iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

L-02Cのゼロインストールは、Xi端末をはじめてお使いのときに行います。
必ずパソコンの管理者権限(Administrator権限)を持ったユーザーアカウントでインストール作業を行ってください。

ゼロインストール機能により、「L-02C 接続ソフト」をインストールすることで、通信設定ファイル(ドライバ)も一緒にインストールされます。

インストール方法

L-02Cを取り付けるの画像

【1】L-02Cを取り付ける

L-02CをパソコンのUSBポートに取り付けると、「L-02C セットアップ」画面が表示されます。

「L-02C 接続ソフトと通信設定ファイル(ドライバ)をインストールする(推奨)」を選択して「次へ」をクリックします。

注意「ユーザーアカウント制御」画面が表示される場合は、[はい]を選択して操作を続行します。

L-02Cを取り付けるの画像

注意「自動再生」画面が表示された場合は、「ソフトウェアとゲームに対しては常に次の動作を行う」にチェックを入れて、[L02CLauncher.exe の実行]をクリックして、セットアップウィザード画面を表示させてください。

注意「ユーザーアカウント制御」画面が表示される場合は、[はい]を選択して操作を続行します。

セットアップウィザードの開始の画像

【2】セットアップウィザードの開始

「次へ」をクリックします。

使用許諾契約の確認の画像

【3】使用許諾契約の確認

使用許諾契約の内容を確認後、「使用許諾契約の全条項に同意します」を選択して「次へ」をクリックします。

インストールの完了の画像

【4】インストールの完了

「L-02C 接続ソフトセットアップウィザードは完了しました。」と表示されたら、「完了」をクリックします。

注意L-02CはパソコンのUSBポートに取り付けた状態にしておきます。

メッセージの表示の画像

【5】メッセージの表示

【4】までの作業が完了すると、右下のタスクトレイに「デバイス ドライバー ソフトウェアをインストールしています」とメッセージが表示されます。

Xi端末の認識の画像

【6】Xi端末の認識

Xi端末が自動認識されると、「デバイスを使用する準備ができました。」とメッセージが表示されます。

注意お使いのパソコンにFlash Player10.1以降がインストールされていない場合は、インストールを促すメッセージが表示されます。表示に従ってインストールしてください。

続いて、インストールされた通信設定ファイル(ドライバ)の確認を行います。

「コントロール パネル」を開くの画像

【7】「コントロール パネル」を開く

Windowsマーク(Windows®マーク)」→「コントロール パネル」の順にクリックします。

「システムとセキュリティ」を開くの画像

【8】「システムとセキュリティ」を開く

「システムとセキュリティ」をクリックします。

注意「大きいアイコン」表示の場合は、【10】へ進んでください。

「デバイス マネージャー」を開くの画像

【9】「デバイス マネージャー」を開く

「デバイス マネージャー」をクリックします。
【11】へ進んでください。

「デバイス マネージャー」を開くの画像

【10】「デバイス マネージャー」を開く

注意「大きいアイコン」表示の場合は、こちらの画面が表示されます。

「デバイス マネージャー」をダブルクリックします。

通信設定ファイル(ドライバ)の確認の画像

【11】通信設定ファイル(ドライバ)の確認

各デバイスをクリックして、インストールされた通信設定ファイル(ドライバ)が下記の様に表示されているか確認します。

デバイス名 ドライバ名
ネットワーク アダプター docomo L02C
ポート(COMとLPT) docomo L02C NMEA Serial Port(COMxx)
docomo L02C USB Serial Port(COMxx)
モデム docomo L02C
ユニバーサルシリアル バス コントローラー USB Composite Device

注意COMポート番号(COMxx)は、ユーザーやパソコンごとに異なります。

設定はこれで終了です。

注意Microsoft、Windowsは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

このページのトップへ