iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

  • バージョンアップは、F-04E本体の電池残量が十分にある状態(フル充電)で実施してください。電池残量が少ない場合、バージョンアップに失敗することがあります。
  • 本体メモリに300MB以上の空き容量が必要です。
  • バージョンアップを行う際は、取扱説明書をご確認のうえ、事前にデータのバックアップを行ってください。

「Wi-Fi」を利用してソフトウェア更新を行う場合

ARROWS V F-04Eの本体のみでバージョンアップを実行するには、Wi-Fiが利用できる環境が必要となります。

Wi-Fi環境をお持ちの場合

Wi-Fi接続方法は、ご利用されている製品の取扱説明書をご確認ください。

Wi-Fi環境をお持ちでない場合

パソコンを使用したバージョンアップ方法を実行いただくか、「docomo Wi-Fi(spモード)」にお申込みいただくことで「docomo Wi-Fi」でソフトウェア更新が可能です。「docomo Wi-Fi」の詳細は「docomo Wi-Fi かんたん接続」をご確認ください。

注意ご利用可能エリアは以下のエリア検索サイトから確認が可能です。
【パソコンから】(別ウインドウが開きます)docomo Wi-Fiエリア
【spモードから】dメニュー→サービス一覧(docomo Wi-Fi)→エリア検索サイト

手順1の画像

【1】[設定]→ [端末情報]のビルド番号が 「V16R33D」となっていることを確認する。上記以前のビルドの場合はソフトウェア更新を実施してください。

手順2の画像

【2】[設定]→ [端末情報]→ [Androidバージョンアップ]をタップ。

手順3の画像

【3】「確認する」をタップ。

手順4の画像

【4】「ダウンロードを開始」をタップします。

手順5の画像

【5】バージョンアップファイルのダウンロード画面が表示されます。

手順6の画像

【6】OSバージョンアップを開始します。
「バージョンアップ開始」をタップします。

手順7の画像

【7】自動的に再起動し、ソフトウェア更新中の画面が表示されます。

手順8の画像

【8】バージョンアップ完了通知画面が表示されます。
「OK」をタップし、OSバージョンアップ完了です。

手順9の画像

【9】Androidバージョンが「4.2.2」、ビルド番号が「V10R41A」であることを確認し、OSがバージョンアップされたことを確認します。

spモードメールなど日頃お使いのアプリケーションをより快適にご使用いただくために、アプリケーションのアップデートもあわせて実施ください。

注意spモードメールをバージョンアップをするとドコモメールになります。

  • 注意詳しい手順書をご確認の上、注意事項や手順を正確に理解したうえでバージョンアップを実施してください。
  • 注意「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 注意「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ