電池について

ご使用上の注意

強い衝撃にご注意ください

携帯電話には多くのエネルギーを蓄える事が出来る電池を搭載しています。通常のご使用においては、安全にお使いいただけるよう、一定の安全性を確保した製品をご提供しておりますが、強い衝撃が加わったり、変形したりすると、電池パックが発熱、発煙、発火するなど、大変危険な状態になります。
特に次のような使い方はしないでください。

強い衝撃にご注意くださいのイメージ画像1
お尻のポケットに入れて座り、破損して発火
強い衝撃にご注意くださいのイメージ画像2
踏みつけて「くの字」に破損して発火
強い衝撃にご注意くださいのイメージ画像3
ハンマーで釘を打ち込んで発火
強い衝撃にご注意くださいのイメージ画像4
ハンマーで叩いて発火

変形、傷がついた電池は使用しないでください

電池表面のへこみ、曲がりなどの変形や傷がついた場合、直ちに使用をやめてください。火災、やけど、けがなどの原因となります。

電池内部の物質の漏液、異臭がしたときは、直ちに使用を中止し、火気から遠ざけてください

漏液した液体に引火し、発火、破裂などの原因となります。

電池内部の液体が皮膚など身体の一部や、衣服に触れた場合は、直ちにきれいな水で洗い流してください

皮膚などの身体の一部に障害などを起こす原因となります。

電池の膨らみについて

電池は劣化に伴い膨らむ場合があります

電池は劣化に伴い膨らむ場合がありますのイメージ画像

電池は消耗品です。充放電を繰り返すことで性能が徐々に劣化し、1回の充電で使用できる時間が次第に短くなります。
1回の充電で使用できる時間がお買い上げの時に比べて半分程度になったら、電池の寿命が近づいておりますので、お早目の交換をおすすめします。
なお、次のような使い方は電池の性能劣化を早め、性能低下や電池の膨れに繋がります。電池は膨らんでも安全性に問題はありませんが、安心してお使いいただくために、ドコモショップなどにご相談ください。

  • 充電しながらの使用
  • 高温環境下での充電や保管
  • 満充電状態での保管
  • 電池残量の無い状態での長期間放置
  • 電池残量が十分な状態での浅い充放電の繰り返し

公的機関からの注意喚起

リチウムイオン電池についての注意喚起

リチウムイオン電池についての注意喚起のイメージ画像

リチウムイオン電池は、通常お使いになる上では安全性を確保できるよう、設計・製造されているものをご提供しておりますので、安心してお使いいただけます。
ただし、電池パックを傷つけたり、携帯電話本体が折れ曲がるほどの衝撃を受けたりすると、電池パック内部の電極が短絡する事で、急激な発熱を伴う、発煙、発火、破裂事象が発生する事があり、大変危険です。
これは、ドコモの電池パックに限らず、一般的なリチウムイオン電池に共通して言えることですので、以下の公的機関からも、注意喚起されているため、今一度ご確認の上、取り扱いにはご注意ください。

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)

「電池による事故」事例をポスターおよび、動画にて紹介しています。詳細は、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)サイトをご確認ください。

このページのトップへ