ベンチャー企業との連携強化に向けた新たな取り組みを開始

-起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」を開始-

-コーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」を設立-

<2012年10月26日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは、日本におけるスタートアップ企業やベンチャー企業とともに、スマートフォン向けの新たなサービスを創造することを目的として、ベンチャーとの連携強化に向けた新たな取り組みを開始いたします。
まず、2012年度中に、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」をスタートし、ベンチャー企業への出資を行うコーポレートベンチャーファンド「ドコモ・イノベーションファンド」の設立を予定しています。

ドコモは、起業支援プログラムやコーポレートベンチャーファンドを通じて、スマートフォン向けサービスの更なる充実を図るとともに、現在取り組みを進めている「新たな事業領域注意1 」におけるサービス開発力を強化し、「モバイルを核とする総合サービス企業」への進化を加速いたします。

今後も、ドコモは、ベンチャー企業との連携強化を通じて、サービスや技術のイノベーションを加速することに積極的な役割を果たしてまいります。

なお、北米におけるベンチャー企業との連携及び出資については、引き続きドコモ・イノベーションズ(DOCOMO Innovations, Inc.)およびドコモ・キャピタル(DOCOMO Capital, Inc.)が実施してまいります。

■取り組み概要

  1. ドコモ・イノベーションビレッジ

    「ドコモ・イノベーションビレッジ」は、ハード・ソフト両面から起業家を支援するプログラムです。
    具体的な支援としては、審査によって選ばれた複数のチームに対して、共同オフィススペース等の開発環境を提供します。また、専門家による経営面や開発面のアドバイスに加えて、起業経験者や著名経営者による講演会を開催いたします。
    本プログラムを通じて、新たな可能性に挑戦しモバイル・インターネットの世界を広げるサービス開発やビジネスモデルを推進するスタートアップ企業の支援を図ります。
    なお、ドコモ・イノベーションビレッジは、国内の起業支援事業者と連携しながら運営してまいります。

  2. ドコモ・イノベーションファンド

    「ドコモ・イノベーションファンド」は、起業支援プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ」発のスタートアップ企業や、有望なサービスや技術を保有するベンチャー企業に対して出資するファンドです。
    出資を通じて、企業の更なるバリューアップを図るとともに、有望なサービス・技術はドコモで活用し、サービスの更なる充実を目指します。
    本ファンドは、運用金額100億円規模、運用期間10年間で設立する予定です。

なお、「ドコモ・イノベーションファンド」の管理・運営については、2012年度中に、ドコモが新たに設置するファンド運営子会社が実施する予定です。

  • 注意1 新たな事業領域は、以下の8分野です。
    「メディア・コンテンツ事業」、「金融・決済事業」、「コマース事業」、「メディカル・ヘルスケア事業」、「M2M事業」、「アグリゲーション・プラットフォーム事業」、「環境・エコロジー事業」、「安心・安全事業」

別紙

取り組みの概要

1. ドコモ・イノベーションビレッジ

開始時期 2012年度中
プログラム期間 1プログラムあたり3〜4ヶ月間
チーム数 1プログラムあたり4〜5チーム
支援内容 共同オフィススペース等の開発環境
経営・法務・財務アドバイス
起業経験者や著名経営者による講演会の開催
有識者やドコモのサービス開発者によるメンタリング

2. ドコモ・イノベーションファンド

設立時期 2012年度中
投資対象 ドコモ・イノベーションビレッジ発のスタートアップ企業
有望なサービスや技術を保有するベンチャー企業
ファンド規模 未定(100億円規模を予定)
運用期間 未定(10年間を予定)

(参考) 北米におけるベンチャー企業との連携および出資の取り組み概要

1. ドコモ・イノベーションズ(DOCOMO Innovations, Inc.)

2. ドコモ・キャピタル(DOCOMO Capital, Inc.)

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ