「TV番組のメタデータを活用した情報提供システム」の実証実験について

<2010年11月29日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、「テレビ番組のメタデータ注意1 を活用した情報提供システム」の市場性に関する実証実験を、2010年11月29日(月曜)から2011年1月31日(月曜)まで、関東圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県)において実施します。

実証実験では、ドコモが新たに開発した「テレビ番組のメタデータを活用した情報提供システム」を使用することで、利用者の登録したキーワードに関連した番組を事前にお知らせし、番組の詳細情報などを簡単に取得できる機能を提供します。テレビ番組のメタデータとして、日本テレビ放送網株式会社(以下日本テレビ)が保有する詳細な番組情報、ならびに各地上波キー局が提供する広報情報などを用います。

ドコモは、上記機能を利用可能にするスマートフォン向けアプリケーションをモニター参加者に配布し、参加者からの意見を収集する形で実証実験を行います。モニター参加者は、このアプリケーションを利用することで、番組内容に関連した観光・レジャー・グルメなどのスポット情報や、番組出演者、番組で紹介された商品情報などを簡単な操作で取得することができ、また番組視聴と連携したサービスを利用することが可能となります。

ドコモは、本実証実験を通して、番組内容に関連した情報提供方法や番組視聴と連携したサービスの有効性を検証し、各種検証結果をもとに、テレビと連携したサービスの商用化を目指します。

【実証実験概要】

実施地域 : 関東圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県)
実施期間 : 2010年11月29日(月曜)〜2011年1月31日(月曜)
モニター数 : 約300名(なお、モニターは既に決定しているため公募は行いません)

  • 注意1 TV番組のメタデータ:
    TV番組のより詳細な内容や、TV番組で取り上げられた内容(例:出演者の衣装情報など)に関連する情報のデータです。

「TV番組のメタデータを活用した情報提供システム」の概要

主な機能

  1. 番組中の情報メモ機能

    テレビ番組視聴中に気になる商品や店舗、出演者、CMなどがあった場合、端末をワンタップするだけで、その時に放送されていた商品や店舗などの関連情報を放送後に取得できます。これまでのようにケータイやパソコンで検索したり、メモを取ったりする必要がなく、番組視聴に集中することができ、番組を見た後でゆっくり関連情報を確認することができます。

  2. 番組お知らせ

    利用者の登録したキーワードや出演者名、番組ジャンルに応じて番組情報から該当番組を今日・明日の該当番組としてスマートフォンのウィジェットで通知します。興味があるテーマの番組や、好きなタレントが出演している番組をチェックできます。また、見逃したくない番組については、放送開始前に見逃し防止の通知を受けることもできます。

  3. つぶやきコミュニケーション

    同じ番組を見ている視聴者間で、Twitterを介して共通の話題で情報交換したり、知識を共有することができ、ひとりで視聴している時でも大勢で一緒に視聴している感覚を味わえます。(本機能は、TwitterのAPIを使用し、放送局単位で一般的に用いられているハッシュタグを使って発信と受信を行います。)

  4. つぶやき度合いを表示

    各番組に対するTwitterによるつぶやきの度合いをリアルタイムで表示します。現在、どの番組に対するつぶやきが多いかを参考にしながら、テレビを楽しむことができます。

  5. 番組登場キーワードの詳細情報の取得

    番組内で登場したタレント名や、紹介された商品、スポットなどのキーワードが、端末の画面上に現れ、興味があるキーワードをタップするだけで、簡単かつ即座に詳細な情報を取得できます。また、必要な情報はお気に入りに登録することで、いつでも確認することができます。

実施地域

関東圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県)

実施期間

2010年11月29日(月曜)〜2011年1月31日(月曜)

モニター数

約300名(なお、モニターは既に決定しているため公募は行いません)

サービスイメージおよび画面イメージ

【サービスイメージ】
サービスイメージ図

【画面イメージ】
画面イメージ図

  • 注意Twitterは、米国Twitter社の商標、または、登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ