L-02Cの製品アップデートに関してお知らせいたします。機能追加の他、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。

更新開始日 機種名 対応方法 更新期間 その他
2014年7月8日 L-02C ソフトウェア更新 2016年2月29日まで なし
アップデート方法 更新時間注意1
パソコン アップデート方法 約13分

注意1 お客様ご利用のインターネット回線環境や、バックアップするデータ量により異なる場合があります。

今回のアップデート内容

注意下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象

  • 自動接続に失敗する場合がある。

過去のアップデート内容

下記の2通りの更新方法があります。また、ソフトウェアバージョンによって更新方法が異なりますので、ご注意ください。また、ソフトウェア更新にはOSがWindows®のPCが必要となります。

ドコモウェブサイトから更新ファイルをダウンロードしてソフトウェアを更新

対象ソフトウェアバージョン:V10a、V10b、V10c、V10d

「ソフトウェア更新ツール」のダウンロード

ダウンロード

ファイル名:L02C_SWUpgrade_V10e.exe
ファイルサイズ:46,078KB

パソコンに表示されるポップアップにしたがってソフトウェアを更新

対象ソフトウェアバージョン:V10b、V10c、V10d

ソフトウェアバージョンの確認方法

端末(本体)のソフトウェアバージョンを確認いただき、最新でない場合はアップデートをお願いいたします。

ソフトウェアバージョン

過去ソフトウェアバージョン:V10a、V10b、V10c、V10d
最新ソフトウェアバージョン:V10e

確認方法

L-02C接続ソフト→「左上のマークを押下」→「インフォメーション」→「SW」

詳しい操作手順

(PDFファイルが開きます)ソフトウェア更新 簡易操作手順(L-02C)(PDF形式:2,051KB)

  • ソフトウェア更新はお客様の責任において行ってください。
  • ソフトウェア更新を実施する前に、必ずデータバックアップを実施してください。
  • ソフトウェア更新(ダウンロード、更新ファイルのインストール)には時間がかかる場合があります。
  • ソフトウェア更新中は、すべての機能を利用できません。
  • ソフトウェア更新に失敗するなどして一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモ指定の故障取扱窓口までご相談ください。

パケット通信料金について

  • 3G(FOMA)通信を利用したパケット通信で更新ツールをダウンロードした場合、パケット通信料が課金されます。(パケホーダイの上限に達している場合はパケット量が計算されますが更なる課金は発生しません。)
  • Wi-Fiや有線LANで更新ツールをダウンロードされる場合は、パケット通信料は発生しません。
  • 注意最新の更新を実施すれば、全ての事象が改善されます。
更新開始日 アップデート内容
2012年10月29日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 電源起動時にまれにドコモUIMカードを認識しない場合がある。
2011年9月14日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • 通信機能の向上を実施した通信設備のエリア内において、「L-02C」ご利用中に、「L-02Cが取り外されました。」と表示され、通信ができなくなる場合がある。
2011年2月9日

■種別
ソフトウェア更新

■改善される事象

  • ダイヤルアップネットワークの手動設定に対応しました。
  • ソフトウェア更新の通知機能に対応しました。
  • Xiエリアでデータダウンロード中にL-02C接続ソフトの通信を切断しても再接続できるようになりました。
  • Macの一部機種でL-02C接続ソフトが起動しない事象を改善しました。
  • 注意「Microsoft」、「Windows」は、米国 Microsoft Corporation の米国、およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 注意Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ