家庭向け「園芸サポートサービス(仮称)」を開発

-「作業が分かる」、「楽しめる」植物栽培を支援-

<2010年10月7日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、家庭向けの「園芸サポートサービス」を開発し、2010年10月9日(土曜)から、本サービスの事業性を検証するための実証実験を行います。

本サービスは、今回新たに開発したセンサーをプランタなどの土壌に設置して日照量・気温・地中温度・水分量を測定し、これをもとに利用者へアドバイスなどの情報を提供することで、野菜などの植物栽培を支援するものです。
各利用者の測定データはドコモのサーバーへ蓄積します。これらを統計処理したデータと、種苗メーカーなどから提供された園芸ノウハウをもとに、水やりなどの手入れや収穫のタイミングなどをレコメンド情報として利用者へメールでお知らせします。また、測定データの確認はもちろん、サービス利用者同士の情報交換や、専門家からのアドバイスを受けることが可能なコミュニティサイトを提供し、園芸の初心者の方でも、野菜や花などの栽培を分かりやすく楽しめるよう支援します。

10月から開始する実証実験では、約30世帯を対象として、本サービスを活用した野菜の栽培を実践していただき、商用化に向けたサービス性、事業性の検証を行います。具体的には、利用者へメールで提供するレコメンド情報の内容・頻度の検証・最適化や、センサーの測定データの評価、センサー感度の検証・最適化などを行います。

ドコモは、社会の持続的成長に向けて、環境・エコロジー、安心・安全などの分野で事業を展開し、新しい領域での価値創造を目指し、事業を進めてまいります。

「園芸サポートサービス」のイメージ図

イメージ画像

共同研究の概要

実施期間

2010年10月9日(土曜)〜2011年2月28日(月曜)

実験方法

家庭菜園を愛好する首都圏の約30世帯を対象に、「園芸サポートサービス」を活用した野菜(茎ブロッコリー、ダイコン)の栽培を実践していただき、「園芸サポートサービス」の検証を行います。

主な検証項目

以下の検証を通じて、商用化に向けたサービス性、事業性の検証を行います。

  • 利用者へメールで提供する情報(レコメンド情報)の内容・頻度の検証
  • センサーの測定データの評価や、センサー感度の検証 など

協力企業

株式会社サカタのタネ(園芸ノウハウ、資材などの提供や栽培支援コンテンツの監修および園芸専門スタッフによる対応)
日本電気株式会社(センサーなどのシステム開発)

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ