• この国で農業に携わる2人に1人*は、65歳以上です。
  • この国で働く女性の2人に1人*は、出産後も今の仕事を続けたいと思っています。
  • この国を旅する8人に1人*は、外国人です。
  • この国では毎年、23人に1人*が、救急搬送されています。
  • この国の中高生の2人に1人*は、インターネットで何らかのトラブルを経験しています。
  • この国の25人に1人*は、なんらかの障がいを抱えて暮らしています。
  • この国の8人に1人*は、大気や水に不安を感じています。
  • この国の3人に1人*は、携帯電話を手放すとき、リサイクルに協力しています。
  • 東日本大震災の避難者の2人に1人*は、避難生活を続けています。
  • この国の成人の2人に1人*は、もう一度学び直したいと思っています。
  • この国の2人に1人*は、ドコモのモバイル通信でつながっています。
  • 東日本大震災で被災者に安否確認をした2人に1人*は、まず最初に携帯電話を利用しました。
→
←

言葉の壁をなくすという、おもてなし。

日本語がわからないという理由で、日本のよさが伝わっていないとしたら、もったいない。はじめて日本を訪れる「ひとり」も、ずっと日本で暮らしていく「ひとり」も、すべての人々が毎日を思う存分楽しめるように。スマホを通じて、まるで通訳者がいるかのような会話を実現する「はなして翻訳」など、ドコモは機械翻訳技術を活かした商用サービスを提供しています。ますます多くの人々が日本を訪れるであろう、2020年に向けて。言葉の壁をなくすという「おもてなし」の一端を担うことも、私たちの仕事なのです。


日本で生活する外国人の国籍ランキング 出典:法務省「平成26年末現在における在留外国人数について(確定値)」よりNTTドコモ作成

→ ↓

中国30.90% 韓国・朝鮮23.60% フィリピン10.30% ブラジル8.30% ベトナム4.70%

普段話されている言語の使用人口順位 出典:文部科学省「世界の言語別使用人口」よりNTTドコモ作成

← ↓

1位中国語 2位スペイン語 3位英語

外国人がコミュニケーションで困った場所・場面 出典:観光庁「外国人旅行者に対するアンケート調査」よりNTTドコモ作成

→ ↓

言語一般49.3% 交通11.3% 飲食11.3% 買い物5.6% 両替・引き出し4.2%


「はなして翻訳」/「てがき翻訳」

「はなして翻訳」は向かい合って会話する時にも利用できる翻訳アプリで、英語・中国語・韓国語・ドイツ語など、全10か国語に対応。実証実験を繰り返して改良を重ねることで、実際の会話でスムーズに利用できるような翻訳精度を実現しています。また、2015年11月には書いた文字を翻訳する「てがき翻訳」も商用サービスを開始。声を出しにくい場所でも抵抗なく利用することができます。

「違う言語を話す人とも通じ合える世の中へ。」

ビジネス基盤戦略室金野 晃

精度の高い日本語翻訳を実現することは、決して簡単なことではありません。だからといって日本でコミュニケーションを生業とする私たちがそこを避けてどうするんだという想いで、徹底的に磨き上げてきました。その結果、「日本語翻訳」に関してはどこにも負けないものになった自信があります。今後は、海外から訪れる人を接客・応対するホテルや観光協会などのためにカスタマイズしたソリューションも展開予定です。あらゆるシーンで私たちの翻訳サービスを活用できるようにすることで、暮らしの中の「通じ合えないもどかしさ」をなくす。それが私たちの使命だと考えています。

For ONEs INDEX For ONEs INDEX

ページトップへ戻る