全国各地で計測。
瞬速5Gは本当に速いのか

密着!5Gエリアプランナー

「密着! 5Gエリアプランナー」篇

「密着! 5Gエリアプランナー」札幌駅前篇

「密着! 5Gエリアプランナー」仙台駅前篇

「密着! 5Gエリアプランナー」阪神甲子園球場篇

「密着! 5Gエリアプランナー」高知龍馬空港篇

ドコモの「瞬速5G」は何がすごいのか?
新周波数帯へのこだわりと展開戦略を徹底解説!

INDEX目次

  1. 3つの新周波数帯で「瞬速5G」を実現!
  2. 高速・大容量通信の2つのポイント
  3. より多くの人々があらゆる形で5Gのメリットを享受できるように

2020年3月、ついに5Gを用いた各社の通信サービスがスタートした。5G対応機種が続々と発表されるなか、その注目度は次第に高まりつつある。なかでも「瞬速5G」として高速・大容量通信にこだわったサービスを展開するのが、NTTドコモだ。ドコモの5Gは何がすごいのか。今回は、ドコモの5Gサービスの特徴について紹介していきたい。

3つの新周波数帯で「瞬速5G」を実現!

ドコモの「瞬速5G」は、3.7GHzと4.5GHz、そして28GHzという3つの新しい周波数帯域を用いることで、5Gの高速・大容量という特徴をフルに発揮できる通信サービスである。

道路で例えると、5Gは幅の広い高速道路のようなイメージだ。道路の幅が広く、車線の数が多いほど、たくさんの自動車が速いスピードで滞ることなく一斉に通行できる。通信において、この道路の幅にあたるのが「帯域幅」である。

4Gの帯域幅は最大でも20MHzであるのに対し、5Gの帯域幅は、6GHz以下の「Sub6」に相当する3.7GHzおよび4.5GHzで最大100MHz幅、「ミリ波」の28GHzでは最大400MHz幅となる。帯域幅が広いほどたくさんの信号を一度に送ることができるため、より大容量のデータを高速にやりとりできるのだ。

※ドコモの5Gは、技術規格上、国内最速(2020年10月時調査)の4.2Gbpsに対応。なお、4.2Gbpsの対応エリア、機種である必要があります。
※5Gサービスは、一部エリアに限ります。

高速・大容量通信の2つのポイント

2020年9月から提供開始となったミリ波を利用した 5Gでは、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの通信が可能だ。ダウンロードはもちろん、アップロードも大幅に高速化されている。たとえば2時間の映画をダウンロードする場合、4Gと比較して半分以下の時間でダウンロードできる。

さらに2020年12月からは、5G周波数帯のキャリアアグリゲーション(CA)技術によりSub6の4.5GHzと3.7GHzという2つの新周波数を束ねた「Sub6-CA」が提供開始となる。キャリアアグリゲーションは、2つの道路をつないで道路幅を拡大し、車線数を増やすような技術と考えていただけるとわかりやすいだろう。これにより、受信時最大4.2Gbpsというさらなる 高速通信を実現する。

このように、3つの新周波数帯にこだわって「瞬速5G」を提供していくのが、他社にはないドコモの特徴だ。実は3つの新周波数帯とは別に、現在4G通信に使われている帯域の一部を5Gに転用することも可能である。4G帯域の転用は、5Gのエリア拡大がしやすいというメリットがある一方で、帯域幅は変わらないため、5Gであっても通信速度はこれまでの4Gと同等であるうえに、 4G利用者の通信速度が低下してしまうおそれもある。新周波数帯にこだわって5Gの展開を進めるドコモだからこそ、高速・大容量という5G本来のメリットが発揮された通信が可能となるのだ。

より多くの人々があらゆる形で5Gのメリットを享受できるように

さらにドコモは、より多くの人々が「瞬速5G」の恩恵にあずかれるよう、基地局開設を積極的に進行中だ。2023年3月末までに基地局数を3万2千局、高速・大容量な人口カバー率を約70%へ拡大させることを 計画している。

ここで押さえておきたいのは、ドコモは5Gの人口カバー率だけではなく、基盤展開率も重要視しているということだ。つまり、人口が多いエリアを中心に5Gを展開して日常利用を増やすだけではなく、地方も含め全国幅広く5Gの基盤を構築することで、より多くの場所やシーンでの5G活用をめざしている。

たとえば、サッカースタジアムや野球場など、スポーツを楽しむ施設の5Gエリア化が進んでいる。これにより、選手のアップ・ピッチ全体の 俯瞰といったマルチアングルの映像や、戦況・選手のデータなどを、手元のスマートフォンを使ってリアルタイムで確認しながら観戦できるようになる。会場でのスポーツ観戦という非日常のイベントでも5Gが活用されることで、よりワクワクする体験へとアップデートされるだろう。

さらにドコモは、都市・地方を問わず、事業可能性のあるエリアに基地局を開設していく。少子高齢化や人口減少の進む重大な社会課題を抱えるエリアにこそ、5Gの能力が必要とされているためだ。5Gは、私たちが普段利用している通信を便利にするだけでなく、送電設備や橋梁などインフラ設備の点検の自動化、農業・畜産業の生産性向上といった、社会を支える多様なソリューションを生み出す鍵となる。

日常生活における5G利用の普及はもちろん、5G本来のポテンシャルを発揮できる環境を広範囲に整え、より多くの人々がさまざまな形でそれを享受できる——ドコモが実現したいのは、そうした世界だ。だからこそ、これからも「瞬速5G」 にこだわって基地局開設を進めていく。