セキュリティ更新とは

ドコモではお客さまによりあんしんしてスマートフォン・タブレットをご利用いただくため、セキュリティ更新を行っております。セキュリティ更新を行うことで、セキュリティパッチ(脆弱性(ぜいじゃくせい)を対処するためのソフトウェア)を適用することができます。
セキュリティ更新以外でも、必要なセキュリティパッチはソフトウェア更新で適用しております。

セキュリティ更新手順

更新手順

  • 端末の電池残量が十分な状態で行ってください。

端末のステータスバーから[ソフトウェアアップデート提供開始][ソフトウェアアップデート開始確認]の通知をタップし、更新を開始する。

Notification表示の画像
端末設定からの遷移の画像

セキュリティパッチの適用状況の表示

お持ちのスマートフォン・タブレットに何月時点のセキュリティパッチが適用されているかを、お客さまご自身がスマートフォン・タブレット上の設定画面より確認可能となります。

確認方法

確認方法の画像

確認方法

「設定」→「端末情報」→「Androidセキュリティパッチレベル」より確認可能

  • お使いの機種によって画面イメージは異なります。
  • セキュリティ更新を行うと、以前のバージョンに戻すことはできません。

セキュリティパッチの内容

各CVE番号の詳細については、別ウインドウが開きますGoogle社のウェブサイトをご参照ください。

  • 「CVE」とは、米国MITRE社(マイター社)が管理運営を行っている一般公表されている公知の脆弱性情報を掲載している脆弱性情報辞書(データベース)です。CVEは、世界各国の製品開発企業、セキュリティ関連企業、調整機関などが広く利用されております。
    CVE 番号は、このデータベースに収録された脆弱性情報を一意に識別するために割り当てられる番号です。

提供中の製品アップデート情報

セキュリティ更新の最新情報のほか、ソフトウェア更新、OSバージョンアップなど各製品のアップデート情報をご確認になれます。

提供中の製品アップデート情報

その他のセキュリティ対策

セキュリティ更新以外にも、お使いのスマートフォン・タブレットに対して、お客さまご自身で行える、さまざまなセキュリティ対策をご紹介します。

ロックを設定する

端末やアプリにロックをかけておくことで紛失や盗難された際に、第三者によってすぐに悪用されるといった被害を回避することができます。ロックには以下のような種類があります。

  • 端末のロック
    SIMカードのロック、画面ロック(パターンロック、指紋等の生体認証によるロック等)があります。
  • アプリのロック
    アプリによってはアプリ起動時のロックを設定することができます。

公式マーケット以外の不審な場所からアプリをむやみにインストールしない

アプリには故意にウイルス機能を組み込んだ不正アプリがあり、気付かずにインストールしてしまうとウイルスに感染してしまう可能性があります。公式マーケット(Google Play、Apple Store、ドコモが運営するもの)では、審査に通ったアプリのみを配信しているので安全にアプリを入手することができます。

屋外ではむやみに公共無線LANを使用しない

公開されている公式な公共無線LANを装って、悪意のあるアクセスポイントが設置されていることがあります。このようなアクセスポイントを利用すると通信の内容が盗聴されるリスクがあるため、公共無線LANを利用するときには、利用前にアクセスポイント名を確認する・第三者に知られて困る情報を入力、表示しないなどの対策を実施することでリスクを軽減することができます。

パスワードを使い回さない

スマートフォン・タブレットではオンラインでの買物やSNSサービス等を利用することができます。サービスを利用する際に、ログインが必要な場合があり、各サービスでパスワードを使いまわしている場合、1つのパスワードが何等かの理由で漏洩するだけで複数サービスに不正ログインされるおそれがあります。複数サービスを利用する場合はパスワードを使いまわさない・推測されやすいパスワードは利用しない・二段階認証などの多要素認証を活用いただくことでリスクを軽減することができます。

身に覚えのないSMSやメールは開かない

悪意のある第三者によってSMSやメールにウイルスが添付されていたり、不正サイトへのアクセスを誘導されたりするおそれがあります。見知らぬ人や見覚えのない件名でのSMSやメールは開かない、もしくは添付ファイルや記載されているURLにむやみにアクセスしないことでリスクを軽減することができます。

ご注意事項

  • セキュリティ更新は、本端末に保存されたデータを残したまま行うことができますが、お客さまの端末の状態(故障・破損・水濡れなど)によってはデータの保護ができない場合があります。必要なデータは事前にバックアップを取っていただくことをおすすめします。ただし、バックアップが取れないデータがありますので、あらかじめご了承ください。
    バックアップの詳細については取扱説明書をご参照ください。
  • 更新実施の際には手順をよくお読みください。
  • セキュリティ更新はお客さまの責任において行ってください。
  • セキュリティ更新を行うと、以前のバージョンへ戻すことはできません。
  • 本端末の電池残量がフル充電の状態で行なってください。
  • セキュリティ更新は電波が強い状態で、移動せずに実行することをおすすめいたします。
  • 本体メモリまたは、microSDカードに必要な空き容量がない場合は、更新ファイルのダウンロードができません。不要なアプリケーションを削除してください。
  • セキュリティ更新を行う前に、すべてのアプリを終了してください。更新中に他のアプリが起動した場合、セキュリティ更新を中断することがあります。
  • セキュリティ更新中は電源を切らないでください。
  • セキュリティ更新中は電話の発着信を含め、本端末のすべての機能をご利用になれません。
  • セキュリティ更新には時間がかかることがあります。
  • セキュリティ更新を行うと、一部の設定が初期化されますので、再度設定を行ってください。
  • PINコードが設定されているときは、書換え処理後の再起動の途中で、PINコードを入力する画面が表示され、PINコードを入力する必要があります。
  • セキュリティ更新に失敗し、一切の操作ができなくなった場合には、お手数ですがドコモ指定の故障取扱窓口までご相談ください。
  • 各製品のソフトウェア更新の詳細については、製品アップデートにて順次お知らせします。

  • 「Android」「Google Play」は、Google LLC の商標または登録商標です。
  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2018 Apple Inc. All rights reserved.
このページのトップへ