万が一のときにも、「つながる」あんしんを届けたい。 万が一のときにも、「つながる」あんしんを届けたい。

通信

東日本大震災で被災者に安否確認をした2人に1人は、まず最初に携帯電話を利用しました。

*総務省「東日本大震災発生後の通信状況に関するアンケート」(2011)より算出。

08

害が多発、激甚化しているなかで、より信頼できる通信ネットワークをお客さまにご提供することが私たちの使命です。

災害時には道路が寸断されたり、沿岸地域の被災により基地局へ近づけないなど、復旧に時間を要するケースも多々あります。そのようなときに、陸上だけでなく、海上の船からも通信サービスの確保ができるようになれば、より迅速に復旧できるのではないかと考え、「船上基地局」を準備しています。
今後は、対象船舶の拡大に取組み、災害時にいち早くお客さまにあんしんをお届けします。

船上基地局

災害時に陸上からだけではなく海上からも迅速な通信サービスの復旧を行うため、準備を進めているのが「船上基地局」です。船舶上に設置した携帯電話通信用基地局から陸上に向けて電波を発して、臨時の通信可能エリアを構築します。電波法関係省令が2016年3月に改正されたことを受け、船舶の利用を想定した携帯電話通信用基地局免許をドコモが全国ではじめて取得しました。定期的に災害時を想定した船上基地局設営訓練を行い、いざというときに沿岸地域におけるライフラインの早期復旧に向けて、日頃より準備を進めております。

船上基地局

その他の取組みを見る

page
top