NTT IDログインサービス、NTTネット決済の提供について

-現在ご利用の認証IDで、インターネットサービスがより安心・便利に-

<2010年5月13日>

NTTコミュニケーションズ株式会社
株式会社NTTドコモ
NTTレゾナント株式会社
日本電信電話株式会社

NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:和才 博美、以下NTT Com)、NTTドコモ、NTTレゾナント株式会社(代表取締役社長:中嶋 孝夫、以下NTTレゾナント)は、各社のお客様が現在ご利用中の認証ID(OCN ID、docomo ID、gooID)により、NTTグループおよびパートナー企業のWebサイトへのシングルサインオンを実現する「NTT IDログインサービス」を、2010年5月14日より提供開始します。
また、2010年度第2四半期には、「NTT IDログインサービス」を活用した便利な決済連携サービス「NTTネット決済」を提供開始する予定です。
これにより、NTT Com、NTTドコモ、NTTレゾナントの延べ約7,000万のお客様を始めとした多くのお客様に、より便利で安心なインターネットサービスを提供していきます。

NTT IDログインサービス、NTTネット決済の提供についての概要

「NTT IDログインサービス」の特長

  1. いつものIDで複数Webサイトを利用可能(シングルサインオン)

    NTT Comの「OCN ID」、NTTドコモの「docomo ID」、NTTレゾナントの「gooID」のいずれかの認証IDで一度ログインすると、「NTT ID ログインサービス」に対応する会員向けサイトやECサイトなど(以下、対応サイト)において再びログインせずに利用することができます注意1

    <各社の会員向け認証IDの概要>

    • OCN ID : OCNのメール、ブログ、ストレージサービスなどを利用するためのID。
    • docomo ID : NTTドコモのパソコン向け各種サービスなどを利用するためのID。
    • gooID : gooのメール、ブログ、SNSなどを利用するためのID。
  2. 対応サイトを順次拡大

    2010年5月14日より、NTTレゾナントのgoo会員向けサービスが対応サイトとなり、「gooID」のほか、「OCN ID」、「docomo ID」でもログイン可能になります。今後、NTT Com、NTTドコモやその他のNTTグループが提供するインターネットサービスにおいても、順次「NTT IDログインサービス」の対応サイトを拡大していく予定です。
    さらに、パートナー企業も順次追加し、「NTT IDログインサービス」の対応サイトを拡大していく予定です。

「NTTネット決済」の特長

  1. NTTグループが提供する便利で安心な決済サービス

    「NTTネット決済」でクレジットカードのカード番号などの決済に必要な情報を預かります注意2 。お客様は個々のECサイトごとに決済に必要な情報を直接登録することなく、インターネットでの決済を安心・便利に利用できます。一方、ECサイトを運営する企業にとっては、自社サイトに「NTTネット決済」を導入することで、NTTグループの複数の決済サービスを活用できます注意3

  2. 多彩な決済方法が選択可能

    NTTグループが提供する各種決済サービスを支払い方法として選択できます。NTT ComのOCN料金と一緒に代金を支払う「OCNペイオン」やNTTドコモの携帯電話料金と一緒に代金を支払う「ドコモ ケータイ払い」も利用できます。また、クレジットカードも支払い方法として選択できます。

    <支払い方法>

    • NTT Comが提供する「OCNペイオン」(NTT Com請求書払い)/インターネット上のプリペイド型電子マネー「ちょコム」
    • NTTドコモが提供するクレジットサービス「iDTM(アイディ)」、「DCMX®」/「ドコモ ケータイ払い」(ドコモ請求書払い)
    • 主要クレジットカード(「NTTネット決済」へクレジットカード情報を登録する必要があります。)

今後の展開

今後、NTTグループは「NTT IDログインサービス」、「NTTネット決済」の仕組みを広くオープンに展開し、さまざまな協力パートナーがこれらの仕組みを活用・発展させつつ、企業や業種の垣根をまたいでお互いを“つなぐ”ことで、お客様の生活に密着したネットの利用シーンをより便利にし、生活がより豊かになるようなネットワーク社会を構築していきます。

NTT IDログインサービスホームページ : (別ウインドウが開きます)http://www.nttid.jp/

  • 注意1 各社のIDの仕様によって、再ログインを必要とする場合があります。
  • 注意2 「iD」、「ドコモ ケータイ払い」については、情報をお預かりしません。
  • 注意3 別途加盟店審査が必要です。

賛同コメント

本発表にあたり、下記パートナー様より、ご賛同をいただいております。

JTB

JTBは、Web・店舗・コールセンターの連携によるクロスチャネル販売や、国内旅行「るるぶトラベル」・海外旅行「トルノス」・訪日旅行「JAPANiCAN」などのサイトでのサービス展開、コンビニ店頭端末へのコンテンツ提供などによりお客様の利便性を追求しています。
NTT IDログインサービスとの連携により、延べ約7,000万規模のお客様がより便利にサイトへアプローチし、また旅行商品がNTTの「旅」関連サイトへ効果的に流通していくことを期待しています。
将来は参画各社様と連携したオープンモールでの商品紹介などによるシナジーにも期待しています。

角川グループ

角川グループでは、ネットメディアへの積極展開、コンテンツのデジタル化に取り組んでいます。
「ファンプラス」注意1 を始めとしたコンテンツ配信サービス、グループ内のデジタルコンテンツ販売サイトの会員向けサービスにおいて、NTTグループのID基盤の活用を検討してまいります。特に少額や若者向けも多いデジタルコンテンツの販売を促進させる基盤として期待しています。

シャープ

シャープは、AQUOSなどの情報家電商品を発売すると共にその商品の付加価値を高めるユーザ向けのネットワークサービスと新しいビジネスモデルの創出に取り組んでいます。
今回のNTTのネットサービス基盤は、AQUOS.JPなどの既存商品向けサービスへの導入を検討します。また、さらにホームICT関連サービスなど、新サービス分野においても便利で安全な少額決済の仕組みが重要となるため、NTTグループの基盤に期待しており、積極的な活用を検討します。

大和ハウスグループ

大和ハウスグループでは、住宅の入居者向け会員サイト、グループで展開するホテルの予約サイト、ホームセンターのECサイトなど、各Webサイトにおいてグループ内シングルサインオン連携による総合的な生活サービスの提供、顧客の利便性向上や会員数拡大を視野に、NTTグループの基盤の活用について検討を開始しました。また、スマートハウスを含む今後のネット展開においても共通基盤のひとつとしてNTT IDログインサービス、NTTネット決済に期待しています。

東京海上

東京海上グループはネット/モバイルを活用した新たな保険サービスのご提供、お客様利便性の向上に取り組んでいます。
取組みのなかで、NTTグループの基盤の活用を検討しますが、まずは昨年の開業以来50万人を超えるお客様にご利用頂いているイーデザイン損保にてNTT IDログインサービスを年内に、NTTネット決済を来春に導入予定です。導入の決め手はNTTグループならではの信頼性の高さですが、将来的には本サービスを基盤として、他導入企業とのアライアンスによる保険販売チャネルの拡大に期待しています。

損害保険ジャパン

損保ジャパンでは、“まん中に、お客さま。”を合言葉に商品・サービス・サポート体制、すべてを再構築した「新たなリテールビジネスモデル」を実現します。インターネットではマイページサービスを展開しており、さらなる利便性の向上と利用機会の増を図るべく、NTTグループ新サービスの導入に向けた検討を進めております。
引き続き、新サービスのさらなる活用検証を通じて、より良いサービスの開発、NKSJグループ、他パートナー企業さまも含めた協業・情報連携によるお客様の利便性向上ができると確信しています。

三井住友海上火災保険

三井住友海上(MS&ADインシュアランスグループ)では、インターネット上での「お客さまWebサービス」認証や各種ご契約手続きにおいて、さらに簡単なログインおよびシームレスな保険加入手続きなどを実現すべく、NTTグループの新サービス、NTT IDログインサービス・NTTネット決済の活用検討を進めております。こうした取組みや今後のさらなる連携検討を通して、お客様の利便性向上、お客様第一の実現を目指してまいります。

  • 注意1 角川グループ出資のNTTプライム・スクウェアより2010年9月サービス開始予定。

NTT IDログインサービスのご利用イメージ

さまざまなサイトに、いつも使っているNTTグループの認証ID(OCN ID、docomo ID、goo ID)でログインができます。注意1

イメージ図

  • 注意1 対応サイトは順次拡大予定です。

NTTネット決済のご利用イメージ

NTT IDログインサービスを活用し、お客様の情報を安心管理。
クレジットカードやNTTグループの多彩な決済サービスに対応します。

イメージ図

  • 注意1 クレジットカード番号など。iD、ドコモ ケータイ払いについては情報をお預かりしません。
  • 注意「iD」「DCMX」は、NTTドコモの商標または登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ