用途別集計(オプション)

ご利用になった通話・通信の料金明細内訳書を、利用目的に応じて、最大10グループに分割集計する「用途別集計(オプション)」のご利用方法とご注意事項をご案内します。

すべて開く
  • ご利用方法

    開く

    通話・通信先の電話番号の前に1311~1319をつけることにより、利用目的に応じて最大10グループに分割集計することが可能です。
    例) 1311+「仕事用電話番号」、1312+「私用電話番号」とすれば、仕事用と私用の料金明細内訳書を別々に作成できます。
    お申込みいただいた翌月から毎月、前月ご利用分の料金明細内訳書を用途別に集計し送付します。

    用途別集計(オプション)ご利用イメージ(PDF形式:52KB)PDF

    • ご利用の際は、料金明細送付サービスのほかに別途お申込みが必要です。
    • 用途別集計(オプション)をご利用になる場合は、料金明細内訳書の送付期間(始期・終期)は指定できませんのでご注意ください。
    • 用途別のご利用がなかった場合は分計はされません。
  • ご注意事項

    開く

    用途別集計(オプション)がご利用いただけない番号

    1311~1319の番号を付けると発信できない通話

    • 115(無料):電報
    • ドコモの国際ローミングサービス
    • ドコモのWORLD CALL以外の国際通話

    1311~1319の番号を付けても用途別集計できない番号

    • ショートメッセージサービス(SMS)
    • 転送でんわサービスの転送先
    • ドコモのWORLD CALLで電話番号が24桁を超えるもの

    ご利用にあたってのご注意

    • 「eビリング」の料金明細内訳も用途別に集計されます(用途別集計手数料がかかります)。料金明細内訳はMy docomoからご確認になれます。
    • 本サービスのご利用がなかった月は、用途別集計手数料はいただきません。
    • 1311~1319をつけて発信した通話料金とそれ以外の料金を分けて請求することができます。ご利用の際には、月額150円(税抜)の請求書分割手数料が必要です。
    • 接続先がiモードの場合は用途別集計(オプション)はご利用いただけません。また、転送でんわサービスの転送先は用途別集計できません。
    • マルチナンバー・2in1をご契約の場合、用途別集計(オプション)はご契約いただけません。
    • 184(186)を組み合わせてご利用になる場合は、184(186)+1311~1319とかけてください。
    • ドコモの国際電話サービス(WORLD CALL)をご利用のお客さまはドコモの国際電話専用番号009130の前に1311~1319をつけてダイヤルしてください。
    • 用途別集計(オプション)のご利用時に、ドコモの国際電話サービス(WORLD CALL)を発信する場合、ダイヤル桁数の超過により一部通話できない国または地域がございますのでご注意ください。ドコモからのダイヤル桁数は最大24桁です。
    • 発信の際には用途別集計番号1311~1319が携帯電話のディスプレイに表示されているかをご確認ください。用途別集計番号がない場合は用途別集計されません(着信履歴からの発信は、用途別集計番号が付かないため、用途別集計できませんのでご注意ください)。
    • 用途別集計番号1311~1319をつけて電話番号を電話帳登録されている場合は、その電話番号からの着信時には電話帳登録されている名前などは表示されません(一部機種において表示されます)。
    • 料金明細内訳書が宛先不明等により当社へ返送された場合は、料金明細内訳書の送付の廃止と併せて用途別集計(オプション)を廃止させていただく場合がございますので、あらかじめご了承願います。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ