新しいローミングモデルである「S8HR」方式を用いた国際VoLTEローミングの開発

新しいローミングモデルである「S8HR」方式を用いた国際VoLTEローミングの開発 PDFファイルダウンロード

ドコモでは、2014年6月より国内ユーザ向けにVoLTEサービスを提供している。ユーザへのさらなる利便性向上のため、ドコモユーザが海外渡航した際にVoLTEを利用できるローミングアウトと、海外ユーザが日本滞在時にVoLTEを利用できるローミングインの機能開発を行った。国際VoLTEローミングの接続方式としては、現在世界的に検討が進められている「S8HR方式」を採用している。本稿では、ドコモがS8HR方式を用いた国際VoLTEローミング開発に至った経緯や、国際VoLTEローミングアウトおよび国際VoLTEローミングイン実現のためドコモ端末/ネットワークに追加した機能概要について解説する。

(PDFファイルが開きます)新しいローミングモデルである「S8HR」方式を用いた国際VoLTEローミングの開発(PDF形式:1.90MB)

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ