ドコモ光でインターネットがつながらない

インターネットに接続する機器が、一時的に不安定になっていたり、機器をつなぐケーブルの緩みが発生している場合があります。

以下の手順についてご紹介します。必ず1〜3の順に確認してください。STEP1.パソコンやルーターの電源をオフにする STEP2.機器をつなぐケーブルの緩みを確認する STEP3.再びパソコンやルーターの電源を入れ直す以下の手順についてご紹介します。必ず1〜3の順に確認してください。STEP1.パソコンやルーターの電源をオフにする STEP2.機器をつなぐケーブルの緩みを確認する STEP3.再びパソコンやルーターの電源を入れ直す
  • 必要なデータなど、あらかじめバックアップをとってから作業願います。
    データの消失など、本記事の運用により生じる直接的および間接的損害について、NTTドコモでは一切の責任を負いかねます。

作業前の確認

「回線終端装置(またはVDSL宅内装置)、ルーター、ホームゲートウェイ」の位置を確認しましょう。

パソコンにつながっている機器を確認します。

パソコンの先に接続されている機器が「ルーター」です。ルーターの先に接続されている機器が「回線終端装置(またはVDSL宅内装置)」です。パソコンの先に接続されている機器が「ルーター」です。ルーターの先に接続されている機器が「回線終端装置(またはVDSL宅内装置)」です。
  • 無線LANの場合、パソコンにLANケーブルは接続されていません。
「回線終端装置(またはVDSL宅内装置)、ルーター、ホームゲートウェイ」の位置を確認しましょう。の画像

その他、ルーターをご利用されていない場合や、ルーターと回線終端装置(またはVDSL宅内装置)が一体型になっている場合もあります。

ルーター利用なしの画像
【ルーター利用なし】
回線終端装置とルーター一体型の画像
【回線終端装置とルーター一体型】

ルーター

ルーターの画像

ルーターとは、ひとつのインターネット回線を複数のコンピュータで共用できるようにする通信機器のことです。
ルーターには、上記のようなタイプがあります。

回線終端装置・VDSL宅内装置

回線終端装置・VDSL宅内装置の画像

回線終端装置とは光回線を宅内のパソコンやルーターに接続するために必要な機器です。また、VDSL宅内装置とは電話線上にVDSL方式によるデータ通信を実現するための機器です。
回線終端装置やVDSL宅内装置は、上記のようなタイプがあります。

  • マンションにお住まいで「LAN配線方式」の場合は、装置はありません。

パソコンやルーターの電源をオフにする

このページのトップへ