oneM2Mサービスミドル機能と3GPP-MTC伝送網とのインターワーキング技術 PDFファイルダウンロード

近年、機械通信(M2M、MTC、IoT)の応用利用が広まってきている。これらM2Mの適用領域・用途は多岐にわたるものの、これまでは各事業者が個々にシステムを構築する垂直統合型のシステム提供構造であり、開発コストや開発期間などが課題となっていた。国際標準化組織oneM2Mでは、この根本的課題を解決すべく、共通サービス機能をプラットフォームとして提供する国際標準化仕様の策定を進めている。本稿では、このoneM2Mの組織概要、初版技術仕様、3GPP-MTC伝送網を利用した場合のインターワーク機能について詳解する。。

(PDFファイルが開きます)oneM2Mサービスミドル機能と3GPP-MTC伝送網とのインターワーキング技術(PDF形式:2.40MB)

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ