XperiaTM Z1 SO-01Fの製品アップデート情報(2013年12月16日)

更新内容

XperiaTM Z1 SO-01Fの製品アップデートに関してお知らせいたします。機能追加の他、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。なお、今後のソフトウェア更新は、最新のOSバージョンを対象に実施いたします。

更新開始日 機種名 対応方法 更新期間 その他
2013年12月16日 XperiaTM Z1 SO-01F 機能バージョンアップ 2016年12月31日まで なし
更新開始日 2013年12月16日
機種名 XperiaTM Z1 SO-01F
対応方法 機能バージョンアップ
更新期間 2016年12月31日まで
その他 なし
アップデート方法 更新時間1
端末本体(Wi-Fi、Xi/FOMA) アップデート方法 約15分
パソコン 約35分
  1. 更新時間はお客様ご利用のインターネット回線環境や、バックアップするデータ量により異なる場合があります。

今回のアップデート内容

  • 下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

主なアップデート内容

  1. 「docomo ID(dアカウント)」認証の本格導入対応
    端末にdocomo ID(dアカウント)を設定することが可能になります。docomo ID(dアカウント)を端末に設定することで、対応するサービスアプリ2でのdocomo ID(dアカウント)入力が不要になります。
    1. docomo ID(dアカウント)設定に対応するサービスアプリ(2013年12月時点)
      • 機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
        「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager(ドコモアプリ管理)」
      • お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
        「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」

    Wi-Fiオプションパスワードがdocomo ID(dアカウント)に統合されます。3

    1. バージョンアップ後は上記対応サービスアプリ4をWi-Fi経由でご利用いただくためにdocomo ID(dアカウント)を設定していただく必要があります。また、Wi-Fiオプションパスワードを利用されていた方もdocomo ID(dアカウント)を改めて設定していただく必要があります。
    2. Wi-Fiオプションパスワードを利用するアプリ
      • 機能バージョンアップと同時に更新されるアプリ
        「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ドコモバックアップ」「docomo Application Manager(ドコモアプリ管理)」
      • お客様ご自身での更新が必要なアプリ(バージョンアップ後、最新版にアップデートをしてください)
        「ドコモメール」「iチャネル」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」

    docomo ID(dアカウント)は、アップデート後の初期設定画面で設定できます。

    • 初期設定の操作手順は3.初期設定をご確認ください。
  2. 遠隔初期化に対応
    端末を紛失した際などに、パソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービスです。
  3. 新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始
    SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となります。
  4. 伝言メモに対応
    伝言メモを設定すると、留守番電話サービスを契約していない場合でも、電話に応答できないときに応答メッセージを再生し、相手の音声を録音することができます。
  5. STAMINAモードに対応
    STAMINAモードを設定しておけば、画面スリープ中に指定したアプリケーションの動作や、通知LEDの点滅周期や点灯色を制限し、電池の消費を抑えることができます。
  6. スモールガイドに対応
    起動中のアプリケーションの使い方ガイドを画面上に表示し、ガイドを見ながらアプリケーションの操作をすることができます。
  7. ホワイトバランス調整機能に対応
    画面上のホワイトバランスを調整することができます。

改善される事象

  • 卓上ホルダでの充電後、電源キーを押してもスリープモードから復帰しない場合がある。

アップデート手順

アップデート方法

端末本体によるアップデート

「設定」→「端末情報」→「Androidバージョンアップ」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、アップデートできます。

詳しい操作手順

パソコン接続によるアップデート

「PC コンパニオン(PC Companion)」を利用して、アップデートします。あらかじめお使いのパソコンに「PC コンパニオン(PC Companion)」をインストールする必要があります。

別ウインドウが開きますダウンロードサイト

ソフトウェアバージョンの確認方法

携帯電話(本体)のビルド番号を確認いただき、最新でない場合はアップデートをお願いいたします。

ビルド番号

バージョンアップ前:14.1.H.0.542
バージョンアップ後:14.1.H.1.281

確認方法

「アプリケーション」→「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」

ご注意事項

バージョンアップ実施前の確認

  • バージョンアップは手順をよく読み、お客様の責任において行ってください。
  • バージョンアップを行うと、以前のバージョンへ戻すことはできません。
  • バージョンアップを行う際は、取扱説明書をご確認のうえ、事前にデータのバックアップを行ってください。
    • 一部バックアップが取れないデータがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本体は満充電してからバージョンアップを実施してください。電池残量が不足している場合はバージョンアップができません。
  • 端末本体(Wi-Fi、Xi/FOMA)にてバージョンアップを行う場合はドコモ契約のあるminiUIMカードが必要です。なお、Xi/FOMAで実施する場合、spモードの契約が必要です。
  • バージョンアップの際、本端末固有の情報(機種や製造番号など)が、自動的に当社のサーバーに送信されます。当社は送信された情報を、Androidバージョンアップ以外の目的には利用いたしません。
  • バージョンアップを実施する前に、全てのアプリケーション終了してください。
  • バージョンアップ中は、電話の発着信を含め全ての機能をご利用いただけません。
  • バージョンアップ中は、絶対に電源をOFFにしたり、電池パックをはずしたりしないでください。
  • バージョンアップに失敗し、一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモショップなどの故障受付窓口までご相談ください。
  • パソコンによる更新に失敗して、本端末が起動しない場合は、PC Companionを使った「修復」操作を行ってください。修復操作について詳しくは、次のホームページにあるFAQ(よくあるお問い合わせ)をご覧ください。
    別ウインドウが開きますFAQ(よくあるお問い合わせ)サイト
  • バージョンアップを行うと、一部の設定が初期化されます。バージョンアップ完了後、再度設定を行ってください。

バージョンアップ実施後のご注意

  • バージョンアップ実施後に端末設定メニューもしくはGoogle Playストアなどからアプリケーションの更新を行ってください。
    • 特に「i Bodymo」「フォトコレクション」については正常に動作しない場合がございます。端末設定メニューより必ずバージョンアップを行ってください。
  • バージョンアップ実施後は「データ保管BOX」のアイコンが常にインストールされた状態となります。バージョンアップ実施前に「データ保管BOX」のアイコンを削除していた場合もインストールされ直します。
    また、バージョンアップ実施後の当該機種では「データ保管BOX」のアイコンは削除できません。

  • 更新期間の満了日につきましては、都合により予告なく変更する場合がございます。
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 「Xperia」は、Sony Mobile Communicationsの商標または登録商標です。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ