iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

ソフトウェア更新方法には下記の2通りの更新方法があります。
また、ソフトウェア更新にはOSがWindowsのPCが必要となります。

  1. ドコモウェブサイトからソフトウェア更新ツールをダウンロードしてソフトウェアを更新する方法
    対象ソフトウェアバージョン:V10a、V10b
  2. L-02C接続ソフトのポップアップに従ってソフトウェアを更新する方法
    対象ソフトウェアバージョン:V10bのみ

ここでは「1.ドコモウェブサイトからソフトウェア更新ツールをダウンロードしてソフトウェアを更新する方法」 について説明します。

注意更新作業を行う前に、ソフトウェアのバージョン確認や、更新時の注意事項を確認してください。
ソフトウェアのバージョンによって更新方法が異なりますので、ご注意ください。

注意更新ソフトウェアをダウンロードいただく際、L-02Cをご利用の場合は通信料金が発生します。
(パケホーダイの上限に達している場合はパケット量が計算されますが更なる課金は発生しません。)
ソフトウェア更新ツールをドコモウェブサイトからWi-Fiや有線LANでダウンロードされる場合は、パケット通信料は発生しません。

更新手順

バックアップで保存/復元される情報 バックアップなしで引き継がれる情報
  • ユーザー名
  • 自動接続のON/OFF設定
  • パスワード
  • 使用量
  • 認証方式
  • APN
  • 接続方式

【1】L-02C 接続ソフトのユーザーデータのバックアップ

ソフトウェア更新の過程でL-02C接続ソフトのアンインストールを行います。
ユーザーデータのバックアップを必要に応じて実施してください。

注意L-02Cはまだパソコンに取り付けないでください。

ユーザーデータのバックアップを行わない場合は、「【11】L-02Cをパソコンに挿入」へ進んでください。

コンピューターの選択の画像

【2】コンピューターの選択

Windowsマークの画像(Windows®マーク)」→「コンピューター」の順にクリックします。

フォルダーオプションの選択の画像

【3】フォルダーオプションの選択

画面上部のメニューから[ツール]→[フォルダーオプション]をクリックします。

フォルダーの詳細設定の画像

【4】フォルダーの詳細設定1

[表示]タブをクリックして、詳細設定の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れます。

フォルダーの詳細設定の画像

【5】フォルダーの詳細設定2

詳細設定の項目を下にスクロールして、詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。チェックを外したら、[OK]をクリックします。

ハードディスクドライブの選択の画像

【6】ハードディスクドライブの選択

L-02C接続ソフトのインストールされているハードディスクドライブ(一般的にはCドライブ)をダブルクリックします。

L-02C接続ソフトのユーザーデータを表示の画像

【7】L-02C接続ソフトのユーザーデータを表示

[Users]→[(お客様のユーザー名)]→[AppData]→[Roaming]→[L-02C-ConnectionManager]をクリックします。

L-02C 接続ソフトのユーザーデータのコピーの画像

【8】L-02C 接続ソフトのユーザーデータのコピー

「CMCommon.db」と「CMProfile.db」のファイルを別フォルダーに保存するためにコピーします。「CMCommon.db」と「CMProfile.db」を複数選択(Ctrl+クリック)して、右クリックをします。

注意表示されたメニューから、[コピー]をクリックします(Ctrl+Cでもコピー可能)。

コピーをしたら保存するフォルダーを選択します。
ここでは例としてドキュメントフォルダーを選択しています。

ユーザーデータの貼り付けの画像

【9】ユーザーデータの貼り付け

保存するフォルダー上(ここではドキュメントフォルダー)で右クリックをして、表示されたメニューから[貼り付け]をクリックします(Ctrl+Vでも可能)。

ユーザーデータのバックアップ完了の画像

【10】ユーザーデータのバックアップ完了

ユーザーデータが保存されました。更新後にバックアップデータを復元する場合は、フォルダーを最小化して置きます。

L-02Cをパソコンに挿入の画像

【11】L-02Cをパソコンに挿入

L-02Cを利用して更新ソフトウェアをダウンロードする場合は、L-02Cをパソコンに挿入してインターネットに接続します。

注意L-02Cを利用して更新ソフトウェア(約40MB)をダウンロードする場合は、パケット通信料が発生します。自宅のWi-Fiや有線LANでダウンロードされる場合は、パケット通信料は発生しません。

ソフトウェア更新ツールのダウンロードの画像

【12】ソフトウェア更新ツールのダウンロード

(別ウインドウが開きます)L-02Cの製品アップデート情報の画面を表示します。

[ダウンロード]をクリックします。

ファイルのダウンロードの画像

【13】ファイルのダウンロード

[保存]をクリックします。

注意ご利用のブラウザによっては表示方法が異なります。

名前を付けて保存の画像

【14】名前を付けて保存

ダウンロードファイルの保存場所を指定して、[保存]をクリックします。

ダウンロードの完了の画像

【15】ダウンロードの完了

[実行]をクリックします。

  • 注意ダイアログボックスが閉じられた場合は、保存場所のダウンロードファイル[L02_SWUpdate.exe]をダブルクリックします。
  • 注意ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、[はい]をクリックします。
  • 注意L-02C接続ソフトを利用して更新ソフトウェアをダウンロードした場合は、ここでL-02C接続ソフトの通信を切断し、L-02C接続ソフトを終了します。

ソフトウェア更新ツールの起動の画像

【16】ソフトウェア更新ツールの起動

[はい]をクリックします。

ソフトウェア更新ツールの実行の画像

【17】ソフトウェア更新ツールの実行1

[次へ]をクリックします。

ソフトウェア更新ツールの実行の画像

【18】ソフトウェア更新ツールの実行2

[次へ]をクリックします。

注意L-02Cをパソコンに挿入していない場合は、ここで挿入します。

ソフトウェア更新ツールの実行の画像

【19】ソフトウェア更新ツールの実行3

画面の注意事項をお読みいただき、[ソフトウェア更新開始]をクリックします。

注意ソフトウェア更新が完了するには10分前後のお時間がかかります。

ソフトウェア更新ツールの更新終了の画像

【20】ソフトウェア更新ツールの更新終了

画面上部のバーが100%になるまで待ちます。
バーが100%になっても、L-02C接続ソフトの再インストールが完了するまで、[完了]のボタンはグレーアウトしています。

この画面は、L-02C接続ソフトの再インストールが終わるまでそのままにします。

L-02C接続ソフトのアンインストールの画像

【21】L-02C接続ソフトのアンインストール

画面の手順をお読みいただき、[OK]をクリックします。
画面の指示に従って、L-02Cをパソコンから取り外して、L-02C接続ソフトをアンインストールします。
アンインストールの方法については「接続ソフトのアンインストール」をご覧ください。

注意パソコンによっては左記の画面が表示されない場合もあります。

L-02C接続ソフトのインストールの画像

【22】L-02C接続ソフトのインストール

L-02Cをパソコン取り付けて、L-02C接続ソフトをインストールします。
インストールの方法については「ゼロインストール」をご覧ください。

ソフトウェア(SW)バージョンの確認の画像

【23】ソフトウェア(SW)バージョンの確認

画面左上の【インフォメーション呼び出しアイコンの画像】バージョン確認ボタンをクリックします。
インフォメーションが表示されたら、SWの項目が「V10c」になっているのを確認します。
確認が終わったら、[設定]をクリックしてL-02C接続ソフトを閉じます。

ソフトウェア更新ツールの完了の画像

【24】ソフトウェア更新ツールの完了

表示したままになっていたソフトウェア更新ツールの画面を選択して、[完了]をクリックして画面を閉じます。

保存したユーザーデータをコピーの画像

【25】保存したユーザーデータをコピー

最小化していた、ユーザーデータの保存場所を再表示して「CMCommon.db」と「CMProfile.db」を複数選択(Ctrl+クリック)して、右クリックをします。
表示されたメニューから、[コピー]をクリックします(Ctrl+Cでもコピー可能)。

保存したユーザーデータを上書きの画像

【26】保存したユーザーデータを上書き

Windowsマークの画像(Windows®マーク)」→「コンピューター」の順にクリックします。

[ローカルディスク(C)(L-02C接続ソフトのインストール場所)]→[Users]→[(お客様のユーザー名)]→[ApoData]→[Roaming]→[L-02C-ConnectionManager]の順にクリックします。

表示されたフォルダー内で右クリックをして、[貼り付け]をクリックします。

ファイルのコピーの画像

【27】ファイルのコピー

[コピーして置き換える]をクリックします。

ユーザーデータの復元完了の画像

【28】ユーザーデータの復元完了

「CMCommon.db」と「CMProfile.db」が上書きされたので、画面を閉じます。これでユーザーデータの復元が完了しました。

この後、L-02C接続ソフトを起動して、インターネットに接続できるかを確認します。

注意隠しファイルや拡張子の表示の設定を変更した場合は、必要に応じて変更前の状態に戻してください。

設定はこれで終了です。

  • 注意Microsoft、Windowsは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 注意Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

このページのトップへ