未来の新しいインフラを作っていく。 未来の新しいインフラを作っていく。

ドローン

この国で農業に携わる12人に1人は、昨年、農業から離れてしまいました。

*農林水産省「農業労働力に関する統計(平成30年2月概数値)」 より算出。

12

の中に新たなインフラを提供し、人々の生活をさらに豊かに、さらにワクワクしたものにしたい。

いずれ来る、ドローンがあたりまえの社会を縁の下で支える存在になりたいと思っています。一般的にはまだホビーとして認知されているドローンですが、本来はもっとさまざまな分野に活用できるはず。たとえば点検業務にドローンを活用することで、仕事の効率化や安全性の向上、コストダウンにも貢献できるのではないかと思います。将来的にはドローンに精通していない人にも扱えるサービスをめざしています。ドコモだからあんしん・安全。そう思ってもらえるようなプラットフォームをつくるため、挑戦を続けています。

docomo sky

ドローンを用いたビジネスをサポートする「ドローンプラットフォーム docomo sky」。ドローンとネットワークをつなげ、自動運航のマネジメントやデータ解析、ビジネスへの活用を支援するなど、あらゆる面からサービスを提供。ドローンメーカーやセンサーメーカーなど、社外のパートナーとも協業しながらプラットフォームの価値を高め続けています。ドコモでも基地局の点検にドローンを使いはじめており、今後は農業における生育監視や、災害時における状況把握など、さまざまな分野で人の代わりとしてドローンを活用するサービスを提供できるよう実験・検討を進めています。

docomo sky

その他の取組みを見る

page
top