ドコモの復興支援の取組み

ドコモの東北復興新生支援活動

ドコモでは、2011年12月に被災地域の復興活動に迅速に貢献できる事業運営体制を構築するため「東北復興新生支援室(愛称:チームRAINBOW)」を設立し、現在に至るまで岩手・宮城・福島を中心に復興新生支援活動を展開しています。
チームRAINBOWの特徴は、情報通信会社であるドコモの事業資産を活用しながら、被災地との懸け橋として現場に足しげく通い、本当に必要な支援を「現場思考」で考え、現地の方々と一緒に解決策を模索しながら活動を継続していることです。目先の課題解決に走ることなく、事業を通じて支援を行うことで活動の継続性と持続可能性を成り立たせるなど、先々までを考えた復興新生支援を心がけています。


別ウインドウが開きます「被災地のいま」はこちら


別ウインドウが開きます

ドコモ東北ビル1Fエントランスには、東日本大震災後のドコモの復興支援活動の取組みを中心に紹介している「復興ギャラリー」を開設しています。

「復興ギャラリー見学」

このページのトップへ