マルチホップ伝送における周波数利用効率の解析・評価 PDFファイルダウンロード

送受信局の間に位置する無線局が中継を行うマルチホップ伝送において、適応レート制御を行った場合の空間的無線周波数利用効率を解析および評価し、その効果を明らかにした。なお、本研究は京都大学大学院 情報学研究科 吉田研究室(吉田 進教授)との共同研究により実施した。

(PDFファイルが開きます)マルチホップ伝送における周波数利用効率の解析・評価(PDF形式:501KB)4ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ