トラブルから身を守る方法を、子どもたちに。 トラブルから身を守る方法を、子どもたちに。

教育

04

マートフォンや携帯電話によってトラブルに遭わないよう、しっかりと知識を身につけてもらいたい。
そんな想いから、子どもたちをはじめ、全国の多くの方々を対象に「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しています。小学生向けの教室では集中を途切れさせないようにアニメーションやクイズなどを取入れた授業を行い、中高生向けにはケーススタディを通して生徒自身に考えてもらうことで、よりリアルに自分ごととしてとらえてもらえるように工夫しています。また保護者・教員向けの教室では、家庭内のルールづくりの大切さやフィルタリングサービスの重要性など、子どもたちを守る方法についてお話ししています。

スマホ・
ケータイ安全教室

小学生(主に5・6年生)向け、中高生向け、保護者・教員向け、特別支援学校向け、シニア向けの各カリキュラムを用意し、受講者の学齢やご要望に合わせて教室を開催。インストラクターは全国で約190名おり、教材は社会動向に合わせて、内容を毎年アップデートしています。また、警察や法務局と合同での教室も開催し、近隣地域で実際に起きている事件を知ってもらったり、人権やプライバシーを尊重することの大切さを理解してもらえるようにしています。

詳細はこちら

スマホ・ケータイ安全教室

詳細はこちら

その他の取り組みを見る

page
top