5GxRUGBY VOL.1 5Gでラグビー観戦がこう変わる。

リビングに
スクラムがやってくる!

5G × VRにより
リビング観戦が、
“体験”に変わる。

「クラウチ、バインド、セット」

レフリーの声に合わせ、8人のFWがガッシリと組み合い、激しくボールを奪い合うスクラム。体重100kgを越える屈強な男達がぶつかり合うその中で、どんな攻防が繰り広げられているか。そんなラグビーファンの思いを実現してくれるのが5G × “VR(バーチャル・リアリティ)”による技術だ。

5Gとは

「5G」は2020年から正式にサービスがスタートする第5世代移動通信システム。2時間の映画を数秒でダウンロードできるともいわれる「高速・大容量」、タイムラグが発生しにくい「低遅延」、1つの基地局に多数の機器を接続できる「多接続」を実現する技術である。

VRゴーグルを装着するとすぐ目の前には5Gの「高速・大容量」による高精細な映像が広がる。そして「低遅延」により、映像は顔を向けた方向にシームレスに切り替わる。リアルな映像は、リビングにいるはずなのにグラウンドに降り立ったような感覚をもたらしてくれることだろう。

手を伸ばせば届きそうな1mの眼の前で繰り広げられるスクラムの迫力、ラインアウトでは3mを越えるリフトアップの高さ、トライを挙げるために目の前を走り抜ける選手のスプリントのスピード。そして振り返ればスタンドを埋め尽くす、数万人の観客の熱狂……。VRゴーグルの中には観戦を超えた、“体験”の世界が広がっている。

試合中の選手の情報も
リアルタイムでキャッチ。

また、試合中は、選手のポジションや身長、体重といった基本的なデータの他、スプリントスピード、走行距離、そしてタックル数や心拍数までもが表示されるようになる。詳細なデータにより世界のトッププレーヤーのフィジカル能力が手に取るように分かるだけではなく、選手の精神状態までもリアルタイムでキャッチできるようになるだろう!

ゴールライン手前に迫った相手をタックルで食い止めたフルバックの衝撃は? 試合終了間際に逆転を狙うキッカーの心拍数は?
これまで想像するしかなかった選手の体の状態を知ることが出来るようになるー。

想像しただけでワクワクする、新しいラグビー観戦。出場20カ国によるプライドをかけた戦いの裏側で、NTTドコモは「5G」を活用した新たなスポーツの楽しみ方を探っている。

NTTドコモの「5G×ラグビー」をいち早く体験しよう!

ラグビーワールドカップ2019TM期間中、ファンゾーンや試合会場で「5G」の世界を体感できるイベントを実施!

近未来のスポーツ観戦は、「5G」で劇的に変わるだろう。

福田剛=文  
text by Tsuyoshi Fukuda