海は今、静かに叫んでいる。

社会の課題、「海洋プラスチックゴミ」。

NTTドコモは、これについて
多くの人に考えてもらうきっかけをつくるため、
沖縄の海岸に捨てられたゴミを回収・リサイクルし、
スマホの「15%しか守れないスマホケース」を
つくりました。

15%という数字は、
海に流れ日本へ漂着したゴミのうち、
回収できたゴミの割合です。

また、海を漂流しているプラスチックに目を向けても、
その総量の1%しか存在を確認できていません。

今もなお、大量のプラスチックが
そこで暮らす生き物たちの命を刻一刻と奪っている。

海の叫びが、声なき声が聞こえたとき、
私たち一人ひとりにできることを、
ともに考えてみませんか。

いつか、あたりまえになることを。

※参照:環境省 海洋ごみ(平成26年度調査結果)の現状について、JAMSTEC

15%しか守れないスマホケース。
それ以外は、海を傷つけていた。

沖縄の海岸で回収したプラスチックゴミを
リサイクルし製作した6つのスマホケース。
そこには、危機にさらされている
海の生き物たちが描かれています。

お腹いっぱいの
海鳥たち。
プラスチックの
破片を食べて。
ウミガメの赤ちゃんは、
ゴミに足を取られ、
海鳥に食べられてしまいました。
ゴミを宿に暮らす
ヤドカリ。
自然の中に、
不自然な生き物が
うまれた。
海水温が上がっている。
楽園のような海は今、
サンゴにとって地獄のようだ。
人間は、
海の生き物たちが好きだ。
海の生き物たちはきっと、
人間が嫌いだ。
沖縄県・恩納村の海岸で回収した
プラスチックゴミをリサイクルし製作
ゴミの清掃活動
ゴミの粉砕・変換・3Dプリント
スマホケース
数字で見るプラスチックゴミ問題
監修・協力

田口 康大

東京大学大学院教育学
研究科附属海洋教育センター
特任講師

1983年、青森県生まれ。秋田県を経て、宮城県出身。
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。
2013年より現職。教育学・教育人間学を専門とし、
人間と教育との関係について学際的な研究を行っている。
現在は、学校の授業デザインや学校を軸にした地域づくり、
産官学民連携による教育プロジェクトを手がけるなど、
新たな教育のあり方を探求している。
その他、「海とヒトとを学びでつなぐ」をテーマに活動する
一般社団法人3710Lab(みなとラボ)を運営。

https://3710lab.com

1983年、青森県生まれ。秋田県を経て、宮城県出身。
東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。
2013年より現職。教育学・教育人間学を専門とし、
人間と教育との関係について学際的な研究を行っている。
現在は、学校の授業デザインや学校を軸にした地域づくり、
産官学民連携による教育プロジェクトを手がけるなど、
新たな教育のあり方を探求している。
その他、「海とヒトとを学びでつなぐ」をテーマに活動する
一般社団法人3710Lab(みなとラボ)を運営。

https://3710lab.com

NPO法人 グリーンバード

特定非営利活動法人 green bird

「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに
誕生した原宿・表参道発のプロジェクト。
国内のみならず海外も含め70以上の拠点で街のゴミ拾いなどの
活動をしている。合言葉は「Keep clean. Keep green.
自分たちが住む街を
もっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために」。
ひとりでも多くの参加者を募集中。

http://www.greenbird.jp/

「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに
誕生した原宿・表参道発のプロジェクト。
国内のみならず海外も含め70以上の拠点で街のゴミ拾いなどの
活動をしている。合言葉は「Keep clean. Keep green.
自分たちが住む街を
もっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために」。
ひとりでも多くの参加者を募集中。

http://www.greenbird.jp/