24時間365日「つながる」をめざして

現在、高速化・大容量化が急速に進むモバイル・コミュニケーション・ネットワーク。
さまざまな場面で人と人をつないできた通信=見えない無数の絆を見守り続けるのが、私たちドコモ・ネットワークオペレーションセンターの使命です。

リアルタイム監視!ネットワークオペレーションセンター

リアルタイム監視!ネットワークオペレーションセンターの画像

東京と大阪にあるネットワークオペレーションセンターが連携し日本全国のネットワークシステムが円滑に運用されるように24時間365日休むことなく監視・措置を行っています。
また、花火大会やコンサートなどの大規模イベントにおいてもお客様が快適に使えるように通信の流れが悪くならないようにコントロールしています。

全国の設備保守のプロフェッショナルにより、快適と安心をお届けしています

鉄塔上での作業

オペレーションセンターによる遠隔措置が困難なハード故障が発生した場合には、全国の都道府県に配置した設備保守のプロフェッショナルによる現地駆け付けにより迅速な故障復旧を行っています。

ネットワークの仮想化

ネットワークの仮想化の画像

ドコモでは、通信混雑時のつながりやすさや、故障時の通信サービスの信頼性を向上させるネットワークの仮想化に取組んでいます。

ネットワークの仮想化とは

仮想化とは、一つのハードウェアで複数のソフトウェアを動かしたり、逆に複数のハードウェアを一つにしてソフトウェアを動かす技術です。
ドコモでは、ネットワークの仮想化を進める事で、通信混雑時のつながりやすさや、通信サービスの信頼性を向上させるなど、通信サービスをよりよいものに変えていきます。

通信混雑時のつながりやすさ向上

イベントや災害発生時など通信が混雑した場合、ネットワークの仮想化により、通信装置の容量を自動的に追加させることができます。
これにより混雑が緩和し、つながりやすさが向上します。

通信混雑時のつながりやすさ向上の画像

通信サービスの信頼性の向上

通信設備のハードウェアは、故障やトラブルに備えて二重化しています。
これまではハードウェアの故障が発生した場合、修理が完了するまでは、通信設備の二重化運転ができませんでした。しかしネットワークの仮想化により、正常なハードウェア上にソフトウェアを自動的に移動させることで、故障前と同じ状態を作ることができ、高い信頼性を保つことができます。

切替後、修理完了まで二重化されないの画像
二重化運転に自動復帰の画像

ネットワーク仮想化(NFV)

このページのトップへ