少子高齢化が進む社会の足を支えたい。 少子高齢化が進む社会の足を支えたい。

交通

06

今、人口の減少や運転手不足によって路線バスが廃止や減便となり、公共交通機関を使いたいときに使えないという問題が出てきています。そのような課題を解決し、少子高齢化の進む社会の足を支えたい。そんな想いを胸に「未来の交通サービス」がどうあるべきかを考え、人工知能を活用して乗り合い車両を効率的に配車する「AI運行バス」の開発をはじめました。将来は運行ダイヤにもルートにもとらわれない交通サービスの実現をめざしています。さらに、物流や観光などのサービスにもこの技術を転用し、生活を支える新しいインフラをつくることができないかと考えています。

AI運行バス

「AI運行バス」は、AIを活用することで、需要のある場所や時間、乗車人数に応じて、走行ルートや配車を調整できるようにするものです。これにより交通事業者は、より多くの人を効率よく乗車させることが可能となります。少子高齢化や人口減少の影響で生活の足である路線バスの存続が困難になるなど、社会問題化しつつある公共交通機関不足の解決をめざす取組みです。

AI運行バス

その他の取り組みを見る

page
top