電波の届かない領域をなくすための方向制御反射板の研究 PDFファイルダウンロード

高い周波数を用いた高速広帯域通信の実現に向けて、見通し以外の場所に電波が届かないという問題を改善し、反射波の方向制御を可能とする反射板について検討を行った。その結果、偏波共用素子と周波数選択板を組み合わせ、所望波のみを不感地に向けて散乱し、他のシステムには影響を与えない方向制御反射板を実現した。なお、本研究は東北大学大学院工学研究科電磁波工学分野澤谷研究室(澤谷邦男教授)との共同研究により実施した。また、本論文の研究内容はISAP2008において「Best Paper Award」を受賞した。

(PDFファイルが開きます)電波の届かない領域をなくすための方向制御反射板の研究(PDF形式:2,1MB)4ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ