移動通信の基盤技術(その2) 4.周波数シンセサイザ PDFファイルダウンロード

今日の大容量移動通信は、限られた周波数を多くの無線チャネルに分割して有効利用するFDMA技術を基本に構成されている。移動通信へのFDMAの適用は、周波数シンセサイザにより可能にされたといっても過言でない。本稿では、移動局用周波数シンセサイザについて、デバイスを含めて回路構成技術の進展を振り返るとともに、小型、低消費電力化および高性能化の最新技術を概説する。

(PDFファイルが開きます)移動通信の基盤技術(その2)/4. 周波数シンセサイザ(PDF形式:1.8MB)6ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ