W-CDMA/LTEに対応した超小型基地局装置(Xiフェムトセル)の開発 PDFファイルダウンロード

モバイルトラフィック需要の急激な増加に伴い、通信サービスエリアの迅速かつ柔軟な展開が急務となっている。2012年11月、ドコモはW-CDMAおよびLTE方式の両方に対応した超小型基地局装置を開発、同年12月から運用を開始した。本装置は、汎用ブロードバンド回線を用いたエリア構築が可能であり、かつ各種運用パラメータを自動的に設定できるPnP機能を具備することで、経済的かつ迅速なエリア構築を可能としている。

(PDFファイルが開きます)W-CDMA/LTEに対応した超小型基地局装置(Xiフェムトセル)の開発(PDF形式:916.45KB)6ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ