LIFの標準化活動状況 PDFファイルダウンロード

LIFは、移動通信システムにおいて無線インタフェース、端末種別、測位方式などに依存しない位置情報を使ったサービス提供の枠組みを規定し、関連標準化組織の仕様の相互運用性を高める目的で2000年9月に設立されました。設立当初より、位置情報をコアネットワークの外部に転送するためのプロトコルであるMLP仕様の策定を最も重要な課題の1つとして取り組んでおり、3GPPリリース5での位置情報関連課題項目(Work Item)との整合をとったMLP ver.3.0が2002年6月に完成し、3GPPステージ3(詳細プロトコル仕様書)相当仕様として承認されました。この仕様は、3GPPで規定するコアネットワークのGMLCが外部のサービス提供者に対して、最も基本的な位置情報関連サービスを提供するための情報転送のプロトコルを規定するものです。

(PDFファイルが開きます)LIFの標準化活動状況(PDF形式:1.5MB)6ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ