NEWS

NEWS 2019.03.29

爆発的に成長するeスポーツ市場。後進国・日本が世界に追いつくカギは?

 今、すさまじいスピードで世界中に熱狂が拡散し、爆発的に成長している市場がある。人と人がゲームの中で戦う「eスポーツ」だ。たかが「ゲーム」と思った、かつてゲームを体験したNewsPicks読者も多いかもしれない。しかし、現状のeスポーツは、かつてのゲーム世代が知るゲームの本質とはまるで違うところに、核心がある。それを裏付けるように、市場の成長速度は目覚ましい。2018年、世界のeスポーツ市場は14兆8390億円。2021年には19兆円を超えると予想される。オーディエンスは現在の約4億人が4年後には6.4億人になる。eスポーツ後進国と言われた日本でも、2018年の市場規模見通しは48億円に上り、実に前年の約13倍になった。なぜ人々はutf-8

続きを読む

NEWS 2019.03.29

ファン・サポーターに未知なる興奮を。テクノロジーが創る3つの新しい観戦体験

アスリートやスポーツマーケティング分野が抱える課題を、指導者・競技団体・研究者・スタートアップ企業などとの交流を通じて、テクノロジーを活用したソリューションの実現やスポーツ分野でのイノベーション創出を目指すプロジェクト、「Athlete Port-D」。前回は、最先端のテクノロジーを誇る3社が登壇し、アスリートのパフォーマンスを向上させるプロダクトを紹介した。そして今回は、スポーツの“観戦体験”を変えるプロダクトを開発している3社が、ピッチを行なった。そのプロダクトに対して、東俊介氏(元ハンドボール日本代表主将)、森井啓允氏(オープンハウスCIO/シリコンバレーオフィス)、尾上健二氏(NTTドコモ スマートライフutf-8

続きを読む

NEWS 2019.03.29

現役選手と指導者も注目。“データ”でアスリートを変える4つの施策

アスリートやスポーツマーケティング分野が抱える課題を、指導者・競技団体・研究者・スタートアップ企業などとの交流を通じて、テクノロジーを活用したソリューションの実現やスポーツ分野でのイノベーション創出を目指すプロジェクト、「Athlete Port-D」。これまではアスリート同士が企業に求めるテクノロジーを議論してきたが、企業はアスリートに対してどのようなプロダクトを開発しているのだろうか。今回は、スポーツ産業でテクノロジーを活用している企業と、今後の参入を視野に入れている企業が登壇し、ピッチを行なった。そして各企業のテクノロジーに対して、過去の回に登壇したNECグリーンロケッツ(ラグビー)の川村慎氏と、東utf-8

続きを読む

NEWS 2019.03.29

スマートスタジアムは誰のため?忘れてはいけないアスリート視点

アスリートやスポーツマーケティング分野が抱える課題を、指導者・競技団体・研究者・スタートアップ企業などとの交流を通じて、テクノロジーを活用したソリューションの実現やスポーツ分野でのイノベーション創出を目指すプロジェクト、「Athlete Port-D」。今回のトークセッションでは、昨年4月に引退を表明し、現在富士通陸上競技部でコーチを務める高平慎士氏、陸上100mハードルから競技転向し、現在7人制ラグビー選手の寺田明日香氏、パラ陸上走り幅跳び(T47)日本記録保持者の芦田創氏の3人が登場。「アスリートのためのスマートスタジアム(陸上競技編)」をテーマに、各競技の裏側に迫りながら議論した。スマートスタジアムは、一般utf-8

続きを読む

NEWS 2019.03.20

追い風吹くアリーナスポーツ。テクノロジーの力でさらなる加速を

アスリートやスポーツマーケティング分野が抱える課題を、指導者・競技団体・研究者・スタートアップ企業などとの交流を通じて、テクノロジーを活用したソリューションの実現やスポーツ分野でのイノベーション創出を目指すプロジェクト、「Athlete Port-D」。今回はアリーナ競技編と題し、フェンシングでロンドン五輪銀メダリストの三宅諒選手、女子バスケットボール元日本代表で、現在は3人制バスケットボール日本代表の矢野良子選手、そしてハンドボール元日本代表キャプテンの東俊介氏が登壇。「アリーナスポーツのスマートスタジアム」をテーマにトークセッションを行なった。※トップ画像:左から三宅諒氏、矢野良子氏選手側とテクノロutf-8

続きを読む

NEWS 2019.03.20

選手、選手会、研究者。3つの視点で考えるアスリート像とテクノロジー

アスリートやスポーツマーケティング分野が抱える課題を、指導者・競技団体・研究者・スタートアップ企業などとの交流を通じて、テクノロジーを活用したソリューションの実現やスポーツ分野でのイノベーション創出を目指すプロジェクト、「Athlete Port-D」。今回は、NECグリーンロケッツ(ラグビー)の川村慎氏と、横浜F・マリノス(サッカー)の中町公祐氏※、そしてプロテニスプレーヤーの佐藤文平氏の3人が「アスリートが考える良い環境」をテーマに、各競技におけるテクノロジーの活用法などについて議論を交わした。※イベント時の所属。2018年をもってチームを退団。※トップ画像:左から川村慎氏、中町公祐氏、佐藤文平氏GPSデバイスのutf-8

続きを読む

NEWS,外部メディア掲載 2018.06.21

生活が変わる世界が変わる5G

スマートフォンなどのデバイスの進化や消費者ニーズの変化に伴い、エンタテインメント業界は大きな変革期を迎えている。第3弾ではスポーツ、音楽、ゲーム産業の現在と、これらの分野への貢献が期待される次世代移動通信「5G」のテクノロジーについて紹介する。2020年を見据えて、産業がどのように変化していくのか、ビジュアルデータを交えながらくわしく見ていこう。

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.03.30

【週刊ダイヤモンド1/13号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

高速・大容量かつ低遅延、そして多数の端末との同時接続を実現する第5世代移動通信システム「5G」の研究開発が急ピッチで進んでいる。NTTドコモはフジテレビとの協業で、スポーツ観戦の新しい体験を提供する「ジオスタ」の開発を推進中。スポーツにおける5Gの可能性について、アスリートとしての経験を持つ為末大氏とNTTドコモの中村武宏氏が語り合った。「ジオスタ」が提供する スポーツ観戦の新体感  NTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 ICTソリューション本部 本部長 室長 主席研究員 中村 武宏氏 元陸上選手 DEPORTARE PARTNERS 代表 為末 大氏中村 NTTドコモは2020年のサービス開始をめざして、第5世代移動通信システム「5G」utf-8

続きを読む

Text by ダイヤモンド社クロスメディア事業局 2018.03.30

【週刊ダイヤモンド12/16号転載】未来をつくる「5G」の挑戦

NTTドコモは2020年のリリースをめざして、第5世代移動通信システム「5G」の研究開発を推進している。高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続という三つの特長を持つ5Gには、産業界からの期待も大きい。そこで、同社は「5Gトライアルサイト」を開設。パートナー企業と連携して、新しい価値づくりを進めている。その中の1社であるコマツとNTTドコモのキーパーソンが語り合った。 稼働管理システムに 不可欠な通信網 NTTドコモ 取締役常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長 中村 寛氏 コマツ 常務執行役員 ICTソリューション本部 本部長 開発本部 副本部長 中野 一郎氏中村 2020年のサービス提供開始をめざして、当社は第5世代移動utf-8

続きを読む