次世代移動通信の実現に向けたDS-CDMA伝送実験 PDFファイルダウンロード

将来の移動無線アクセスとして注目されている直接拡散符号分割多元接続(DS‐CDMA)について、同期検波RAKE合成や適応送信電力制御の効果を測定し、DS‐CDMAがマルチパスフェージングを効果的に利用できる無線アクセス方式であることを実験的に明らかにした。

(PDFファイルが開きます)次世代移動通信の実現に向けたDS-CDMA伝送実験(PDF形式:1.4MB)5ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ