セキュリティについて

当サイトでは、お客様の個人情報保護には細心の注意を払い、128bitSSLによるデータの暗号化送受信他、技術上や仕様上でのさまざまな対応を行っております。

便利で安心なサービスご利用の実現のため、My docomoサービスをご利用のお客様にはdアカウント/パスワードの入力をお願いしていますが、お客様ご自身でdアカウント/パスワードをご利用いただく部分で、下記および、下記リンクページの内容についてご理解、ご注意をいただきますようお願いいたします。

  • ID/パスワードは定期的に変更することををおすすめします。変更の際、第三者から推測されやすいものに設定することは避けてください。
  • 当社では、ID/パスワードの確認等のお問い合わせには一切お答えできません。パスワードをお忘れになった場合は、パスワードをお忘れの方をご参照ください。
  • お客様がログインが必要なページに接続中、セキュリティ上等の理由から、操作の状態によっては再度ログインを要求される場合があります。その際はお手数ですが、再度ID/パスワードを入力してログインし直してください。
  • お客様がご利用になる通信環境、コンピュータ環境、その他の理由により、当ウェブサイトが正常にご利用になれない場合がございます。

SSLについて

当サイトは、お客様の個人情報保護のため、SSL(Secure Sockets Layerprotocol)を利用いたします。当サイトは、128bitSSLに対応しています。お使いのブラウザによっては、対応していない場合もありますので、当サイトが推奨するブラウザをご利用いただくようお願いいたします。
SSLは、インターネットでやり取りされる個人情報などの重要な情報を、第三者による傍受から保護することを目的としたセキュリティ機能であり、当サイトでご入力頂いたお客様の個人情報を暗号化して送受信しております。
当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール(別ウインドウが開きます)

別ウインドウが開きますMy docomoコンテンツにおける合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧:日本ベリサイン株式会社)のウェブシールについて

ご入力を間違えた場合

当サイトではセキュリティ強化の目的で、ログインの際、お客様が事前に登録されているdアカウントのパスワードと異なるものを連続して間違えて入力した場合、ロックがかかりログインが出来なくなります。

ロックがかかった場合は、IDのロック解除もしくはIDの再発行をしていただく必要があります。
ご利用されているプロバイダ(ISP)ごとのロック解除手順は以下のとおりとなります。

spモードをご利用されているお客様

「dメニュー」→「My docomo(お客様サポート)My docomo(お客様サポート)」→「サービス・メールなどの設定」→「dアカウントメニュー別ウインドウが開きますdアカウントメニュー」より「dアカウント/パスワードを確認する」にて現在のパスワードを確認したうえで、「パスワードの変更・ロックを解除する」を選択しお手続きください。

  • Wi-Fiを切断し、spモード接続でご利用ください。

iモードをご利用されているお客様

「iMenu」→「お客様サポート」→「パソコンからのご利用方法/dアカウント発行」→「ID/パスワード各種手続き」より「確認」にて現在のパスワードを確認したうえで、「パスワード変更/ロック解除」を選択しお手続きください。

mopera Uをご利用されているお客様

別ウインドウが開きますdアカウント/パスワードを確認するにて現在のパスワードを確認したうえで、別ウインドウが開きますパスワードの変更・ロックを解除するよりお手続きください。

  • mopera U接続でご利用ください。

ドコモのプロバイダ(ISP)をご利用されていないお客様

dアカウントのポータルサイトから「ロックがかかってしまった方」の【上記以外のお客様】より、ご契約内容に合った手順に沿ってお手続きをされるか、再発行してください。

別ウインドウが開きますロックがかかってしまった方

当サイトからの再発行方法については、以下の方法となります。

ログインボタンイメージ
  1. 「My docomo」トップページの「ID/パスワードをお忘れの方」をクリックし、「dアカウントの発行(無料)」ボタンをクリックしてください。
  2. 画面の説明に沿って、新しいdアカウント/パスワードを発行してください。
  3. 新しいパスワードで再びログインいただけます。

ご注意

  • ロック解除と再発行の際には、お手持ちの携帯電話などのネットワーク暗証番号の入力が必要となります。 この入力の際に、お客様が事前に設定されているネットワーク暗証番号と異なるものを3回入力した場合、ロックがかかり、再発行その他の手続きのご利用が出来なくなります。 ネットワーク暗証番号の再発行は最寄のドコモショップへのご来店が必要となりますので、ご注意ください。
  • My docomoからdアカウントを再発行する場合、spモード接続/iモード接続/mopera U接続での接続か、SMS(ショートメッセージサービス)に対応した端末が必要です。それ以外の場合は最寄のドコモショップへのご来店いただくか、ドコモ インフォメーションセンターにご相談ください。

電子署名について(メールマガジン)

My docomoでは、インターネットを利用したフィッシング詐欺対策として、My docomoが発行する、メールマガジン「My docomoガイド」に、電子署名を付与して配信させていただきます。

電子署名について

電子署名とは電子メールなどのインターネット文書の“なりすまし”や“改ざん”が行われていないことを証明するため、(1)送受信されているデータの信頼性と、(2)間違いなく本人から送信されているものであることを保証する仕組みをいいます。従来の紙の文書で例えると印鑑やサインに当たります。 この場合、署名者を確認する方法として、インターネット上での印鑑証明書にあたる、電子証明書を用います。電子証明書は、第三者機関である認証局が発行します。

My docomoのメールマガジンについてはこの第三者機関として、別ウインドウが開きますサイバートラスト株式会社から電子証明書を取得します。

電子署名付き電子メールの仕組み

(1)電子署名付き電子メール

電子署名付きの電子メールには、「S/MIME」という規格での送信となります。
S/MIMEとは、電子メールシステム上で高度な認証や暗号化通信を行う規格であり、PKI(公開鍵暗号基盤)を活用します。S/MIMEを使った電子署名付き電子メールにおいては、送信側は、メール本文と電子証明書に電子署名を付加し、添付ファイルにしてメールを送信しています。

  • S/MIME(Secure Multipurpose Internet Mail Extensions):電子メール暗号化技術の標準
電子署名付き電子メールの画像

(2)電子署名付き電子メールの確認方法

電子署名付き電子メールの受信の際、セキュリティ警告が出ていないこと。
→セキュリティ警告が出たメールは不正な電子メールである可能性が高いため信用しないでください。

  1. 送信者のアドレスが「info@mydocomo.com 」または「guide@mydocomo.com」となっていること
    →My docomoが発信したメールであることを確認
  2. 電子証明書の発信元が「Cybertrust Japan Public CA」となっていること
    →当社が発行する電子証明書は、世界トップクラスの情報セキュリティサービス・プロバイダ「別ウインドウが開きますサイバートラスト株式会社」社をルートとする証明書を採用しています。
  3. 電子署名の発行対象が「NTT DOCOMO Inc.-My docomo info」または「NTT DOCOMO Inc.-My docomo guide」となっていること。
  • このほか以下の警告にご注意ください。
  • 信頼されていないルートCAを持つ証明書の場合に警告が出ます。
  • 有効期限が過ぎたメールに対して警告が出ます。
  • 改ざんされたメールに対して警告が出ます。
  • 失効された証明書に対して警告が出ます。

メールソフトの対応について

  • 電子署名をご確認いただくには、お客様がご利用しているパソコンのメール受信用ソフトがS/MIMEに対応している必要があります。
  • S/MIMEに対応していないパソコンのメールソフトをご利用の場合、メール本文は表示されますが「smime.p7s」という添付ファイルが添付されます。
  • 署名検証を含む電子メールソフトウェアの使用方法につきましては、販売各社にお問い合わせください。
  • ウェブメール、携帯電話などのS/MIME未対応の電子メールソフトウェアは署名検証を行うことが出来ません。

  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
このページのトップへ