充電について

充電時の注意事項

安全な充電のための説明動画

携帯電話に充電器を接続する場合は、正しく接続してください。
充電ができなくなったり、異常な発熱・焼損など故障の原因となります。
特に携帯電話や充電器が濡れた状態で充電すると、異常な発熱・焼損の原因となり大変危険ですのでおやめください。

充電端子はまっすぐ差し込みましょう

携帯電話本体の外部接続端子にACアダプタやDCアダプタを接続するときには正しい向きで、まっすぐに差し込んでください。
また、抜き差しは無理な力を入れず、こじたり、ひねったりしないでください。

充電しながらの使用はご注意ください

充電しながらアプリやテレビ電話、動画、ワンセグの視聴などを長時間行うと、携帯電話や電池パックの温度が高くなることがあります。温度の高い部分に長時間触れると、体質や体調によっては、肌に赤みやかゆみ、かぶれ、低温やけどなどの原因となるおそれがありますので、長時間利用される際にはご注意ください。また、眠ってしまうなどして、意図せず長時間触れることのないようご注意ください。

濡れた状態では絶対に充電しないでください

濡れた状態では絶対に充電しないでくださいのイメージ画像

携帯電話本体や充電端子が水などの液体(飲料水、汗、海水、ペットの尿など)で濡れた状態で充電しないでください。
防水機種であっても、濡れた状態での充電は大変危険ですので、おやめください。
防水対応の携帯電話本体を濡らした場合は、取扱説明書を参照して、適切に水抜きをし、十分に乾いてから充電してください。
卓上ホルダでの充電も同様です。

充電中、ACアダプタは熱を持つので注意しましょう

充電中、ACアダプタは熱を持つので注意しましょうのイメージ画像

ACアダプタは、充電中に熱を持ちます。ACアダプタ本体やケーブルに腕など身体の一部が長時間触れることが無いよう、ご注意ください。
また、ACアダプタ本体や、充電端子、ケーブルに破損等が有る場合は、絶対に使用しないでください。

布などでくるまないでください

布などでくるまないでくださいのイメージ画像

使用中、待ち受け中、充電中は、こたつの中に入れたり、布団など布で包んだり熱がこもりやすい状態にしないでください。
熱がこもった状態で長時間触れると、体質や体調によっては、肌に赤みやかゆみ、かぶれ、低温やけどなどの原因となるおそれがあります。
また、衣類のポケットに入れるなど、長時間同じ箇所に触れないようご注意ください。

充電器は純正品をお使いください

ACアダプタ、DCアダプタ、ポケットチャージャー、ワイヤレスチャージャーは、ドコモが指定したものをご使用ください。指定品以外のものを使用した場合は、火災、やけど、感電や故障などの原因となります。

お客様に製品を正しく安全にお使いいただくために

ドコモでは業界団体であるMCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)を通じて、他の通信事業者や端末メーカ、充電器メーカとともに注意喚起活動を実施しています。

別ウインドウが開きますMCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)の公式ホームページ

MCPCの『スマートフォン等の充電に関する安全啓発活動』

MCPCはスマートフォン等のモバイル機器利用者の安心・安全を守るための活動に取組んでいます。充電コネクタ溶損事象の防止に向けた取組みから、スマートフォン等のモバイル機器の総合的な安全基準の策定、発熱対策、「安全上の注意」記載事項の策定、利用者に正しい利用を訴求するための動画やロゴマークを使用したプロモーション活動などを行っています。

別ウインドウが開きますMCPCの「スマートフォン等の充電に関する安全啓発活動」(注意喚起動画)のページ

キケン!水ぬれ充電
濡れた状態での充電が危険である事の注意喚起ロゴマーク
スマホ使うなら気をつけて
注意喚起動画 「スマホ使うなら気をつけて」
このページのトップへ