ドコモとパイオニアが「ドコモ ドライブネット」サービスのスマートフォン対応に向けた協業に基本合意

<2010年10月5日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
パイオニア株式会社

NTTドコモ(以下ドコモ)とパイオニア株式会社(代表取締役社長:小谷 進、本社:神奈川、以下パイオニア)は、ドライバー向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネットTM」のスマートフォン対応に向けた協業に基本合意いたしました。

両社は、2010年度第4四半期を目途に、今後、市場の拡大が見込まれるスマートフォンを本格的な通信カーナビとして利用できるようにするため、以下の取組みを共同で行ってまいります。

基本合意の主な内容

  • スマートフォン用通信カーナビアプリ「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」のパイオニアによる開発、ドコモからの提供
  • スマートフォン専用車載クレイドルのパイオニアによる開発、提供(スマートフォンと複数のセンサーを搭載したクレイドルとの接続により、正確な位置情報やエコ運転支援情報の提供が可能となります。また、パイオニアのスマートループ渋滞情報をスマートフォンに取り込むことで、質の高い経路誘導を実現します)
  • 「ドコモ ドライブネット」におけるスマートフォン向け情報提供サービスの共同開発

「ドコモ ドライブネット」はドコモのネットワークを通じて、最新の地図情報や車の位置に応じた観光施設、駐車場満空情報などのエリア情報などをリアルタイムにお届けするドライバー向けの情報提供サービスです。

ドコモとパイオニアは、ドコモが持つコンテンツ開発力、モバイルブロードバンド情報配信システムや決済システムと、パイオニアが持つ本格的車載用ナビゲーション・テレマティックス技術や車載周辺機器開発力を連携させスマートフォンにおける「ドコモ ドライブネット」サービスの拡大を図っていきます。

また、今後、両社で各種コンテンツホルダや端末メーカーへの協力依頼や、今回開発したサービスモデルの海外展開に関する検討を行ってまいります。

[参考]協業の背景

昨今の急速な市場成長による利用者層の拡大とアプリケーションマーケットの充実、通信の高速化、定額化により、スマートフォンは簡易ナビゲーションをはじめ自動車向け各種テレマティックスを安価に実現する身近なデバイスとして期待され注目を集めています。

ドコモは、LTE時代を見据えたモバイルブロードバンド化により、様々なデバイスとの融合に取り組んでまいりました。その中でクルマとの融合において“ヒト”と“クルマ”と“道路”に関わる情報をネットワークに繋ぐことは社会全体の質の向上に大きく貢献し、世界的にも注目されている領域であり、通信サービスを取り入れていくニーズが高まってきています。クルマとの融合サービスにおいてお客様のニーズに応えられるようケータイ事業を通じて培った“ドコモならでは”の強みを活かした多彩なサービスの拡充を図ると共に、更なるビジネス拡充を目指していきます。
パイオニアは、市販および自動車メーカー様向け車載製品開発を通して、お客様のカーライフを豊かにするカーエレクトロニクス商品の提供をしてまいりました。中でも、経路誘導性能に優れたカーナビゲーションエンジンやお客様から提供いただくプローブ情報に基づく渋滞情報を核とした自社テレマティックスプラットホーム「スマート・ループ」を搭載した「カロッツェリア」ブランドの市販カーナビゲーションは、市場から高い評価をいただいております。今後は、それらの技術資産をベースに、スマートフォン利用者層が本格通信カーナビとして利用したいというご要望に応えられるサービスを拡充し、より多くのユーザーにナビサービスを身近に感じていただけるよう開発を進めていきます。また、スマートフォンをはじめとした通信端末と連携し、クルマで利用する為に最適な新しいカーエレクトロニクス商品の拡充を目指していきます。

  • 注意「ドコモ ドライブネット」は、NTTドコモの商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ