移動側送信・電界強度測定システム PDFファイルダウンロード

移動通信では、一般にサービスエリア内の通信品質の評価は電界強度の測定結果を基に行われている。この場合、移動測定車に送信機を載せて電波を送信し、基地局に設置した受信機でその電波を受信する電界強度測定(移動側送信測定)は、1つの送信機と1つの周波数で測定できることから、特に限られた周波数資源で複数の基地局を同時測定する場合には非常に魅力的な測定方法である。本稿では、まず一定区間での電界強度を簡易に測定できる移動側送信測定法を提案し、その測定精度を明らかにする。続いて、この測定法に基づいて移動側送信・電界強度測定システムを開発したので、その概要を説明する。

(PDFファイルが開きます)移動側送信・電界強度測定システム(PDF形式:2.5MB)8ページ

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている(別ウインドウが開きます)Adobe® ReaderTM プラグインが必要です。

このページのトップへ