきます。4Gのお客さまには今まで通り、「あんしんの4G」のご提供と、5Gのお客さまには「高速・大容量」という特長を活かしたサービスを体感いただくため、快適な通信環境の整備をすすめてまいります。
さらに、5Gの機種は「5G」「4G」両方に対応しているので、“あんしん”なんですよ。