OSレベルの解析に基づく携帯端末の消費電力可視化技術 PDFファイルダウンロード

携帯端末の消費電力と消費の原因となる機能を可視化し、省電力ソフトウェア開発の効率化を実現するため、アプリケーション実行時のCPU稼働率などOSから容易に取得できる情報を基に端末全体の消費電力を実測せずに算出する方式(消費電力モデル)について研究を行った。なお、本研究は九州大学システムLSI 研究センター(石原亨准教授)との共同研究により実施した。

(PDFファイルが開きます)OSレベルの解析に基づく携帯端末の消費電力可視化技術(PDF形式:951KB)4ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ