プライバシーポリシー

本人確認書類について

開示の申請にあたっては、以下の本人確認書類を同封願います。

本人確認書類について
個人
(本人)
印鑑証明書(発行日より3か月以内で、現住所が記載されている原本)※1
個人
(代理人)
契約者の印鑑証明書(発行日より3か月以内で、現住所が記載されている原本)※1
代理人の印鑑証明書(発行日より3か月以内で、現住所が記載されている原本)※1
  • 開示申請書「委任事項」は、必ず契約者本人がご記入ください。
  • ご連絡先へ確認の連絡をさせていただく場合があります。
個人
(法定代理人)
法定代理人であることを確認できる書類(発行日より3か月以内の原本)
(例)契約者が未成年者の場合:戸籍謄本(親子関係の分かるもの)
(例)契約者が成年被後見人の場合:登記事項証明書(成年後見人名の記載があるもの)
(例)契約者が未成年被後見人の場合:戸籍謄本(未成年後見人名の記載があるもの)
法定代理人の印鑑証明書(発行日より3か月以内で、現住所が記載されている原本)※1
法人 印鑑証明書(発行日より3か月以内で、現住所が記載されている原本)
社員証等のコピー(有効期限内のもの)または名刺
社員本人の印鑑証明書(発行日より3か月以内で、現住所が記載されている原本)※1
  • 法人のご連絡(総務部門等)へ確認の連絡をさせていただく場合があります。
  • 1の部分に限り、印鑑登録がないお客様の場合は、下記の本人確認書類のコピーでお受付致します。
    ただし、「マイナンバー」の印字がない住民票は、原本を提出いただきます。
本人確認書類について
運転免許証 有効期限内のもので、各都道府県公安委員会発行のもの
(国際運転免許証は除く)
住民基本台帳カード 有効期限内のもので、顔写真の掲載および現住所が記載されているもの
外国人登録証明書
または
在留カード・特別永住者証明証
「外国人登録証明書」は在留資格があり、現住所が記載されているもの
「在留カード」および「特別永住者証明書」は有効期間内のもの
身体障がい者手帳
または
療育手帳
または
精神障がい者保健福祉手帳

補助書類(公共料金領収証or「マイナンバー」の印字がない住民票)
それぞれ、現住所が記載されているもの
公共料金領収証および「マイナンバー」の印字がない住民票は発行日より3か月以内のもの

注意事項

  • 本人確認書類の記載と現住所が異なる場合、「現住所が記載されている「マイナンバー」の印字がない住民票の原本」または「現住所が記載されている公共料金領収証のコピー(電気、都市ガス、水道に限ります)」を本人確認書類と併せて同封願います(いずれも発行日より3か月以内のもの)。
  • 当社からの回答は、ご契約者本人宛(ご契約者住所または請求書等送付先住所)に送付いたします。
    ただし、法定代理人からのご申請の場合に限り、法定代理人様宛(法定代理人の本人確認書類記載の住所)に送付いたします。また法人からのご申請の場合は、総務部門等または申請社員宛(法人側の契約者住所または請求書等送付先住所)に送付いたします。
このページのトップへ